ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

またまた河散歩!

アオサギ

先日行った『下町河散歩』がすっかり気に入って、またまたNさんと河散歩に行ってきました。
前回は日本橋→スカイツリーでしたが、今回はその逆に、スカイツリー→日本橋にしました。

次は「神田川」などと思っていましたが、扇橋水門が改修工事のために9月まででしばらく通過できなくなるとのことで、今のうちに是非逆コースも体験しておきたい。

さて、夕方5時にスカイツリーの足元の「おしなり公園船着き場」を出航した小さなお座敷船(15人乗り)は、北十間川→横十間川→小名木川→隅田川→日本橋川と進んで、終点の日本橋を目指します。

北十間川から横十間川に曲がる辺りは、江戸時代でも舟遊びの名所だったそうで、昔の浮世絵にもその情景が残っています。
船頭さんが、そんな浮世絵を見せながら説明してくれました。

横十間川は両岸に葦などが生い茂る、流れの静かな美しい水路で、いろいろな鳥たちに出会えるスポットです。

今回もカルガモ、シラザギ、アオサギなどに出会えました。
前回写真を撮りそこなったアオサギさんでしたが、今回はバッチリ!

強そうだけど、ちょっとブサイクなアオサギさんです。

ところで今回の目玉も、やっぱり『扇橋水門』です。
なんといっても、水位の違う川の段差をパナマ運河式の水門で克服して通過するのですからね。

何度通っても、ワクワクする体験です。

扇橋水門1

前回は、高い水位から低い水位への移動でしたので、水門内で水が抜ける体験。
これは、ただただ静かに船が下がっていく感じでした。

でも、今回は低い水位から高い水位への移動です。

水門に近づくと、扉の足元で水が激し波立って、小さな船は前後左右に揺さぶられました。
「水門の中の水を放流して水位を下げているのですよ」と船頭さんの説明。

なるほど~!

扇橋水門2

やがて波立ちが静まると、とびらが静かに上がっていきます。

さぁ、信号が青に変わりました。

水門内部の壁の高さに注目!

扇橋水門3

中に入ると扉が閉まり、お風呂に入ったような状態になりました。
水面のあちこちが逆巻き始め、どんどん水位が上がっていきます。
底に埋められたパイプから水が流れ込んでいるのだそうです。

前回は1.4メートルの下降でしたが、今回はなんと2.7メートルの上昇でした。
潮の満ち引きに影響されて、水位の差はその時々で違うのだとか。
この日は、もうすぐ満潮を迎える時刻だったので海に近い側の水位は高くなっていたのですね。

扇橋水門4

あっという間に水位は上がり、それとともに周りの景色も視界に入ってきました。

そして、前の扉が静かに開き始めました。

やっぱり、とてもワクワクする体験です。
扇橋水門の改修工事は、何年ぐらい掛かるのでしょうか?

完成したとき、私がまだ元気だったら是非また体験してみたいです。

隅田川17.08.

やがて、小名木川から隅田川に出ました。
振り返ると、橋の向こうにスカイツリーが見えます。
でも、この日は今にも泣き出しそうな曇り空で、スカイツリーの先端は雲の中に消えていました。

