FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

下高井戸 改札前のパン屋さん

昨日、用事があって下高井戸駅で友達と待ち合わせ。
改札前に京王のパン屋さん『ルパ』があるので、そこで会う約束だった。

時間ぴったりに改札から出ると、友人がそこに立っていた。
「あのね、パン屋さんの名前が違うの」
「えっ、そうなの?」

驚いて見ると、あららら、、、『フロマンドール』なんて洒落た名前になっちゃってる。
中の造りは基本的に変わってないけど、看板の色もお洒落なブルーだし、、、

別にどうしても『ルパ』のパンが食べたかった訳ではないし、わかりやすくて便利ってだけだったので、もちろん迷わず中に。

パンを選んでいたら、、、
「あれれ、、、これってサンジェルマンのパンじゃない!?」
私のお気に入りのパンがあった。
「じゃあ、ここってサンジェルマン系なのかしら?」
「でも、京王線の改札口の目の前だし、、、」
「でも、世田谷線って東急だから、東急系のパン屋さんがあってもおかしくないんじゃない?」
などと言いながら、おいしくパンを食べたのでした。

家に帰ってからインターネットで調べてみたら、、、
やっぱり『フロマンドール』ってサンジェルマンがやってるカフェ付きのパン屋さんでした。
サンジェルマンって、名前が違ういろいろなカフェ&ベーカリーをやってるんですね。
ちょっとびっくり!

それにしても、『ルパ』はどうして下高井戸から撤退しちゃったのかなぁ?
京王稲田堤駅前の『ルパ』はまだ健在だけどね。

京王ファンの私としては、なんだかちょっと寂しいなぁ。
京王、頑張れ!!!
スポンサーサイト

藤の花 2011 (Ⅱ)

今年の藤の花をもう少し。

先日歩いた緑道でも、藤の花に出会いました。


緑道の藤1
(烏山川緑道にて)

緑道沿いのお宅の藤の花です。

1階から立ち上がった藤が、2階のベランダで素敵に咲いていました。

藤棚じゃなくてもこんな風に仕立てると、とってもお洒落!
なんともいい感じです。


緑道の藤3
(烏山川緑道にて)

こちらは、緑道内の藤棚の花。

あまりたくさん咲いていなくて雰囲気がイマイチだったので、下から見上げてアップで撮ってみました。
少し暗すぎますね。

実を言うと、この頃はまだ「露出補正」をする知恵がありませんでした。


緑道の藤2
(北沢川緑道にて)

ちょっとクタビレて侘しげなアパートの塀で見事に咲いていた藤の花です。
その対比が際立っていました。

藤は一生懸命咲いている感じでしたが、それがかえって悲しげに見えました。

せめて、ペンキの剥げた窓の庇(ひさし)だけでもちゃんと塗り直してくれたら、、、
なぁ~んて、余計なお世話!でしょうかね。



緑道の花たち

4月に緑道で見つけた春の花たちです。ちょっと季節はずれではありますが。

花1
(北沢川緑道にて)
まだ開ききらないハナミズキの花。花びらに見えるものは実は総苞で、その間からチラリと見えている緑のものが花序です。
クルリンとした形がとても可愛い!


花2
(北沢川緑道にて)
真っ白で大きな花はとっても可憐!
桜かとも思いましたが、どうも違うみたいです。
何の花でしょう?
ちょうど見頃で、輝くように咲いていました。


花3
(北沢川緑道にて)
花ではありませんが、とってもユーモラスな小さなカエルのオブジェがありました。
思わずニンマリしてしまうような可愛さです。
跳びたいのに、跳べないカエルですね。
ちょっと可哀そうかな。


花4
(北沢川緑道にて)
群れて咲くぺんぺん草。正式名はナズナです。
春の七草の一つでもあります。

なかなかよい雰囲気に咲いていました。


花5
(北沢川緑道にて)
緑のモミジに咲く真っ赤な花です。
とっても小さいけど、結構目立っています。


花6
(烏山川緑道にて)
こちらは赤モミジの花。
近寄って見ないと、ちょっと見落としてしまうかもしれません。


花7
(烏山川緑道にて)
珍しい緑の桜が満開でした。
ギョイコウ(御衣黄)かとも思いましたが、ウコン(鬱金)桜だと思います。


花8

緑の桜が満開に咲いていた木です。
桜らしくないけど、とってもキレイ!!!

