FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

朝から大相撲!

昨日は、両国国技館に大相撲9月場所を見に行きました。

縁あって高田川部屋を応援しているので、若い力士や行司さんも見たくて、観客がまばらな朝のうちに入場!
一日中、楽しみました。

ブDSC02797

横綱稀勢の里の土俵入り。

露払いは松鳳山。太刀持ちは、高田川部屋の部屋頭の 輝です。

ブDSC02801

こちらは、横綱白鵬の土俵入り。

露払いは石浦。太刀持ちは魁聖。

鶴竜も含めて、生の横綱土俵入りはやはり迫力があります。

ブDSC02768

左の力士は、大人気の宇良。
大怪我をして、随分長い間休場していました。

番付が三段目の91枚目まで下がってしまいましたが、今場所から出場しています。
右ひざの大きなサポーターがまだまだ痛々しい感じでしたが、この日も快勝して館内は拍手の嵐でした。

早く幕内に戻ってきて欲しい! 皆の切なる願いです。

ブDSC02771

お昼には、「稀勢の里弁当」を買って席で食べました。

ブDSC02773

中身は、こんな感じ。
ヘルシーで、なかなか美味しいお弁当でした。

横綱と大関には、それぞれの名前の付いた個性的なお弁当が売られています。
1つ1150円。

稀勢の里は、連日薄氷を踏むような危うい勝ちを続けています。
この日も、皆の祈るような応援を一身に受けての土俵でしたが、残念ながら千代大龍に負けてしまいました。
館内は悲鳴とため息に満ち満ちて、、、

今日からまた気持ちを入れ直して頑張って欲しい。

さて、高田川部屋の力士たち。
ちゃんこ長の櫻に初日が出て、竜電が力強く勝ったのはとても嬉しかったのですが、白鷹山と輝は残念ながら負けてしまいました。

まぁ、相手も頑張っているのですからね。
なかなか思い通りにはいきません。

まだまだこれからです。
皆、気持ちを新たに頑張れ~!

一生懸命応援しています。
スポンサーサイト

「大涌谷」と「箱根駒ケ岳」!

8月に頑張ったので、また箱根にお疲れ休みに行きました。
前回は、嵐の中の静養となりましたが、、、

今回は、なんとか大丈夫!
あまり良い天気ではなかったものの、ロープウェイも海賊船も、ちゃんと動いていました。

ブDSC_1684

前回は行けなかった大涌谷にも行きました。

以前と比べて、やっぱり噴き上げる蒸気は活発に思えます。
硫黄の臭いも、かなり強い!

ブDSC_1688

『大涌谷延命地蔵尊』です。

何度かここに来ているのに、今までは何故か気がつきませんでした。
「延命」と「子育て」のお地蔵様だそうですよ。

ブDSC_1692

箱根園からロープウェイに乗って、箱根駒ケ岳の山頂に。
こちらも、前回予定していたのに行けなかったところです。

駒ケ岳の山頂は、すっぽりと霧に包まれて、、、
残念ながら、眼下に広がるはずの素晴らしい景色は全く見えませんでした。

広々とした山頂に、ロープウェイの駅がポツンと寂しく建っていました。

ブDSC_1694

遠くから箱根本宮の社殿はほとんど見えなかったけれど、
近づいて行くと、真っ赤な鳥居がなかなか素敵でした。

社殿は今、修理の真っ最中。
ちょっと残念。

ブDSC_1695

裏に回ると、なぜか小石を積んだケルンがたくさんありました。

石がゴロゴロしているし、石を積みたくなるのもなんとなくわかります。

ブDSC_1689

下界は山頂ほど霧が濃くなくて、、、
少し霞んだ芦ノ湖は、なかなか幻想的でした。

静養に行ったはずなのに、思ってた以上に坂道を歩き回って結構疲れてしまいましたけど、
温泉はとっても良いお湯で、やっぱり最高でした。


夏の思い出 2018

気付いたら、なんと1ヵ月以上も更新をさぼっていました。
自分でもビックリ!

今年の夏休みも、北軽井沢で息子たち一家と過ごしました。

8月上旬は、次男一家と。私の姉のR子も一緒です。
そして、お盆の8月中旬は、長男一家と。

どちらも7人で賑やかでした。

ブDSC_1660

宝石のようにきれいな野いちごを摘んで、、、シロップを作りました。

真っ赤な甘いシロップは、楽しい思い出とともにお家に持ち帰ってもらいました。

ブDSC_1661

早朝からのラジオ体操!
超早起きで元気な姉が先生です。

ブDSC_1665

八ッ場(やんば)ダムの建設現場を見に行きました。
規模がすごい!