満潮が近づいているからでしょうか、波が高くて小さな船は驚くほど揺れました。
普段は、ほとんど揺れないというのが売りの船旅ツアーなのですけどね。

日が暮れて来て、、、日本橋に着く頃はすっかり薄暗くなっていました。

逆コースの舟遊び。とっても楽しく、面白いものでした。
次こそは、「神田川」コースに行きたいものです。

船旅でお腹が空いたので、コレド日本橋でマッコリを飲みながら韓国料理を頂いて、、、
またまたご機嫌で家路に着きました。

Nさん、付き合ってくれてありがとう!!!
また一緒に行こうね。

スポンサーサイト

キャンドル作り体験

次男一家の夏休みに合わせて、北軽井沢で一緒に過ごしてきました。

バーベキューをしたり、花火をしたり、水ふうせん合戦をしたり、、、
いつもながら孫と一緒の楽しい夏でした。

今年は、浅間牧場でキャンドル作り体験をしました。

キャンドル作り1

孫2人と私は、「ケーキキャンドル」を選びました。

まず、それぞれ好きなカップを選び、そこにいろいろなパーツを盛りつけます。
3人とも、何故かウサちゃんの付いたカップにしました。

ピンクが大好きなSちゃん(5歳)は、ピンクを基調にクリーム色や黄緑をアクセントにして、とっても可愛いケーキが出来上がりました。

中学生になったMちゃんは、色数を抑えてシックな色使い!
大人っぽくなったなぁ、、、としみじみ思いました。

そして私は、色とりどりのパーツをこぼれんばかりにたくさん盛りつけて、カラフルな仕上がり。
欲張りな性格がバレバレですね。

三者三様な仕上がりは、それぞれの個性が反映されていて面白いです。

キャンドル作り2

ママは大人っぽく、壁掛けのアロマキャンドルに挑戦しました。

色合いをよく考えた、シンプルでとってもお洒落な構成でした。
ほんのり香るアロマも品の良い香りを選んでいましたね。

ワックスがまだ暖かいのでちょっと黄色っぽく見えますが、冷えるとローソクの白さになり、飾った花が素敵に浮き上がりました。

固まりかけたらストローを回しながら取り除いて、紐を通す穴にします。

40分くらいでできる手軽な体験ですが、思った以上の満足感。

今年の夏を思い出す、楽しい作品が出来ました!

入っちゃいました!

先日、私、ファンクラブに入っちゃいました。

誰の?って、、、、、

「エゾナキウサギ」!

つまり、 “ナキウサギふぁんくらぶ”の会員になったのです。

ナキウサギ

教えてくれたのは、下町河散歩に一緒に行ったNさん。
彼女はずっと前から会員で、毎年、可愛い写真のカレンダーを取り寄せているそうです。

見せてもらったカレンダーのなんと可愛いこと!

私も欲しいなぁ~、、、と思って、注文しました。

エゾナキウサギは、絶滅の危機にあるのです。
なんとか、この可愛い小動物を守りたい、、、との思いで結成されたファンクラブ!

その思いに協力したくなって、ついでに会員になりました。

送られてきたカレンダーと会員証。

本当に愛らしいナキウサギ!!!

カレンダーを始めとしたグッズは会員でなくても購入できます。
来年から、「ナキウサギのカレンダー」を眺めながら過ごしましょう!

でも、、、、、あなたも会員になりませんか!?


蓮を生ける、、、

蓮を生ける

いけばなの稽古の日。
研究会の花で、「蓮の一種生け」でした。

蓮はやはり格調が高いです。

本当は開花した蓮の花が好きなのですが、開花した花は全然持ちません。
それで、いけばなでは蕾を使います。
でも、切り花にしてしまうと、蓮の蕾は開花しません。

まあ、蕾も素敵ですけれど、、、

小原流で蓮を生ける場合、いろいろと約束事があります。
それを守りながら、しかも素敵に生けるのはなかなか大変で、、、
クルクル丸まろうとする葉っぱと格闘することになるのです。

水盤の小さな空間に、自然な蓮池の情景を作り出そうします。
たった葉っぱ5枚、蕾2本、巻き葉2本だけで、、、

蕾のピンクも、葉の緑も、色合いが独特。
心に沁みる蓮の色合い、、、いつの間にか背筋が伸びて、気持ちが引き締まり、、、

日本人であることを強く意識している私がいます。


のんびり手仕事、、、

手仕事

北軽井沢に来ています。

、、、毎日天気が悪いです。

ここに来たときは、いつでものんびり過ごしているのですが、、、

今回は夫の足がイマイチなので、ゴルフどころか散歩も儘ならず、、、

時々本を読んだりするくらいで、、、

調布から持ってきた「そよかぜ」のための小物作りを、の~んびりチクチクやったりしています。

普段は、ミシンで縫えるところは極力ミシンを使って、効率よく仕上げているのですが、、、

Wさんのブログ『ホッと一息 裂き織り ノエ』を見てたら、なんだか無性にチクチクしたくなっちゃってね。

ここにもミシンを置いてはいるのですが、
雨の音を聞きながら、のんびりチクチク手仕事を、、、、、

なかなかいいものです。


残念ケーキ!