結構大きな木でした。


緑道散歩: 烏山川緑道

「北沢川緑道」との合流地点から、今度は「烏山川緑道」を遡ることにしました。
これも前から気になっていた緑道です。


烏山川緑道1

「北沢川緑道」以上に整備されて、花壇の花も美しく配置され、小学生の描いた絵も飾られていました。
民家とマンションの間を抜ける緑道は、世田谷の住宅地にしっくりと馴染んでお洒落です。

でも、ちょっと造られ過ぎた印象も受けてしまいます。

遠くに見えるオレンジ色のビルは、三軒茶屋のキャロットタワーです。


烏山川緑道2

少し先に進むと道の端をせせらぎが流れている、、、はずでしたが、震災後の節電のために「せせらぎ」や噴水の水は止められて干上がっていました。
仕方ありませんよね。

代わりに花の終わった桜の木や、まだ咲き残っている木など、豊かな美しい緑が目を楽しませてくれていました。


烏山川緑道3

さらに進むと、どこまでも続くまっすぐな道!
ここでも両脇の新緑がとてもキレイでした。

お掃除も行き届いた緑道は、確かに気持ちの良いものです。


烏山川緑道4

緩やかにカーブした車道に沿った緑道は、少し広めの歩道といった感じです。

最近植えられたらしい木々はまだ若く、大木はあまり見られません。
木が途切れたところが花壇になっていて、チューリップを始めとした春の花々が美しく咲き乱れていました。


烏山川緑道5

緑道は、三軒茶屋近くで茶沢通りを横切ります。
お店がいっぱい。三軒茶屋銀座は、繁華な商店街です。

ふと横に目をやると、、、

巨大なゴリラが目に飛び込んできました。
あれは、一体何!?

大きな手のひらに清楚な乙女をそっと載せちゃったりして。

面白~い!!!

それでも、先に進みます。
緑道はさらに住宅街を抜け、環七の大通りに出ると、そこは東急世田谷線の「若林」駅です。
この日の緑道散歩はここで終わりにすることにしました。

「烏山川緑道」はさらに続き、東急世田谷線「宮の坂」駅脇を抜け、さらに先では京王線「八幡山」の近くで環八の大通りと出会います。

またの機会に、是非この区間も歩いてみたいと思っています。



北沢川緑道の終点

「北沢川緑道」の終点は?

緑道終点1
左:烏山川緑道   右:北沢川緑道

それは、ここです。

川を暗渠にした緑道ですから、当然どこかの川に続いています。
ここは、北沢川と烏山川の合流地点です。
だから、もちろん「北沢川緑道」と「烏山川緑道」もここで交わるというわけです。

実に面白い眺めですね。


緑道終点2

反対側の景色です。
二つの川が合流してそそぐ先は、なんと「目黒川」です。

「目黒川緑道」などという名前があるのかどうかわかりませんが、この先も川の上の道は続き、もう少し進むと池尻大橋に辿り着くはずです。そこから先は暗渠ではなく、中目黒・目黒を通る川の両岸に桜並木が延々と続く人気の花見スポットです。

先日満開の桜の下を友人たちと中目黒から池尻大橋まで歩いたことは、このブログにも書きました。
この先をもう少し歩いていけば、北沢川から目黒川まで通して歩いたことになったのですが、この日はここで折り返して「烏山川緑道」を行くことにしました。

歩けなかった目黒川の区間は、そのうちまた日を改めて池尻大橋まで歩いてみたいと思っています。



緑道散歩 : 北沢川緑道

もう1か月も前のことになりますが、4月下旬に友人のTさんを誘って北沢川緑道を散歩しました。
前々から気になっていた緑道です。


北沢川緑道1

京王線「下高井戸」で東急世田谷線に乗り換えて「山下」駅の近くから北沢川緑道を歩き始めました。
「山下」駅は小田急線「豪徳寺」駅に接続しています。

緑道は、この辺では住宅の間を抜ける狭い道で、両側の民家の生活感いっぱいです。


北沢川緑道2

どんどん歩いていくと、小田急線「梅ヶ丘」駅の脇を通ります。駅近くにある「羽根木公園」がチラッと垣間見えたりもします。

小田急線のガードをくぐって更に先に進むと、道幅も広くなり、今までとはかなり雰囲気が変わります。
整備された緑道にはところどころに花壇が配置され、いろいろな花が咲いていました。
芝桜の花がとてもきれいでした。