道の駅で、「八ッ場ダムカレーパン」を買いました。


ブDSC_1667

浅間牧場の遊歩道をハイキング。
牛さん達に、こんにちは!

ブDSC_1675

さて、長男一家の子ども達は、焚き火と木の枝を組んだお家作り!
もちろん、野いちごは摘みまくって、、、いっぱいシロップができました。
こちらも、お家にお持ち帰りです。

末っ子が風邪を引いて、高熱を出したりしたので、、、
あまり出かけずに、毎日焚き火。でも、そんな非日常がとにかく楽しかったらしい。

どちらも、バーベキューと花火は楽しみました。

ブDSC_1678

私は、とにかく食事作り!
まぁ、毎年のことですが、、、普段が2人だけで呑気に暮らしているので、結構大変です。

合間に、孫たちと散歩をしたり、遊んだり、、、
とっても忙しい日々でした。

姉と一緒の次男たちは朝型で、長男たちは夜型!
両家の生活時間が極端に違うので、それに対応するのがかなり大変でしたけど、、、

でも、すごく楽しい日々でした。

皆が帰ってから、静かな中で片付けなどしながら、数日のんびり休養。

大きなキノコを見つけました。
高さが20センチ、傘の大きさが15センチほどありました。

今年の夏のイベントも、無事に楽しく終わって、、、
ホッとしています。

百円のレタス!

東京の暑さから逃げ出して、数日前から北軽井沢に来ています。

レタスが欲しくていつもの八百屋さんに野菜を買いに行ったら、ばら売りが見つかりません。
お店のお姉さんに尋ねたら、「袋入りだけなんです」との答え。

その袋入りですが、小ぶりのレタスが7個入って、、、なんと百円!
確かにすごく安いけど、いくらなんでもそんなに食べられない!!!

そしたらね、店のお姉さんが言ったんです。
「レタス、取れ過ぎちゃったんですよ。食べるだけ食べて、あとは捨てて下さい」って!

「でもねぇ、都会の人はそれはできないのよ」と私。
何しろ、小さい時から「お百姓さんが汗水垂らして作ってくれたのだから、米粒1つ残してはいけない!」と言われ続けて育ったのですからね。

それでもレタスは欲しかったので、7個百円のレタスを買いました。
「頑張って食べてくださいね!」って、お姉さんからエールを送られましたけど。

玉ねぎも小袋はなかったので、小さめが26個詰まって450円の新玉ねぎの袋を買いました。
見るからにものすご~く美味しそうなのですけれどね。

というわけで、ただ今レタスを毎食モリモリ食べて、、、
豚肉と一緒に、丸ごと10個コトコト煮込んだ甘~い玉ねぎをおやつ代わりに食べたりして、頑張っているところです。

まあ、なんとも贅沢で幸せな悩みです!

ニュートンのリンゴ、、、その後

電通大のニュートンのリンゴ!

ある日通りかかったら、なんと、、、たった2つしかないリンゴの実が1つ地面に落ちていました。

あ~あ!

その数日後、残った1つも消えていました。
やっぱり落ちてしまったのでしょう。

ここのところの強風に耐えられなかったのかもしれません。

とってもガッカリ!

今年のニュートンのリンゴへの期待は、儚く終わってしまいました。 残念!

気を取り直して、また来年に期待しましょう。


箱根の静養は嵐の中、、、

先週のことですが、箱根に行きました。
6月がいろいろ忙しかったので、富士山を見ながら露天風呂にのんびり入って静養するつもりでした。

ブDSC_1612

ところが、箱根湯本に到着すると「箱根ロープウェイと芦ノ湖海賊船は『強風』と『濃霧』のため、全便運転を見合わせています」ですって! 仕方がないので、路線バスで行けるところまで行って、ホテルに電話して迎えにきてもらいました。

露天風呂には入りましたが、もちろん富士山なんか全く見えません。
夜は激しい風雨! まさに嵐!!!

