FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

花展の花: いけばな協会展2019

ブDSC_2039

今年も友人のOさんと「いけばな協会展」に参加しました。

右が私の作品で、左がOさんの作品です。

今年の私たち2人のテーマは、「ガラスの器」!
私のは、津軽ビードロ。 透明な青いガラスがとっても美しい器です。

Oさんのは、無色透明なすり鉢型の器でした。

3日間毎日、新宿高島屋に通って、花を活け、手直しをするのですが、それが結構大変です。
でも、それ以上に大変なのは、器や花材や道具を自ら運んでいって、持ち帰ること。
年々体力がなくなっているので、一体いつまで続けられるのでしょうか?

でも、年上の先生が頑張っていらっしゃる限り、私たちも頑張らないと、、、、ね。

今年も無事に楽しく終わって、ホッとしています。
さて、Oさんと美味しい食事で打上げしなくちゃ!


スポンサーサイト

イルミネーションの季節 2018

今年もイルミネーションの季節になりましたね。

ブDSC_1901

先日、夜に新宿に行く機会がありました。

住友ビル入口のところで、思いがけず素敵なイルミネーションに出会いました。
なかなかお洒落ですよね!


小原流東京支部の花展 2018

10月11日(木)から16日(火)まで、小原流東京支部の花展『秋色のおもてなし』が新宿高島屋で開催されました。

ブDSC02936

小原宏貴家元の大作。

ハロインを意識したのでしょうか、カボチャがいっぱい!

ブDSC02948

私の師匠 K先生の作品。

先生らしい上品でお洒落な作品でした。
色遣いがとても素敵。

ブDSC02943

同じお教室の仲間 Mさんのお花。掛け花です。
小さな可愛い実は「サネカズラ」。
「美男カズラ」ともいうそうです。

私は出瓶しませんでした。

いけばな協会展 2018

今、新宿高島屋で『第57回いけばな協会展』が開催されています。
今年も友人のOさんと参加して、一昨日と昨日の2日間作品を展示していました。

ブDSC_1478

今年の私の作品です。

シンガポールに滞在していた記念に製造元のショールームで買った花瓶に、ボケとコデマリと薄いピンクのバラを生けました。

ブDSC_1477

右がOさんの作品です。

今年の私たちのテーマは、「中国風の花器に生ける!」です。
Oさんは中国の塗りの箱を3つ使っています。
花材は、レンギョウ、シャガ、フリージア、キンコウカツツジ、菜の花、ツワブキ、立ち日陰。

前日も含め3日間、朝に夕にせっせと通って花の面倒を見るのですが、これが結構大変なんです。
朝行ってみたら、メインのバラの水が下がって、花首がうなだれていたり、、、
次の朝、今度はボケの花の塊が萎れていたり、、、
ちょっと泣きそうになりました。

でもまあ、、、なんとか私たちの展示も無事に終わってホッとしています。

花展は第3次まであって、19日までやっています。
よろしかったら、是非覗いてみてください。


いけばな協会展 2017

いけ協2017

今日と明日、新宿高島屋で開かれている「いけばな協会展」に友人のOさんと2人で参加しています。
昨日は生け込みでした。

左がOさんので、右が私の作品。
今年の私たちのテーマは、「椿を生ける!」です。

Oさんが白い花を水盤に、私が赤い花を壺に生けました。
紅白で、縁起がいいでしょ?

2つの花器は似たような色。

Oさんは椿だけで、枝をたっぷり使っています。
なので、私は椿の赤い花を1輪だけにして、葉も極力抑え、雲竜柳の枝と晒しホーキグサを合わせてみました。

「いけばな協会展」は、今月13日(月)までやっています。
いろいろな流派の花を見ることができる花展なので、楽しめると思います。


新宿御苑の桜2016

「木曜日には雨が降って桜の花も散ってしまう」とのことだったので、その前の水曜日に頑張って新宿御苑に行ってきました。

新宿御苑16-1

正門前では入場規制をしていて、長蛇の列。ずいぶん待たされました。
その原因は荷物検査!
まあ、テロは怖いからねぇ、、と思っていたら、ナント、、、アルコールの持ち込み禁止のチェックでした。

やっと入場できたけど、、、広場に並んだ桜の下はすごい人、人、人!