北沢川緑道3

更に進んで環七の大通りを越えると、緑道の雰囲気は一変します。
せせらぎが道の脇を流れ、その水辺を豊かな緑がしっとりとした趣きを添えています。

すでに花が散ってしまっていましたが、ソメイヨシノの桜並木が続いています。
満開の頃には、さぞ素敵な散歩道でしょうねぇ。


北沢川緑道4

この辺りが、北沢川緑道の中で一番素敵な景色かもしれません。

来年のお花見は、この緑道に来ようかなぁ。

そんなことを考えながら、お腹が空いてきたのでお昼を食べることにしました。
ちょうどこの近くには、パンバイキングの『パン焼き人』があります。
前にこのブログで紹介したことのあるお店ですが、今日もそこでランチにしました。
やっぱりパンがとっても美味しくて、大満足でした。

ところが、お店の人が「5月末で閉店することになりました」とおっしゃるではありませんか。
ビックリしました。
もうあのパンは食べられない。そう思うと残念です。


北沢川緑道5

お腹がいっぱいになったので、気を取り直して緑道に戻って先に進みます。

ちょうど八重桜の花が満開で、とても綺麗でした。
濃いピンクや薄いピンク、、、
木によって花の色はいろいろで、楽しめます。


北沢川緑道6

道の脇に可愛いレリーフを飾った塀がありました。
水色の壁を並んで泳ぐ魚たちです。

ここ、代沢小学校の塀です。
色とりどりの可愛い魚たちは、代沢小の生徒たちの力作だそうです。
思わずニッコリしてしまいました。


北沢川緑道7

さらに進むと、またまた雰囲気は変わります。
この辺では、せせらぎというより水路のような感じです。
流れの周辺の植物たちも、まだ育ちきっていないみたいです。

写真のところは、道の真ん中を水が流れていますが、もう少し進んでいくと、道に面した家の前を流れていて、それぞれの家の入口に小さな橋があったりして、それもまたちょっと素敵な眺めでした。

昔北沢川だったところを暗渠にしてできた緑道は、ゆったりと蛇行しながらずっと続いていて、場所による景色の変化も楽しめて、、、

緑道散歩はやっぱり面白い!!!

さて、北沢川緑道の終点はどんなところだと思いますか?
それは、この次に。



えーっ、あんなところに電車が!?

いやぁ、本当にビックリしました。

ある日のこと、「下高井戸」から東急世田谷線に乗って窓から外を見ていました。
そしたら、、、


電車1

こんな光景が目に飛び込んで来たんです。

「え~~っ、ビルの壁になんで電車が~~!?」
目を疑いましたが、電車に乗っていたのであっという間に通り過ぎて、次の「松原駅」に着きました。

あれは幻だったのかしら?
いやいや、絶対本当に見えた!

その後気になって仕方ないので、思い切って見に行くことにしました。

下高井戸の駅から線路沿いに歩いていきました。
そろそろ松原駅に着いちゃうけど、、、と少し心配になってきましたが、
あっ、あった!!!!!


電車2

やっぱり本当でした!

近寄って見ましたが、なんて面白いんでしょう。
あはは、こんなことを考えた人は一体誰なんだろう?
見れば見るほど愉快です。

どうやらここ、マンションみたいですよねぇ。
ということは、大家さんが鉄道好きな人なのでしょうか?


電車3

角を曲がってみたら、、、あれっ、ここにも2階に電車が載っています。
よく見ると、行き先は「新宿駅」になっていました。

「スペース U ハイム」
なかなかお洒落なマンションです。


電車4

駐車場には、何気なくこんな物が置いてありました。
特急「つばめ号」に使われたSLの車輪!

大家さんはかなりのマニアに違いありません。


電車5

反対側から見た2階の新宿駅行き列車。
説明によれば、「日本国有鉄道時代に全国で活躍した「車掌車」。1987年JRに分割後は姿を消したJNR最後の記念物」だそうです。

傍らには、手動の腕木式信号機と引込線用の矢羽根式信号機まであります。
とにかくスゴイ!!!


すっかり感心して帰宅してからインターネットで調べてみたら、ここは賃貸マンションでした。
2DKで11万円ほど。ワンルームは7万円のもありました。
明大や日大の学生さんにお勧めとか。

いいなぁ。
私は鉄道マニアじゃないけれど、こんなマンションに住めたら、きっと毎日がなんだかとっても楽しいでしょうねぇ!



東京カベナント教会


“東京カベナント教会”

『東京カベナント教会』を探しに行ってみました。
クネクネと入り組んだ道を辿って行くと、静かな住宅街の真ん中に突然デーンとある教会でした。
正面のステンドグラスの大きな窓が印象的な建物です。

そもそもは、やっぱりサクラ散歩のときでした。
「日大通り」の美しい桜を眺めながら歩いていると、とっても気になったことがありました。
道端の電柱に巻きつけられた、「カベナント教会」と大きく書かれた看板です。
道の両側に続く電柱のほとんどに、大きな文字の「カベナント教会」の看板!