翌日も深い霧と強い雨。
次のホテルには、タクシー移動になりました。せっかく「箱根フリーパス」を買ったのに、、、

ブDSC_1625

訪ねる予定はほぼ全滅でしたが、唯一『水族館』だけはホテルから濡れずに歩いて行けました。

ブDSC_1629

ラッキーなことに、大水槽でのダイバーによる餌付けショーにちょうど間に合いました!

ブDSC_1634

見えない深さまで潜って、お姉さんが空気で描いてくれた「泡の模様」!

あまりにも美しくて、思わずウットリ!!

ブDSC_1636

餌を求めて群がって来る魚たちと追いかけっこをしたり、、、戯れたり、、、

ブDSC_1639

離れて泳ぐエイに向かって手招きしたり、、、

ブDSC_1642

一緒に泳ぎながら、餌の小魚を食べさせてやったり、、、、、
本当に楽しくて、いつまで見てても飽きません。

水族館だけでも楽しめて、良かったぁ~!

その日の夕方、なんと、ホテルで停電を経験しました。
箱根全体が停電になったようです。まぁ、短時間でしたけどね。

翌日は、路線バスも含めて、全ての交通機関がストップしました。
国道1号線が規制されてたそうです。箱根駅伝で選手が走る道路。

さて、どうやって東京に帰ろう!?

ホテルの送迎車は箱根新道を通るので大丈夫とのことだったので、小田原まで送ってもらいました。

ロマンスカーの特急券を買おうとしたら、出発は1時間後。その前の列車は運休になったとか。

いろいろあったけど、無事に家に戻ってきました。
どこにも行けず、何もせず、十分静養になりましたけどね。

ところで、西日本は広い範囲で目を疑うほどの酷い被害!!!

被災された方たちに心からお見舞い申し上げます。


着々と、、、

電通大のニュートンのリンゴ!

ブDSC_1599 2018-06-14

こんなに大きくなりました。
と言っても、大きさはまだ6センチぐらい。
6月14日に撮った写真です。

ブDSC_1531 2018-05-09

比べてみてください!
5月9日には、こんなに小さかったんですよ。
着々と大きくなってますね。

ずっと見守ってきたので、スクスクと育っていることがとっても嬉しい!

秋に色づくまで、なんとか無事に大きくなって欲しいなぁ、、、
と祈るような思いでいたら、、、、、

ブDSC_1601

先日、ピンクの袋が被せられていました!!!

ちゃんとお世話係がいたんだね~。

よかったぁ!
ずっと気を揉んでいたけど、なんか安心しました。

1個でも、2個でも、3個でも、、、、、

北軽井沢に行っていました。

行きがけに、雨の中、いつもの八百屋さんに寄りました。

新鮮で美味しそうな野菜がとっても安い!

それなのに、こんな風に書いてある値札があちこちに。
「1個でも、2個でも、3個でも〇円!」

そんなに食べられる自信はないのだけど、やっぱり3つ買ってしまいますよねぇ~。

というわけで、3袋百円の「なめこ」、同じく3袋百円の「三つ葉」!

他にもいろいろあったけど、買い過ぎないようにぐっと我慢しました。

朝取りキャベツやレタスもすっごく大きいし、長ネギだって百円なのにたくさん入ってる!

いつも買い過ぎちゃうので、気を付けなくちゃね。
そう思っていたら、お店のお姉さんに「2本で50円にするので、辛み大根を買いませんか!?」と言われちゃって、、、

う~ん、蕎麦汁に入れて食べるのは知ってるけど、他にどうやって食べたらいいかわからないなぁ~
などと言いながら、やっぱり買ってしまいました。
だって、2本で50円ですよぉ~!

軽く味付けした「なめこ」に辛み大根おろしを載せて食べたら、とても美味しかったです。

「1個でも、2個でも、3個でも〇円!」
私、この言葉に弱いみたいです。


今年もジャカランダ! 2018

ブDSC02687

ジャカランダの花!

ブDSC02674

今年も見に行っちゃいました。

ブDSC02681

今回は、友人のNさんと一緒です。

ブDSC02692

インターネットで開花情報を毎日調べて、見頃になるのを待ちました。

今年の“ジャカランダ・フェスティバル”は6月9日(土)~24日(日)だから、まだ始まっていませんでしたが、もう見頃になってるとのことだったので、慌てて行くことにしたのです。

ブDSC02679

期待以上に美しく咲いていました。

ブDSC02694

遊歩道をず~っと歩いて、、、2人とも大満足!