新宿御苑16-2

でも、桜はまさに満開で、それはもう見事に咲いていました。

ソメイヨシノが咲く頃に新宿御苑に来たのは初めてだったかもしれません。
こんなに素晴らしかったんですね!!!

風が吹くと花びらがハラハラと舞い落ちて、、、
なんてきれいなんでしょう。

新宿御苑16-3

苑内はとっても広いですが、どこに行っても桜の花が美しく咲いていました。
絵になる景色がいっぱいです。

新宿御苑16-4

並んで待っただけのことはありました。

千駄ヶ谷門の方まで歩きました。
いつも中央線の電車の窓から眺めていた桜色の海。
いつか来たいなぁ、、、って思っていたけれど、やっと来れた。

桜色に包まれて、とても良い気持ちです。
皆も幸せそう、、、

新宿御苑16-5

新宿駅の喧騒のすぐ近くにこんな素敵な場所があることの素晴らしさを、改めて認識させられました。
しかも、入場料はたったの200円。
いつでも気軽に来られるはずなのに、意外とそんなに訪れない。
もったいないね。

これからは、もっとたくさん訪れたいなぁ。
そう思いながら帰りました。


花展の花: いけばな協会展2016

いけ協2016

今年もいけばな協会展に参加しました。
同じ先生に通うOさんと一緒です。

いけ協2016 O

ちなみに、Oさんの作品はこちらです。
ステキでしょ?

お花は同じものを使っていないのですが、お互いにエンジ色っぽい色合いを意識しています。
2人とも銅製の花器を使いましたから。

私の場合は、インドから持ち帰った銅製のカレー鍋を3つ組み合わせて使ってみました。
「お鍋を使ってる、、、」って、結構皆さんに面白がって頂けたみたいです。

私たちの展示は、2日と3日の2日間だけでした。

昨日と今日は、私の先生の作品が展示されています。
花展は3交代制で7日(月)までやっていますので、よろしかったら是非いらしてください。

花展への参加は楽しいのですが、準備や手直しや片付けなどが大変です。
終わったら、どっと疲れが、、、、、

でも、会場は春の花がいっぱい!
早く本格的な春が来て欲しいです。


イケバナ展!

今、新宿高島屋で小原流東京支部の花展をやっています。

支部展2014

昨日まで展示されていた、私の今年の作品です。

花器は金属(多分、銅)でできていて、素敵なんですがちょっと変わっています。
ペッタンコで厚みがありません。
しかも、挿し口は1cmほどの小さな穴がいくつか開いているだけ。

そこで、2つの花器を組み合わせて、後に落としを置いて花を生けています。
シンプルですが、結構気に入ってました。

花展は14日(火)までやっていますので、よろしかったら見にいらしてください。


今年もまた『いけばな協会展』

いけ協2014

今年も『いけばな協会展』が3月5日から、高島屋新宿店で開催しています。

昨年はUさんと一緒でしたが、今年はOさんと参加しました。

『いけばな協会展』はいろいろな流派の方たちが参加するので、様々な違った花を見ることができます。
2日間ずつ1次、2次、3次と作品が入れ替わります。

私たちは5日~6日の第1次だったので、昨日終わってホッとしました。

今年の作品は、こんな感じでした。
右が私のです。

Oさんの作品は、3段の重箱に春の花をいけたもの。

外はまだまだ寒かったですが、一足早い春の訪れ!

花展に参加するのは実際とても大変なのですが、それでも友人との参加はとっても楽しい!!!
終わってみると、やっぱり参加して良かったなぁ、、、って思えます。

早く本当の春が来ないかなぁ。

『いけばな協会展』は、10日までやっています。


新宿御苑: 冬の花

しつこいようですが、新宿御苑の花をもう少し。

温室の外は、真冬でした。
当然ながら花はあまり咲いていません。

それでも苑内を廻ってみると、素敵な花に出会えます。


ペーパーホワイト

『ペーパーホワイト』という名の水仙です。
新宿御苑にはたくさん植えられています。
まだほんの咲き始めといった感じでしたが、時期になると、一面真っ白に花が咲きます。

普通の日本水仙は真ん中が黄色いのに対し、この『ペーパーホワイト』は中まで真っ白。
とても清楚な美しさです。
少し寂しげだけど、なんとも素敵!