残念ケーキ

2017年7月21日(金)、名古屋場所の13日目。
輝関は、碧山(あおいやま)関に惜しくも「はたき込み」で敗れてしまいました。

とても微妙な相撲で、「物言い」が付いたのですが、結果は残念ながら軍配どおりになりました。

ビデオ映像では、碧山の足の方が先に土俵の外に着いているように見えたんですけどねぇ。
少なくとも「取り直し」で良かったと思います。
解説の北の富士さんが、「輝は白星1つ損したねぇ」とおっしゃったくらいなのですから。

でも、輝は表情一つ変えずに、淡々と花道を下がっていきましたし、インタビューにも「審判が一番正しいですから、、」との答え。
立派でした! 北の富士さんも、舞の海さんも感心していました。

でもねぇ、悔しくないはずはないですよねぇ。
ところが輝は、宿舎に戻ってからも愚痴一つ言わずに、稽古場で黙々とシコを踏み続けていたそうです。

そんな輝のために、高田川親方がケーキを買ってきてプレゼント。
ケーキの上には、「残念!!」の文字。

ハハハハハ、、、、
受け取った輝も、すごく良い笑顔でした。

高田川親方、、、いつもは恐~い師匠だけど、、、
弟子思いの優しい心遣い。 とっても素敵です!!!

いい親方だね~。


※ 写真は、『高田川部屋』ホームページの写真の一部をお借りしました。

お肉とサンバ!

友人たちと久しぶりに『トゥッカーノ渋谷』に行きました。
ブラジル料理のお店です。

サンバ1

この日は、サンバのショーもありました。

美人のお姉さん2人が、素敵な衣装で踊りまくります。

私たちのテーブルは舞台脇!
特等席でした。

シュラスコ

料理は、シュラスコといって、串焼きにしたいろいろなお肉をイケメンの陽気なお兄さん達が次々に持ってきて、その場で切り分けてくれるのです。
油断してるとついつい食べ過ぎてしまうので、注意しないといけません。

当然野菜も食べたいですが、サラダビュッフェ食べ放題が付いているので安心です。
野菜の品数が多くて、新鮮で美味しくて、、、お皿に山盛りに取ってきたサラダでもペロッと食べられてしまいます。

とはいえ、私の一番のおススメは、「焼きパイナップル」!
甘酸っぱくて、、、大好きです。

サンバ2

さて、サンバを踊るお姉さんたち!
にこやかに元気よく、楽しそうに激しく踊って、、、

サンバ3

そのうち、お客さん達を舞台に連れ出して、一緒に踊りまくります。
お客さんたちもその気になって、ノリノリで激しく踊っていました。

観客も手拍子を打ちながら、お肉を食べるのも忘れて盛り上がりました。

デザートも充実。
アイスクリームもコーヒーも美味しくて、、、お代わり続出。

楽しくて、美味しい至福のひと時で、、、
お腹いっぱい!

しょっちゅうはとても無理だけど、そのうちまた行きたいな。

今月も ドキドキ、ハラハラ、、、

もう毎日信じられないくらいドキドキ、ハラハラで、、、疲れます。

1週間前に始まった大相撲!
稀勢の里、照ノ富士、遠藤などの人気力士が休場してしまいましたが、
それを補って余りある若手の台頭で、毎日熱戦が続き、盛り上がっていますね。

私も毎日、応援している高田川部屋の力士たちの取組み結果に一喜一憂。

出だし2連敗で心配した十両の竜電さんも、その後6連勝と盛り返して、、、
昨日は、誉富士を相手に力の入った素晴らしい相撲だったので、解説してた元琴欧州の鳴門親方に褒められてました。
褒められると、自分のことのように嬉しいです。