ブDSC02677

他にも、素敵な花がいろいろ咲いていましたよ。

これは、可憐な『キンバイカ』の花です。
きれいでしょ?

ブDSC02690

途中に『お宮と貫一の像』もあります。

でも、どうなのでしょうね、この像、、、?
Nさんは「女の人を蹴ってる像なんて、、、外国人が見たら、どう思うかしらねー。どう見ても、パワハラかセクハラよね」って言うんです。

そうよね~。
小説の有名な場面だけど、、、ちょっと考えた方がいいかもしれませんね。

ブDSC02703

ジャカランダを見た後は、『アカオ・ハーブ&ローズガーデン』に。

今回は、バラが咲いてるんじゃないかと期待して、、、。

でも、盛りは過ぎてしまっていました。

ブDSC02698

隈研吾さん設計のカフェ『コエダ』の前に広がるデッキでは、肩を寄せ合うカップルが海を眺めていました。
なんか、とっても良い雰囲気!

平日なのに、この日は何故か幸せそうなカップルがいっぱいでした。

ブDSC02700

海に向かって漕ぐブランコがありました。

若いって、いいですね!

ブDSC02704

バラの花は思ったより少なかったけど、、、
庭園は、とっても素敵でした。

美味しいお寿司のランチを食べて、、、
海と灯台を眺めながら、レトロなカフェで美味しいフレッシュジュースを飲んで、、、
『コエダ』で美味しいチーズタルトを食べて、、、

帰りは、熱海駅の駅ビル『ラスカ』で買った「三島コロッケ」と「イカ爆弾」を電車で食べながら、、、小田原からはロマンスカー。

大満足の楽しい1日でした。

また来年も行きましょうね!


新しい車のナンバーは、、、?

最近、車を買い替えました。

ナンバーを選ぶことができると言われたので、、、
「3776」を希望しました。

嬉しいことに、すんなりと取れたとのこと。
販売店の担当者に「何だかわかりますか?」と尋ねても、、、
「わかりません」との答えが返ってきました。

「富士山ですよぉ~!」
「えっ?」
「富士山の高さは、3776m!!!」
「おー、な~るほど! いいですねぇ~!」
「フフッ、、、世界一のエベレストの8848でもよかったんですけどね」
「いやいや、、、やっぱり富士山の方がいいですよ!」
「そうですね。やっぱり日本人ですもんね」

山に登る姉のR子に言ったら、、、
「よく取れたねぇ~」って。
静岡や山梨では人気のあるナンバーだとか。

先日、車で高速道路を走っていたら、、、
湘南ナンバーの「3776」を見かけました。
きっと、わかってて選んだんだよね。

でもね、意外とわからない人が多いようです。

誰にもわからなくても、、、
ひっそりと嬉しい満足感の日々!

そして、なんとなく誇らしい気がしています。

だって、やっぱり富士山が大好きですからねぇ!


東をどり 2018

ブDSC_1583

今年も「東をどり」を見に行きました。
今年で3回目になります。

開場前の新橋演舞場入口付近は、華やかに着飾った人々でいっぱいです。
黒服の男性たちと、黒塗りの車の羅列も印象的。

ブDSC_1584

きりりと艶やかな芸者さん達の華麗な踊りも、もちろん夢のように素晴らしいのですが、、、

観客に粋な着物姿が多いのも、楽しみの1つです。

そして、今回は、、、
幕間になんと、、、阿川佐和子さんが法被を着て、客席に「東北支援のおかき」を売りにやって来ました。

東北支援かぁ~!?
そういうのに弱いのよねぇ。

というわけで、1袋買わせて頂きました。

きらびやかな衣装と踊りを心ゆくまで楽しんで、、、
非日常の楽しいひと時!

心の栄養。目の保養。
毎年初夏の楽しみです。


高田川部屋の千秋楽祝賀会 2018.5.