子福桜

『子福桜』がまだ咲いていました。
真っ青な空を背景に見上げると、可愛らしいピンク色が引き立って、素晴らしく綺麗です。

冬に咲く桜は他にもありますが、十月桜の花はもう枯れかけていました。
この子福桜もそろそろ終わりのようです。


ミツマタ

『ミツマタ』の花は、まだ蕾でした。
あと一息で咲きそうです。

そういえば、私が初めてミツマタの花を見たのは、新宿御苑のこの木でした。
枝が三つに分かれているので、『ミツマタ』って言うそうです。
確かに三つに枝分かれしています。

その形状がが面白いので、晒した枝を生け花ではよく使います。
でも、花を生けたことはまだ一度もありません。


ツワブキ

『ツワブキ』が花盛りでした。
この場所は太陽の光が燦々と降り注ぐので、大きく育って立派な花が咲いていました。
大木の幹越しに眺めた景色がちょっと面白かったので、撮ってみました。

冬の公園を散策するのも良いものです。


大温室の花: ラン

新宿御苑の大温室の花!
ランです。


温室のラン1

このラン、鎌首をあげて威嚇するカマキリみたいだと思いませんか?

そんな風に思うのは、私だけ?


温室のラン2

これも、変なランの花。
全然美しくありません。
でも、不思議と目が惹きつけられてしまいます。
見ればみるほど変な形のランです。

もちろん大温室の中には、カトレアとかデンファレとか、綺麗な色をした美しいランも咲いています。
でも、それほどたくさんではありません。こちらに少し、あちらに少し、、、といった感じ。

神代植物園には「ランの部屋」があって、たくさんのランを見ることができます。
他にも「ベコニアの部屋」もあるし。

それに比べると、新宿御苑の温室はちょっと寂しいかもしれません。


大温室の花: オニバスとベニゲンペイカズラ

東京は今日大雪が降りました。
調布は、朝ゴミだしの時はみぞれまじりの雨だったのに、すぐに雪に変わって、あっという間にボタン雪に。
しかも、見てる間にどんどん積もって、もうビックリ!!!

でも、昼過ぎには小雨になっていました。

高速道路が通行止めになったり、電車や飛行機も運行見合わせになったり、、、大騒ぎですね。

そんな中、雪に関係なく大温室の花の続き。


オニバス

オニバスの花が咲いていました!
「鬼蓮」って書くのでしょうね。
大温室の真ん中にある池の主役で、この温室の目玉の一つなんだと思います。

オオオニバスの葉は直径2メートルぐらいになるとのことだけど、ここのはせいぜい60センチぐらい。

花は、蓮というよりスイレンの花のようです。オニバスは、スイレンの仲間なのかなぁ?


ベニゲンペイカズラ

冬だからなのか、それとも出来たての温室だからなのか、あまりたくさん花が咲いているわけではありません。

その中で花盛りだったのが、この「ベニゲンペイカズラ」でした。
シソ科の植物だそうですが、なかなかいい感じの花でした。
ちょっと控えめの赤い色で、鈴なりに咲いているのにうるさくなくて素敵です。

日本人受けする花かも。


大温室の花: 紅白!

新宿御苑の大温室で目立っていた花です。
赤と白の花を咲かせる木が、道を挟んで両側にありました。


紅白1

まずは紅!

光を浴びて真っ赤に輝いていました。
すごく綺麗!!!


紅白2

そして、白!

紅ほど派手ではないけれど、とても上品な美しさです。

名前を確認するのを忘れてしまったのですが、フワフワとした頬紅筆のような姿はネムノキの仲間ですね。
「ベニゴウカン」と「ギンゴウカン」なのでしょうか?
でも、蕾の形がちょっと違うような気もします。

熱帯にはネムノキの仲間がたくさんあると言いますからね。
今度行ったとき、正しい名前を確かめて来ようと思います。

それにしても、美しくて魅力的!!!