そして、何と言っても、結びの一番で日馬富士と対戦した輝関!
今まで三役にも当たったことがないのに、いきなりの記念すべき初めての横綱戦。
結果は負けてしまいましたが、とても善戦してて素晴らしい内容でした。
こちらは、元霧島の陸奥(みちのく)親方にすごく褒められていましたね。

それにしても、すごく強くなったと感じます。
初めて会ったときは幕内に上がったばかりのときで、まだまだ初々しく控え目な印象だったのに、、、
最近では貫禄さえ感じます。
誠実で真面目な人柄は、嬉しいことに今も全く変わりません。

ところで、私が密かに、一生懸命応援しているチャンコの名人 櫻さん!
相撲は弱くて、いつも負けてばかりなのですが、今場所はとっても頑張って、、、今、3勝1敗です。
あと1勝! 是非是非勝ち越して欲しいです。

太熊さん、前大将さん、勝武士さん、湘南の海さん、白鷹山さん、暁さん、安芸ノ花さん、安芸乃山さん、大雷童さん、須磨の海さん、剛力山さん、恵比寿丸さん、大乗さん、大野城さん、前乃冨士さん、、

みんな、みんな、頑張って!!!

それにしても、こんなに一生懸命応援している自分に驚いて、笑ってしまいます。



下町河散歩(4)

河散歩18

さらに小名木川を進んでいくと、『クローバー橋』にやって来ました。
「四つ葉のクローバー」から連想された名前ですね。

水色のきれいな橋でした。
今度、この橋の上を渡ってみたいなぁ。

河散歩19

この橋の下で左に曲がって、船は横十間川に入っていきました。

静かな流れの美しい水路です。

河散歩20

この横十間川では、カルガモの親子に出会いました。

3羽の子ガモを連れたお母さん。
子ども達は、かなり大きく育っていました。
船頭さんの話だと、生まれたばかりのときは7羽ほどいたそうです。
成長するにつれて、1羽、、、また1羽といなくなって、、、
その犯人は?、、、、、カラス!
襲っているところを目撃したこともあるとのこと。

悲しいけれど、自然界の厳しい現実ですね。

河散歩21

少し進んだところで、別の親子にも会いました!
こちらは、生まれて間もないようで、小さな可愛い子ガモ達が7羽。
一生懸命お母さんの後を追いかけて、、、とっても微笑ましい光景でした。

この横十間川では、他にも珍しい青サギを見ました。残念ながら、慌てて撮った写真はピンボケで、お目に掛けることができません。
それから、真っ黒な海鵜(うみう)も見ました。私たちが通りかかると、羽を広げてポーズを取って大サービス!
でも残念ながら、カメラが間に合わなくて写真がありません。

白サギもいましたし、カモメも飛んでいました。

「今日は、オールスターの登場ですね」って、船頭さんがおっしゃっていました。
ラッキーだったのかな?

河散歩22

さて、橋をいくつも潜り抜けて、、、

河散歩23

左岸のビル越しにスカイツリーを眺めながら進んで、、、

突き当りの北十間川を左に曲がると、、、、

河散歩25

正面に、スカイツリーが聳えていました。

なんか、、、感激!

河散歩24

目の前には、見事な「逆さスカイツリー」が!

水の流れに少しユラユラしていましたが、大満足の絶景でした。

河散歩26

そして、『おしなり公園船着場』に到着。

本当に楽しい船旅でした。
この次は、是非神田川クルーズに行きたいです。

河散歩27

上陸したら、まさにスカイツリーの足元です。
見上げるスカイツリーの迫力に圧倒されました。

さて、この後は、、、ソラマチで遊びます。

なかなか面白い店がいっぱい。 どこも、人、人、人で、、、すごい賑わい!
この日は土曜日だったので、家族連れが多かったですね。

Nさんと私は、7階の『天空』というプラネタリウムに入りました。
開始時間を待つ間に、『世界のビール博物館』でサラダとウインナーとムール貝のビール蒸しをつまみにビールで乾杯!!!
私は、お兄さんが勧めてくれた「パイク」というアメリカのビールにしました。
美味しくて、最高でした。

ほろ酔い気分で見たハワイの星空は、途中ウトウトしながらでしたが、これまた最高!