ブDSC_1588

今場所も高田川部屋の千秋楽祝賀会に行ってきました。

関取も3人に増え、もう部屋では入りきれないということで、今回の会場は原宿の『南国酒家』でした。

だけど今場所は、、、
輝関こそ9勝6敗と勝ち越したものの、
竜電関は、なんと3勝12敗!
白鷹山関は5勝10敗でした。

それでも竜電関は千秋楽に勝ったことで、なんとか幕内に踏みとどまれましたが、白鷹山関は残念ながら、せっかく上がった十両から1場所で陥落してしまいそうです。
さらに、他の力士たちの成績もあまり奮いませんでした。

その結果、祝賀会への参加者は思ったほど多く集まりませんでした。
みんな、ゲンキンなんだねぇ。

それでも、会は和やかで楽しく、大いに盛り上がりました。

関取3人が汗を拭き拭き、照れながら歌を披露してくれたり、、、
部屋付きの行司 式守勘太夫さんが、自分で作った「白鷹山甚句」を披露してくれたり、、、

とっても楽しい会でした。

来場所は、、、
白鷹山さん、頑張って1場所で十両に復帰してくださいね。

竜電さん、来場所こそ頑張って勝ち越してくださいよ。

そして、輝さん、番付が上がって横綱や三役と当たるのでしょうが、さらに頑張って勝ち越してくださいな。

今から来場所が楽しみです。


新一年生の運動会!

昨日26日は、孫のSちゃんの小学校初めての運動会でした。

Sちゃんが生まれた日のことは、今でも昨日のことのように覚えています。
小っちゃくて、とても可愛い女の赤ちゃんでした。

あんなに小さかったのに、、、今では小学一年生!
本当に時の経つのは早いです。

食も細くて、華奢な印象の子だったので、ちゃんと小学生としてやっていけてるのか少し心配だったのですが、、、
体操も、かけっこも、ダンスも、すごく楽しそうに一生懸命やっていて、、、
「大きくなったなぁ~」って感動!

これからも、健やかに、逞しく成長していって欲しいと心から願った1日でした。


琵琶湖、逢坂の関、川床ランチ! (2)

ブDSC_1560

逢坂の関のある大谷駅のすぐ近くには、「蝉丸神社」があります。
道から見上げる急な階段を上ると、神社境内。

小さな空間ですが、訪れる人もなく、静かな時が流れていました。
本殿の手前には、屋根付きの舞台があります。
多分、芸事の神様となった「蝉丸」に捧げる楽曲の演奏などが行われるのでしょう。

このときは知らなかったのですが、この「蝉丸神社」の他に「関蝉丸神社上社」と「関蝉丸神社下社」の二つの神社もあって、それらはとても立派な神社のようです。

ブDSC_1568

私たちは、大谷駅から京都市内に向かいます。

駅でちょっと雰囲気のある木のベンチに座りながら電車を待っていて、ふと向かいのホームに目をやると、、、
あれれ、ベンチの左右の足の長さが違ってる、、、?

なるほど、この駅のホームは坂になっているので、座面を水平に保つためですね。
もちろん、私たちの座っていたベンチの足も、同じように左右の長さが違っていました。

ブDSC_1571

賀茂川近くの「市役所前」駅で降りて、今日のランチは由緒ある料亭『幾松』の川床で頂きます。
友人のKさんが予約してくれていました。
夏の間は暑すぎるので、ランチは5月と9月だけしかやっていないそうです。
私は初めての経験だったので、とても楽しみでした。

道路に面した小さな門から奥に続く、長い小道の設えも素敵です。

ブDSC_1573

途中の入口には、紫陽花模様の涼しげな暖簾が風に揺れて、、、
客人を奥へ奥へと誘っているかのようです。

辿り着いた玄関では、女将が三つ指付いて丁重に私たちを迎えてくれました。

ブDSC_1574

食事の前に、希望すれば別室でご主人が『幾松』について説明をしてくださいます。
私たちは、もちろん希望しましたよ。

ここは長州藩の勤皇派の下級武士たちが会合を開いた部屋だそうです。
新鮮組に踏み込まれたら、すぐに賀茂川の河原に逃げて芦原に身を潜めて事なきを得たとか、、、
もし間に合わなかった場合には、吊り天井を落として敵を道連れにする覚悟だったとか、、、

でも、この吊り天井の仕掛けは一度も使われたことがなかったそうですが。

ところで、「幾松」とは桂小五郎の後添えの妻になった人の名前です。

ブDSC_1576

頂いたお弁当のランチ!
これに、鯛の焼き物とご飯と味噌汁が付いていました。

賀茂川を見渡す川床には、この日私たち2人だけの貸し切り状態!
他の方たちは、暑くて室内に避難されたとのことでした。

冷酒「幾松」をお供に、大変美味しい豪華なお食事を頂く、、、贅沢で静かな時間を満喫しました。

お腹がいっぱいになった後は、京都御所の御苑を散策。
砂利道は意外と歩きにくく、広い御苑の散策は足に堪えます。

できたら下賀茂神社まで行きたいと思ったのですが、、、
疲れてしまって、虎屋であんみつを食べながら一休み。

楽しくおしゃべりをして満足してしまったので、下賀茂神社はまたこの次に訪れることに。

この日は、なんと約2万歩も歩きました。

Kさん、楽しい一日を本当にありがとう!