とっても目立っていて、妙に気になりました。
だって、名前が変でしょう!?
それに、、、今まで聞いたこともない名前です。

「カベナント教会って何? この辺では有名なの?」
「さあ、聞いたことない」
近くに住むTさんも知らないみたい。
「一体どこにあるのかなぁ?」

家に帰っても、頭のどこかで「カベナント教会」の文字が踊っていました。
今日歩いた道を確認するつもりで地図を見ていたら、見つけました!
「日大通り」からちょっと離れたところにあります。

またまた好奇心がムクムクと大きくなって、どんな教会なのか見てみたくなりました。
それで、探しに出かけたというわけです。

やっと見つけた「東京カベナント教会」です。
ふ~ん、こんな教会だったのかぁ!!
思ったよりステキな建物でした。

だからどうってわけでもないのですが、でも気が済んだって感じです。


ふらりと入りたくなるお店: 南蛮屋 樹(いつき) 下高井戸店

サクラ散歩の途中に見つけた、もう1つのお店です。

 『南蛮屋 樹(いつき) 下高井戸店』

コーヒー豆を売っている、コーヒー屋さんです。
「小さな贅沢を売る店」なんだそうです。



“南蛮屋 樹 下高井戸店”

本当のことをいうと私は紅茶党で、コーヒーはちょっと苦手です。コーヒーの香りは大好きですが、飲むと気持ちが悪くなったりします。
ですから、コーヒー豆を売るお店とは無縁なはずなのですが、、、

この店先を見た途端、思わずフラフラと中に入りたくなってしまいました。
ちょっとレトロで、オシャレな雰囲気がステキでしょ?
しかも、店内はこざっぱりと整って、心地よい感じです。
こういう雰囲気に、どうも弱いんですよね。



“店内①”


“店内②”

店内は、こんな感じです。
昔懐かしいガラス瓶がずらりと並んで、ちょっと駄菓子屋さんみたい。
ガラス瓶の中には、もちろんコーヒー豆が入っています。

コーヒーカップなどのちょっとシャレた陶器類や、サイフォンなどの器具も売っていますが、棚やテーブルにステキに飾ってあって、好感がもてます。

「お好きなコーヒーを一杯サービスしています。いかがですか?」
とても感じのよい若いお兄さんが、そう言って勧めてくれました。

とても魅力的ではありましたが、ついさっきランチのコーヒーを飲んだばかりです。
私は、続けて2杯もコーヒーを飲むことはとてもできません。
残念でしたが、この次来たときにご馳走していただくことにしました。

でも、『南蛮屋』ってどこかで見たような気がするなぁ。
「下高井戸店」というからには、どこかに本店があるってことよねぇ。

そう思いながら帰宅して、インターネットでホームページを見たら、
あららら、、、本店は私の住む「調布」にありました!
どこかで見たような気がしたわけです。
「布田駅」寄りの旧甲州街道に面して本店があって、何度もその前を通ったことがありました。

確かにお店の雰囲気は似ているようですが、本店にはふらりと入ってみたくなったことは一度もありません。
お店の規模はずっと大きくて、逆にちょっと入りにくい雰囲気です。
店先の感じが違うかもしれません。
不思議ですよね。
ちょっとした違いで、雰囲気も変わってしまうのですから。

でも、そのうち勇気を出して、本店にも行ってみるつもりです。
ハーブティーや紅茶もいろいろ売っていて、地下はギャラリーになっているそうですから、、、

屋根の上で鯛が跳ねてる「たい焼き屋」: “たつみや”

サクラ散歩で下高井戸を歩いたときに見つけたお店です。
「たい焼き」の“たつみや”



“たい焼きのたつみや”

とっても小さなお店です。
下高井戸商店街の「日大通り」と「郵便局通り」が交差する角の三角地帯にあって、居酒屋“たつみや”の姉妹店。
実はここ、交番の真ん前なんです。

屋根で踊る“たい焼きくん”が、なんともユニークで印象的!
Tさんによれば、「行列のできるたい焼き屋」なんだそうです。
でも、サクラ散歩のこの日は並んでいる人もいなくて、買おうと思えばすぐに買えたのですが、、、
残念ながらお腹いっぱい食べたばかりでしたし、サクラを見に行く前だったのでパスしました。