星空の後はソフトクリームを食べて、、、、、2人とも最高に機嫌良く家に帰りました。
楽しい、楽しい1日でした。


下町河散歩(3)

小名木川をさらに進んでいくと、、、

遂に、『扇橋閘門(おうぎばしこうもん)』に辿り着きました。
今日のクルーズの目玉、「パナマ運河式水門」です。

河散歩13

ちょうど前扉が上がっていて、信号も青。
あまり待つこともなく、水門に入ります。

直前に、船頭のお兄さんがデッキにいる私たちにビニール傘を貸してくれました。
晴れてるのに、何のため?

上がったばかりの扉からは水滴がボタボタと落ちてくるからでした。
もちろん後扉を通るときも、傘で水滴を防ぎます。
これは、とても楽しい体験でした。

河散歩14

通過する船が皆、扉を潜り抜けて水門の中に入ると、、、
船の後ろで、前扉が閉まり始めます。

扉が完全に下りると、船は狭い空間に閉じ込められた格好になります。
まるで大きなお風呂に入っているようです。

河散歩15

それから徐々に水が抜かれて、水位がどんどん下がっていきます。
その間、扉の信号はもちろん赤信号。

「パナマ運河式水門」は、水位の違う水路の段差を解消してスムーズな運航を可能にするための工夫です。

河散歩16

水位が1.4メートル下がったところで、進行方向にある後扉が開き始めます。
両脇の壁がかなり高くなって、迫ってくるように感じられました。

信号が青に変わりました。 さあ、出発です!

河散歩17

さらに進んで、小名木川橋の下を潜ります。

静かな水の流れと川の両端の緑!
とても気持ちの良い眺めです。

下町河散歩(2)

河散歩8

隅田川を進んでいくと、小名木(おなき)川の入口に。
小名木川は人工の水路です。

隅田川はさらに左側に続いていき、そこにはオレンジ色の柱が印象的な「新大橋」が見えます。

この橋、20年前くらいに大ブームだった「ロングバケーション」というドラマで有名になった橋だとか。
木村拓哉と山口智子の主演で、キムタク演ずる主人公が住むマンションが橋の畔にあったんだそうです。
「かねふく」の看板の隣りにあったけど、その後取り壊されて、写真のごとく超高層マンションが建てられたとのこと。

船頭さんが一生懸命説明してくれるけど、ドラマの名前は知ってても一度も見たことがないから、「フーン、そうなんだぁ」としか思えません。
この日一緒の乗客は全部で7人でしたが、世代が違ったのか、誰も盛り上がりませんでした。

河散歩9

船は小名木川に入り、少し進むと川の端っこに小さな水門がありました。

実は、今日のクルーズの目玉は「パナマ運河式水門」の体験でした。
でも、ここの水門は海からの高波が押し寄せてきた際にサッと閉じて、東京の街を水害から守るための水門で、楽しみにしてた水門とは違いました。

河散歩10

さらに進むと、なんと、、、
私が最近一生懸命応援している「高田川部屋」の裏を通りました!
写真の真ん中に見える茶色の四角い建物で、壁に大きく「高田川部屋」って書いてありました。
千秋楽祝賀会で何度も訪れているところですが、でも、今は名古屋場所のために皆名古屋に行ってるので、誰も残っていませんね。裏から見たのは初めてでした。

ちなみに、一番手前の建物は「尾車部屋」。
2つの部屋は3軒隣りのご近所さんです!

河散歩11

船はのんびり進みます。

水路の十字路で、ちょっと曲がってくれました。
小さな船は小回りが効くので、便利です。

ワーイ! またまた遠くにスカイツリーが見えました。
わざわざ見せてくれたんですね。

河散歩12

東京都の清掃船に出会いました。写真の左端の緑の船。

もちろん機械で水を吸い込んで浄化しているのだけれど、船の上ではおじさんが2人、長い網を持って水面に浮かぶゴミをすくっていましたよ。

下町河散歩(1)