琵琶湖、逢坂の関、川床ランチ!(1)

用事があって、神戸に一人旅をしてきました。

日帰りではもったいないので、京都に1泊!

ブDSC_1548

京都に住む友人に付き合ってもらって、まず琵琶湖を見に大津港に行きました。
静かで、とても良い景色。

ブDSC_1551

ビルの向こうに見える山は比叡山!

海のように広がる水、、、いやぁ、琵琶湖って大きいって感動したんだけど、
地図を見たら、大津は琵琶湖のしっぽみたいなところの、更にその先端に位置してるんですね。

それでこの広大さなんだから、、、琵琶湖はホントに大きいのねぇ~!

ブDSC_1546

港の手前は公園になっていて、こんなモニュメントもありました。
すき間から海が見えます。

ブDSC_1547

広場の真ん中には印象的なシンボルツリー!
小さな花がぎっしりと咲いていて、、、何の木かしら?

琵琶湖にすっかり魅せられて、、、そのうち夫婦で琵琶湖一周したいなぁ~と思いました。
やるなら、早くやらなくちゃね。
もちろん、船でも一周したいです。

ブDSC_1555

さて、大津港でもっとゆっくり楽しみたかったのですが、あまり時間に余裕がなくて、
次の目的地「逢坂の関」に向かいました。

「これやこの ゆくもかえるも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」

知ってますか、この歌?
百人一首の蝉丸の歌です。

平安時代からここは琵琶湖と京の都を結ぶ物流の要所だったそうで、関所がありました。
蝉丸は逢坂山に住んでいた盲目の琵琶の名手でした。

先日、テレビでこの逢坂の関を訪れている番組をたまたま見て、是非行ってみたいと思いました。

でも、行ってみたら、、、、あったのは、この石碑だけ。
逢坂の関のあった場所は、実はわからないそうです。

「逢坂関跡」なんて書いてあるけれど、実はこの石碑は「大津絵」販売の地でしかありません。
傍にある休憩場所のトイレの壁には、「逢坂の関」の説明が書かれていましたけどね。

蝉丸は平安時代の人ですが、江戸時代にはここ「逢坂の関」は東海道の名所で、宿場町が栄え、旅人の土産として「大津絵」が人気だったそうです。
他にも「算盤」と「縫い針」も有名だったとか。

ブDSC_1559

拍子抜けの「逢坂の関」跡から戻る途中で見つけたもの。
これ、一体何だと思いますか?

鯉のぼりではありません。
なんと、「鰻のぼり」です!

わぁ~、変わってる~!!!

道の両側に跨る大きな鰻割烹のお店の敷地で泳いでいました。


北軽井沢2018

ブDSC_1533

今年も北軽井沢の山荘をオープンしました。
まずゴールデンウィークに、そして先週にも行ってきました。

標高が1100m程あるので、東京と比べるとかなり気温が低いです。
東京ではもう散ってしまったような花が咲いています。
先週は、白い小さな桜の花があちこちで満開でした。
東京では見かけない桜の花です。

私たちも年々歳を重ねて、、、
毎年秋に山荘を閉めるときには「来年も来れるのかなぁ~?」などとちょっと思うようになりました。

だから、オープンするときは、、、「ああ、今年も来ることができたなぁ」と嬉しくなります。
特に何をするでもなく、ただただ自然の中でボンヤリ過ごす静かな時間がとても貴重に思えます。

八百屋さんで、ウド、コゴミ、タラの芽、コシアブラなどを買い込んで、天ぷらをいっぱい!
山菜三昧!!!

口いっぱいに広がる春の香りを楽しんで、、、、、
なかなかの至福のひと時です。

さてさて、いつまで楽しめることでしょう!?
元気な限り、夫婦でせっせと通うつもりです。



ニュートンのリンゴが、、、、、

大ニュースです。

電通大の構内にある「ニュートンのリンゴの木」!