新宿御苑の大温室

新宿御苑の大温室が新しくなって再オープン!
ブログ友達のhさんからそう教えてもらったので、さっそく行ってきました。


新宿大温室1

何もかも、できたてのピカピカ!!
明るい室内に、植えられたばかりといった風情の木々たち。

ちょっとまだ落ち着かない感じかな?


新宿大温室2

でも、美しいアレンジに感心しました。
時が経てば、きっと素敵に落ち着くのでしょうね。

天井も高いし、気持ちのよい空間です。


新宿大温室3

よく工夫された順路に沿って進んでいくと、いつの間にか頭上の橋へと導かれ、先ほどいた場所を上から眺められたりします。
配された岩山はまだ新し過ぎてちょっとハリボテっぽいけれど、滝の水が下の池に流れ落ちていて、場所によっては滝の裏を通ったり、、、ちょっと探検気分も味わえます。


新宿大温室5

外観は、こんな感じです。
圧倒される大きさのモダンな建物。鏡のように周りの木々を映し出していました。
青空の下、なんだかすごい!

周りの芝生は養生中で、茶色一色。


新宿大温室4

温室を出たところの通路。
両側のガラスがミラー効果を発揮して、とっても不思議な雰囲気です。
まるで、迷宮に迷い込んだような気分。
ピンクのランの花は、温室の内部で咲いている花です。

植物たちは、これからどんな風に成長していくのでしょうか?
楽しみが1つ増えたかも。

X’mas 2012: 新宿モザイク通り & 京王百貨店

新宿モザイク通り!
京王デパートと小田急デパートの間の細い坂道です。


モザイク通り1

金色の光が頭上いっぱいに広がって、、、とってもゴージャス!!!
美しいの一言です。


モザイク通り2

こちらは打って変わって、シルバーの世界!
とても静かな美しさ。

共通してるのは、どちらも限りなくオシャレってことかな。


京王デパートX’mas

そしてこれは、おばさん達に大人気!の京王百貨店のクリスマスディスプレイ。
紅白の飾りと空飛ぶサンタさん!

化粧品売り場に囲まれて、なんだか懐かしいようなステキな飾り付けでした。

でも昨日(26日)、同じところを通ったら、もちろん跡形もなく、きれいさっぱり取り払われていました。ちょっと寂しい、、
もう今年も終わりですね。


X’mas 2012: 新宿サザンテラス

今年はずいぶん頑張って、あちこちのイルミネーションやクリスマスツリーを見にいきました。

クリスマスはもう終わってしまいましたが、撮り貯めた写真を少しずつご紹介したいと思います。

まずは、新宿サザンテラスのイルミネーション!


新宿サザンテラス1
新宿サザンテラス2

ずっと続くテラスですから、かなり見応えがあります。
イチオシの写真を選びきれないので、たくさん載せちゃいます。

お洒落な街のイルミネーションは、とても洗練された美しさです。


新宿サザンテラス4
新宿サザンテラス5
新宿サザンテラス6

歩いていくと、次々に違った情景が楽しめます。

かわいいペンギン達もいました。
JR東日本のビルの前だったと思います。


新宿サザンテラス3

テラスの端の細い遊歩道は、まばゆいばかりの無数の光が散りばめられて、まるで宝石箱をひっくり返したみたい。

誰もが思わず写真を撮りたくなる空間!
うっとりするほど綺麗でした。


新宿サザンテラス7

道に連なるお店の灯りもイルミネーションと一体となって、雰囲気を盛り上げています。

さすが新宿だなぁって、素直に感じたひと時でした。



新宿御苑でピクニック!

まだまだ見て歩いた今年の桜はあるのですが、それはまた後でアップすることにして、昨日(4日)の話題。

4年毎に開かれるイケバナ・インターナショナルの世界大会に合わせて、小原流国際部も海外の会員のためのセミナーを開きます。
それに参加するために、世界中から会員が東京に来るのです。