友人のNさんと一緒に「がれおん」の下町探検クルーズに参加して、下町の河散歩に行ってきました。
テレビでたまたま見かけて以来、ずっと乗りたいと思っていたのです。

河散歩1

出発は、なんと日本橋の船着き場!
橋のたもとにある「滝の広場」の奥に、船着き場があります。
もうそれだけでワクワクしちゃいますよねぇ。

こんな可愛いお座敷船に乗って、、、スカイツリーを目指すのです。

河散歩2

船の名前は、、、「下町きんぎょ」。
だからなのか、船には本物の金魚も乗っていました。

河散歩5

進行方向とは反対なんですが、、、まずは、日本橋の下に入ってくれました。
橋の上を歩いたことはあるけれど、下を通るのはもちろん初めて。


河散歩3

アーチの隅っこに、ゴツゴツして黒く変色したところがありました。

船頭のUさんの説明だと、火災を起こした船が橋にぶつかって、そのままそこで激しく燃え続けた跡なんだそうです。
ずいぶん前の出来事だけど、今でも焼けた跡がそのまま残っているのです。

橋の下に潜ってみないと、絶対目にすることはないですね。

河散歩4

橋の両脇に、ライオンの顔が付いています。
これも、船に乗らないと絶対に見ることはできません。

なんだか、それだけでも得した気分になりました。

河散歩6

さて、いよいよ出発して、隅田川の方向に進みます。

この日はとっても良い天気でしたが、高速道路の下を行くので、カンカン照りでも日が当たりません。
結構涼しくて、風がとっても気持ちいい!
なので、デッキに陣取って景色を楽しみました。

河散歩7

隅田川に出ました。
やっぱりとても大きな川です。

大きな船が通ると、小さなお座敷船はかなり揺れました。

進んでいくと、スカイツリーが小さく見えてきました。

毎月、絵本の贈り物!

絵本

最初は、今から6年前。
孫のMちゃんが小学校に入学するのを機に利用し始めた「絵本ナビの絵本クラブ」!
年齢に合ったおススメの絵本を選んで、毎月送ってくれるサービスです。

本が好きな子に育ってほしいとの願いを込めて、毎月届くおばあちゃんからの絵本の贈り物。
なかなか良いシステムだと気に入っていました。

でも、月日の経つのは本当に早い!
いつの間にか6年が過ぎ、Mちゃんは中学生になりました。

この春、「絵本ナビ」から連絡が来て、、、
「お子さんが小学校を卒業したので、絵本クラブも終了になります。終了のお手続きをお願いします」ですって。

少し考えて、、、今度は、もうすぐ3歳になる孫のNちゃんに贈ることにしました。

そして、5月。
初めて絵本がNちゃんに届きました。
Nちゃん本人もすご~く喜んでくれたようですが、それ以上にママがとっても喜んでくれたみたい。
良かったぁ~。

そして先日、2回目の絵本が2冊届きました。
元々のセットでは『ぐりとぐら』が入っていたのですが、Nちゃんは既に持っていました。
そんなときは、リストの中から別の絵本を選んで変更してもらうことができます。
行き届いたサービスで、便利でしょ!?

Nちゃんはサンドイッチが大好きなので、喜ぶかなぁ~と思ってサンドイッチの絵本を選びました。

早速ママがメールで送ってくれた、届いた本を抱えてニコニコ顔のNちゃんの写真!
贈ったおばあちゃんまで幸せを感じる素敵な笑顔です。


ハマナスとヤマボウシと可愛いグミの実!

朝の散歩!
天気が許せば、北軽井沢での毎日の日課です。

毎回、いろんな発見があります。

ハマナス

近くのホテルで咲いていた「ハマナス」。
浜梨とか、浜茄子とか、、、書くのだそうです。

バラ科の花です。

働き者のマルハナバチが飛んできて、、、
花の中心に止まりました。

花粉がたくさん、、、
それがとっても嬉しいのでしょうか?
狂ったように身体を擦り付けながら、クルクルと動き回っていました。

ふっくらまん丸で、、、
可愛いね。

ヤマボウシ2017

ヤマボウシの花の季節です。

木によって花付きがマチマチだけど、、、
ぎっしり咲いた白い花は、とってもきれいです。

ハナミズキの花に似てるけど、花びら(本当はガクだけど)の先端のトンガリが特徴的。

グミの実

グミの実が、、、いっぱい、いっぱい生っていました。
赤くて、ちょっと透き通った感じの、とっても可愛い実です。

小さな、細長いサクランボみたい。


スイカ ひとりじめ!