このブログにも書きましたが、今年初めて花が咲きました。

で、、、、、

ブDSC_1531

ジャ~ン!

なんと、、、遂に実が成りました!
まだまだ小っちゃくて、緑の葉っぱの中で全く目立ちません。

ワーイ!
見つけたときは嬉しくて、、、
思わず飛び上がってしまいましたよ。

カラスに突かれたり、小さな子どもたちにもぎ取られたりしないで、、、
ちゃんと大きくなって、赤く色づいて欲しいなぁ。

毎日祈るような気持ちで見守っています。


ナンジャモンジャ 2018

今年、調布の藤の花はイマイチでしたが、深大寺境内にあるナンジャモンジャの木は、ちょうど真っ白な花が満開で、とても見事でした。

ブDSC02581

遠くからでも目立っています。

ブDSC02592

小さな白い花がギッシリと枝を覆って、、、

ブDSC02593

近寄って見ると、1つ1つの花はとても華奢で繊細な感じ。

この花が散ると、地面にまるで粉雪が積もったかのようになり、、、なんとも美しく、素敵です。

「ナンジャモンジャの木」って「なんだかわからない木」という意味だそうで、決まった木の呼び名ではないとのこと。
深大寺の木は、「ヒトツバタゴ」という木です。

ブDSC02595

神代植物公園では、「ハンカチの木」の花も咲いていました。

でも、今年は花の数が少ないだけでなく、花自体がとても小さくて貧弱でした。
花の色も真っ白とは言えず、ほんのり黄緑色がかっていました。

ブDSC02600

「ベニバナトチノキ」も咲いていました。
ピンク色の小花が房状に集まった、かなり存在感のあるきれいな花です。

本格的な花の季節がやって来ましたね。

藤の花 in 調布 2018

藤の花が大好きです。

例年より早く咲いているとのことで、先週金曜日に調布の藤の花巡りをしました。

ブDSC02574

まずは、中央高速脇にある「こぐま公園」!

ブDSC02569

花は咲いているのですが、既に葉もたくさん出ていて、いつもの年よりず~っとショボい。
花の数自体も少ないし、、、

ブDSC02578

高速道路を背景に、花が集中しているところを撮ってみました。
こうして見ると、、、まあまあかな?

ブDSC02636

次は、「神代植物公園」の藤棚。

それなりにきれい!

ブDSC02635

藤棚の全体像。

花はたくさん咲いていました。
でもねぇ~、花の色がなんだか薄くて冴えません。
全体に、ちょっと乾燥しちゃってるみたいでした。

ブDSC02637

中には、とっても美しい花もありました。

これは、『八重黒龍』という藤の花です。
なんかちょっと、、、ブドウの房みたいですね。

ブDSC02641

バラ園越しに眺める藤棚。
これでもまだ3分の2ぐらいですから、とても長い藤棚なのがわかりますね。

ブDSC02647

さて、神代植物公園の次は布田駅の近くにある国領神社。
ここには、境内いっぱいに枝を広げた『千年の藤』があります。

ブDSC02651

ちょうど花の見頃だったようです。

ブDSC02654

結構見事に咲いていましたが、、、
毎年のように来ている目には、かなり物足りな~い!

素晴らしい年だと、思わずため息が出るほど美しくて、、、
境内中にむせ返るほどの甘い香りが満ち満ちているのですが、、、、、

今年はあまり香りを感じませんでしたし、花の咲き具合も全面ではなくて、半分ぐらいに偏っていました。

ちょっとガッカリ。

今年の調布の藤は、ハズレだったみたい。

ま、来年に期待しましょう!!!



あらま、、、残念!

前々から見に行きたかった高遠のコヒガンザクラ!

調布発のツアーを見つけたので、喜んで申込みました。
4月21日の日帰りバスツアーです。
かなり楽しみにして、当日を心待ちにしていました。

ところが、、、
ツアー主催の会社から電話がかかって来ました。

「今年は桜の開花が2週間ほど早くて、21日だともう終わっています。そこで、大変残念ですが今回のツアーは催行中止と致します」

ガーン!!!!!

楽しみにしていたので、とってもショック。
でも、自然の営みですから、文句の付けようもありません。

スゴスゴと、、、代金の払い戻しに行きました。

できたら、来年こそ行きたいです。


FC2Ad