インドのデリーやムンバイ、シンガポール、オーストラリアのブリスベンの私の友人たちもやって来ました。
なかなか会えない友人に会えるのは、とっても嬉しいことです。

この日は、前々から頼まれていたムンバイの友人Nさんを始めとした仲間8人を連れて、新宿御苑に行きました。


新宿御苑

天気がとても心配だったのですが、幸いなことに雨も上がって日が差して暑いくらいでした。

芝生の上に持参のシートを敷いて、ピクニックを楽しみました。
ほとんどがベジタリアンの彼女たちは、日本での食事はかなり大変。

そこで、自分たちの食べるものを山ほど持って日本に来ます。
それをこの日も持ち寄って、インディアンフードのオンパレードでした。
ああ、なんとも懐かしい香りです。

私も考えた末に、「ゆかり」と「青菜とゴマ」の2種類の味付けご飯で小さな俵型のおむすびを作って、海苔を帯のようにグルリと巻いて、持っていきました。
これなら、彼女たちも食べられるでしょう。
嬉しいことに、おむすびは大好評でした。
お寿司は知っていても、おむすびは初めてだったみたいです。

喜んでもらえて、よかった!


ハンカチの花

残念なことに、八重桜も藤の花も終わっていました。

でも、珍しい「ハンカチの木」の花がまだ咲いていました。
インドの彼女たちも、大喜び。

そっくりそのまま落ちたばかりの花がありました。
咲いている形の花を間近で見るのは、私も初めてでした。
新宿御苑のハンカチの木はとても大きいので、花ははるか頭上で咲いているのですから。

若いインドレディーが、写真を撮るために胸にかざしてくれました。

大きな巨木と、つつじの花と、美しい新緑に感激してくれた彼女たち。
イケバナの仲間ですから、花や植物をこよなく愛する素敵な女性たちです。

でもこの後は、降り出した雨の中、100円ショップやお土産屋さんで買い物をしまくる彼女たちを興味深く眺めながら、ず~と私は待ち続けておりました。


新宿高島屋で花展!

私の所属する「小原流東京支部」の花展が、新宿高島屋11階で今日から始まりました。
私も出品しています。


花展1

大きな作品やモダンな作品など、いろいろなコーナーがあるのですが、今回私が参加しているコーナーは『花宇宙』。

「花で表現する小さな宇宙」ということで、手のひら程の小さな花器の中で、ちっちゃな可愛い植物たちが一丁前に存在を主張している「ミニチュアいけばな」。

まぁ、可愛い!

思わず顔がほころんでしまいそうな、そんな可愛い作品たちが並んでいます。


花展2

ここでちょっと特別公開!
恥ずかしいけど、これ、私の作品です。

あなたは、お花、お好きですか?

よろしかったら、是非会場にいらして下さい。
10月5日(火)までやっています。


空中庭園: 新宿高島屋

空中庭園

新宿高島屋の13階はレストラン・フロアですが、こんなステキな『空中庭園』があるのをご存知ですか?

この庭園に面したレストランにはそれぞれテラス席があって、天気のよい日には草花を眺めながら外でお食事を頂くのも快適です。

レストランで食事をしなくても、庭園は自由に散策できるようになっていますから、買い物の合間にちょこっと緑を楽しむこともできます。
ウッドデッキに緑や水の流れを上手に組み合わせて、こじんまりとしていますが、なかなか心地よい空間になっています。

地下で買ってきたのでしょうか、庭の中に腰掛けてお弁当を食べている人もいました。


空中庭園のお社

片隅には、とっても小さなお社もあります。
なんだか妙に可愛らしい!

ちっちゃな子どもがお母さんと一緒に手を合わせて、お参りしていました。
なんとも微笑ましい光景です。


イチョウの花: 新宿御苑

イチョウの花を初めて見ました!

今まで、どうして気が付かなかったのでしょう?
街路樹などは背が高くて、枝は遥か上の方。
こんなに近くで花を眺める機会が、あまりなかったからでしょうね。



“イチョウの花”(2007.4.26.撮影)

この時期の銀杏(イチョウ)の新芽は、とってもちっちゃいのに形だけは一丁前!
遠くから見ると、枝についたうす緑色の葉がチラチラしていて、とてもイチョウの木とは思えません。
でも、近寄ってみると、、、
ちゃ~あんとイチョウの葉っぱの形!

そんな小さな葉っぱの足元に、何やら小さな‘毛虫’みたいなものがたくさん付いています。
こっ、これが花~!?
イヤだ、びっくり!
ちょっと気持ち悪いなぁ。
でも、この時期にしか見ることはできないのですから、出会えてラッキーでした。