ちびスイカ1

北軽井沢でいつも行く八百屋 久保農園で、小さなスイカを見つけました。
本当に小さくて、直径10センチちょっと。
しかも、値段がたったの150円+消費税!

あまりにも小さくて貧弱で、しかも安いので、、、
「こんなの、美味しいのかしら~?」
などと呟いていたら、、、

「このスイカ、小さいけど、ものすごく甘くて美味しいよ!」
とお店のお兄さんがすすめるのです。

う~ん、、、
じゃあ騙されたと思って買っちゃおうかなぁ~。

ということで、2個購入しました。

結果は、、、と~っても美味しかった!!!
なので、またまた3個買っちゃいました。

ちびスイカ2

このスイカ、名前がなんと、、、
『ひとりじめ』!

本当は、もちろん1人で1個食べられちゃう大きさなんだけれど、、、
まぁ、仲良く2人で半分こして美味しく頂いてます。

1人80円ほどだけど、お兄さんが言ったとおり、本当に甘くて美味しいの。
皮がすごく薄いので、結構食べごたえがあります。

ホント、とっても安上がりな、、、
ささやかな幸せ!!!!!


誰なんだろう、、、?

2日前から北軽井沢に来ています。
昨日は1日雨でした。

足跡2017

道の端に何者かが通った跡!

時々見かけるのですが、近寄ってよく見ると、、、
4-5センチくらいの楕円形の足跡とおぼしきものが見受けられます。

アスファルトの舗装を避けて、腐葉土の上を選んで通ってる。

一体誰?
鹿? それともイノシシ? 

ウサギじゃないよねぇ~。

う~ん、謎です。

石イノシシ

朝の散歩のときに発見した岩!

なんだか、うずくまるイノシシに見えませんか!?
小さな耳もあるし、、、

お口で、草をモグモグ食べてるところ。
妄想かしら?

アヤメ2017

ご近所のSさん宅のお庭で、アヤメがきれいに咲いていました。
我が家の隣りの空き地では、草に埋もれてまだ咲いてないけど、、、

でも、野イチゴの花が咲き出しました。
今年は蕾がいっぱいです。
きっとたくさん採れることでしょう。

孫たちが来たとき、喜ぶと思います。

“ジャカランダ”の花を求めて!

「ジャカランダ」の花を知っていますか?

ジャカランダ1701

紫色のきれいな花です。

ジャカランダ1702

初めて知ったのは、インドの首都 デリーに住んでいた時です。
ゴルフ場のコース脇に数本のジャカランダの木があって、季節になると薄紫色の素敵な花を咲かせていました。

なんだか儚げで、寂しそうな花でしたが、強く心惹かれました。

ジャカランダ1707

中南米原産のノウゼンカズラ科の花で、南アフリカのプレトリアという都市には市街地に数万本の並木があるそうです。
きれいな花なので、世界各地に植えられているらしい。

ジャカランダ1703

そんなジャカランダの並木が熱海の海岸沿いにあることを教えてくれたのは、私の実家の地主さんでした。
今年、長年お付き合いのあった地主さんが亡くなって、その息子さんが土地を相続なさったのですが、その方は今、なんと熱海にお住まいでした。

初めての顔合わせのとき、「お宮と寛一の像がある海岸沿いに、ジャカランダ遊歩道がある」とおっしゃいました。

まぁ、それは是非見に行きたい!

ジャカランダ1704

インターネットの熱海市観光協会のウェブサイトで花の咲き具合を毎日チェック。
『ATAMIジャカランダフェスティバル』が6月10日~25日に開かれるのを待って、花が見頃の熱海に行ってきました。

ジャカランダ1705

デリーで見た薄紫のジャカランダとは違い、熱海のジャカランダは濃い紫色で、迫力がありました。
全然儚げじゃなくて、ゴージャス!