けれども、屋根の上の“たい焼きくん”がやっぱり気になっちゃって、ついに買いに行ってみました。
土曜日の午後でしたが、、、
あらまあ、Tさんの言ったとおりでした。
写真とは打って変わって、お店の前には行列がずら~り!
ビックリしました。



“たつみやの「たい焼き」”

行列に並んで買った「たい焼き」(1個 110円)です。
おばさんが3人で交代しながら焼いていました。
皮がパリッとしっかり焼けていて、しっぽの先まで「あんこ」が詰まっています。
焼き上がりは、周りにはみ出した皮が薄いおせんべいのように付いています。
それをハサミでチョキチョキと、形を整えて包んでくれました。
手が焼けどしそうなくらい熱々でした。

家に持ち帰って、写真を撮ってから食べました。
なかなか美味しかったです。
並んだ甲斐がありました。

でもね、お店の脇でムシャムシャ食べている人たちがいっぱいでした。
そりゃあきっと、もっと美味しいでしょうねぇ!!
この次は、私も絶対そうします!



サクラ 2008 ①: 日大通り

3月27日(木)、この日はよいお天気で、お花見日和。

『トニーノ』でお腹がいっぱいになったので、元気いっぱいに出発しました。
今日の予定は、下高井戸→桜上水→上北沢と、桜の名所を廻るつもりです。

まずは『下高井戸駅』南の商店街を抜け、右に曲がって、通称『日大通り』を目指します。



“日大通りの桜並木”

道の両側は、学校の敷地。
桜が見事に咲きそろって、とってもきれいです!
「大さくら祭り」の巨大なピンクの横断幕と、ずらりと並んだピンクの提灯がちょっと気になりますが、それもまあ、仕方ないかもしれません。



“日大文理学部正門前”

『日大通り』の名前の由来の『日大文理学部』です。
門の両側の桜も、今が見頃!
いかにも学校といった感じに、端正な佇まいを見せていました。

かなり長い通りですが、ずっと桜並木が続いています。
美しい景色ですが、人通りもそれほど多くなくて、ぶらぶらと歩きながら好きなだけ桜の花を楽しむことができました。


ビックリ美味しいピザ!!: 『トニーノ(TONINO)』

今年も桜が咲きました!!
しかもあっと言う間に満開に、、、この分では、すぐに散ってしまいそう。
早く見に行かなくちゃ! 気持ちばかりが焦ります。

そこで、下高井戸でTさんと待ち合わせ。
勇んで桜見物に出かけます。

でも、その前に、、、「腹が減っては戦(いくさ)が出来ない!」
まずは、腹ごしらえのランチです。



“イタリアン・レストラン『トニーノ(TONINO)』”

「ピザがとっても美味しいの!」
そう言ってTさんが連れていってくれたのは、、、
駅前の『トニーノ(TONINO)』
京王線と世田谷線の線路に挟まれた三角地帯にあります。



“『トニーノ』店内”

内も外も、清潔感溢れる白さが眩しいばかりに輝いて、とってもステキな感じです。
う~ん、いいなぁ、ここ! 気に入った!



“ランチセットB”

この日頼んだのは、“ランチセットB”(1,890円)。
スパゲッティかピザ、各3種類から選べます。両方頼んで、二人でシェアすることにしました。
本日のデザートは、「レモン・タルト」です。

前菜も、スパゲッティも、タルトも、とっても美味しかったけれど、何と言ってもピザが最高!
おしゃべりしながら、何の気なしに口に入れたら、、、、、
「んっ! 美味し~い!!!」 
他で食べた覚えのない美味しさでした。
一瞬、おしゃべりも忘れたほどです。
いやぁ、すご~く気に入りました!



“石釜&お姉さん&トニーノさん”

カメラを向けたら、気軽にポーズを取ってくださいました。
そんなところも、いいですね。



“棚のディスプレイ”

入口の棚の飾りつけもとてもオシャレ!
さり気なく置いた名刺も、クルクルと見事な螺旋(らせん)を描いていました。
この名刺、実は写真のお姉さんがやったのですって。
「へぇぇぇっ、すご~い!」
私たちの感嘆の声に、お姉さんはニッコリしながら目の前で名刺を揃え、器用にクルクルと作ってみせてくれました。



“名刺の置き方にも一工夫!”

ほら、ねっ!? 置き方一つで、こんなにステキでしょ?

美味しくて、オシャレなイタリアン・レストラン!!
お勧めですよ。

心も、お腹も大満足でした。
さて、サクラ見物に行かなくっちゃ!!