見上げる“熱海城”を背景に咲くジャカランダの花です。

ジャカランダ1706

幼木が多かったですが、期待以上にたくさんのジャカランダの花が美しく咲いていて、とても感激しました。

熱海のジャカランダは、平成2年にポルトガルの姉妹都市カスカイス市から贈られたものが始まりのようです。
それからコツコツと植樹を続けて、少しずつ増やしてきたのですね。

日本では、熱海の他に九州の宮崎が有名だそうです。

海沿いの景色と青い空に、とてもよく合うジャカランダの花!
是非また見に来たいと思いました。

せっかく熱海に行ったのですから、やっぱりホテルに1泊して温泉を楽しんで、、、
大満足で次の日東京に戻りました。


父の日の贈り物

日曜日は「父の日」でしたね。

2人の息子家族からプレゼントが届きました。

長男からは、高級ウィスキー!

そして次男からは、孫のMちゃんの名前で洒落たおつまみ数種!

もちろん偶然なんだけど、、、
あまりに出来過ぎた組み合わせに笑ってしまいました。

お酒大好きなお父さん!
最高に幸せだね。

もらっちゃいました!

北軽井沢に来ています。

いつも来る途中、軽井沢のスーパーに寄って買い物をします。
北軽井沢にもスーパーはあるのですが、あまりお客さんがいないので品揃えが良くありませんので。

ペチュニア

5月に来たとき、軽井沢のスーパーは新しく開店したばかりで、開店記念キャンペーンをしていました。
「2700円以上お買い上げのお客様 先着1500名様に限り花のプランターをプレゼント!」というキャンペーン。

開店時間直後に立ち寄ったし、結構なまとめ買いをしたので、、、もちろん文句なくお花のプランターをゲット!
大喜びで車に運んで行ったら、さっさと自分用のお酒を確保した夫がちゃっかり1つゲットして、既に車に積んでありました。
ビックリ!!!

というわけで、思いがけなく色とりどりのペチュニアが咲いたプランターを2つももらっちゃいました!

滞在中はベランダに置いて楽しんで、、、
東京に帰るときに、庭に置いてきました。

私たちがいない間は水をやる人がいないのでちょっと心配でしたが、寒暖の差が激しくて夜露が大量に降りるから大丈夫かも。

次に来たときは、少ししょぼくれていたように感じましたが、まあまあセーフ!

そして今回は、、、大きく育って花もたくさん咲いていました。
良い具合に雨が降ってくれたのでしょうか!?
とにかく元気いっぱいです。

まあ、ペチュニアは強いのでしょうね。
しばらく楽しめそうで、嬉しいです。


絵画展の後は、、、豪勢な女子会!

Mさんの絵

私、Mさんの絵が大好きです。

年に2回ほどグループ展に参加しているので、楽しみに見に行きます。

プロの画家ではないけれど、きれいな色使いのとても楽しい絵です。
心があったか~くなるような絵!

今回は、いつもより大人っぽい色使い。
お洒落でいいなぁ。

さて、絵を鑑賞した後は、Fさんのお家で楽しい女子会!

小学校の同級生を中心に毎月集まる女子会は、もう10年近く続いています。
普段はお店でやるんだけれど、お料理上手のFさんが時々自宅に呼んでくれます。
気持ちばかりの会費を払ってはいますが、目を見張るほどのご馳走と様々なお酒が供されて、、、
食べきれなかったご馳走は、帰りのお土産として持たせてくれる、、、
まさに、この世の極楽以外の何物でもない!
最近では、大きなタッパーをたくさん持参で参加するメンバーも。

今回は、男子も数人参加して、総勢18人の大宴会となりました。
楽しそうに笑いながら、飲みながら、場を1人で切り盛りするFさんってすご~い!!!
やっぱり私たちの「親分」です。

気の置けないこんな仲間がいることの幸せを、つくづく噛みしめたひと時でした。
友達って、ほんといいよねぇ~。


FC2Ad