FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

お花見弁当 2019

今年の桜は、ずいぶん長く咲いていましたね。
お陰で、あちこちのお花見を楽しむことができました。

4月2日(火)、NさんとTさんと3人でお花見に行きました。
「あまり歩かないお花見を」ということだったので、考えた末に「多摩モノレール」→よみうりランドで「ゴンドラ」→「大観覧車」!
車窓からのお花見です。

高幡不動駅からNさんと多摩モノレールに乗り込み、上北台駅を目指します。
立川南駅でTさんが合流。
終点の上北台駅で折り返して、今度は多摩センター駅に。
沿線の桜を車窓から高みの見物です。
柴崎体育館駅の近くには根川緑道の桜並木。泉体育館駅には体育館周辺の桜のトンネル。
都心に比べて寒いのか、まだ桜の見頃になっていなかったのがちょっと残念でした。

多摩センター駅で京王線に乗り換えて、京王よみうりランド駅に。
ゴンドラで、山の上を目指します。

ブDSC03545

ゴンドラから見下ろす桜の花です。

ブDSC03548

毎年眺めているのですが、やはりとても素晴らしい!

ブDSC03554

途中で人気のジェットコースター『バンディット』の線路を潜ります。
見ているだけで、ちょっとドキドキしてきます。

ブDSC03556

今年も嬉しいことに、Nさんが美味しいお花見弁当を作ってくれました!
「腹が減っては戦ができない」 早速お弁当をパクつきます。

美味しそうでしょ、お花見弁当!?
別に、ポテトサラダとドラえもんの顔が付いた茹で卵も付いていました。

ブDSC03559

桜の花を眺めながら美味しいお弁当を食べて、、、、、
時おり桜の花びらがヒラヒラとお弁当の中に舞い落ちたりして、、、
とっても風流。

Tさんが飲み物担当で、私がおやつ担当。
とっても美味しかった~! ご馳走様でした。

ブDSC03565

ランチの後は、大観覧車に乗りました。

空からの眺め!

とても楽しいお花見ができました。

スポンサーサイト

イルミネーションの季節 2018-2019 : よみうりランド

この冬も、「よみうりランド」に行ってきました。

ブDSC03357

大観覧車のトップから見下ろす眺めは、本当に美しい!

ブDSC03340

この日は、ほぼ満月で、まん丸な月が、趣きに花を添えていました。

ブDSC03354

ブDSC03360

どこから撮っても絵になる眺め!

ブDSC03347

長いトンネルの中のイルミネーション。

渦巻きになったり、、、、、

ブDSC03349

星空になったり、、、、、

刻一刻と変化していました。

ブDSC03365

2月17日(日)までやっています。

噴水ショーも今年はなかなかの迫力でしたし、機会があれば是非一度いらしてみてください。


よみうりランドのサクラ 2018

東京の今年のソメイヨシノ桜散策の最終版です。

3月30日(金)にはよみうりランドに桜を見に行きました。

ブDSC02440

よみうりランドの大観覧車!

これに乗って見下す眺めは、お花見に欠かせません。

ブDSC02446

「京王よみうりランド」駅からは、ゴンドラに乗って丘の上まで行きます。

ゴンドラからの景色も圧巻ですよ。
私は、毎年桜の季節と冬のイルミネーションの時期に、このゴンドラに乗って景色を楽しみます。

ブDSC02448

この日、桜のピークは既に過ぎていて、ちょっとがっかり。

もう少し早く来れば良かったと思いましたが、、、それでも、十分楽しめました。

ブDSC02455

大観覧車から見下ろす眺め。

「バンディット」という大人気のジェットコースターの線路の描く形が花のようで、とっても印象的です。
乗客たちの絶叫が、断続的に園内に響いておりました。

ブDSC02464

こちらは、小さな子どもたちが乗るカラフルな汽車ポッポ。
お菓子の国を抜けて、のんびり走る、、、ほのぼのと楽しそうでした。


ブDSC02477

平日だけど、春休みなので、、、家族連れなどで結構な賑わいでした。

よみうりランドのキャラクター「ランドドッグのグッド」もなんとなく嬉しそう。

ブDSC02479

何回も行っていますが、、、、遊園地はいつ行っても、やっぱり楽しくてワクワクします。

いつもだとメリーゴーランドなどの乗り物に乗っちゃうんだけど、この日は夫と一緒で彼が乗りたがらなかったので、大観覧車だけで我慢しました。

その代わり、帰りに隣りにある『丘の湯』という温泉に寄りました。
露天風呂から満開の桜を楽しめる、と聞いていたけど、、、
もう桜の花はかなり散ってしまっていて、残念でした。
それに女湯からは、評判ほど桜は見えませんでしたしね。
お湯はなかなか良かったし、入浴料650円はかなりお得かも。

ここの食堂は桜の木々にぐるりと囲まれていて、大きな窓からよく見えます。
この日、桜は既に見頃を過ぎてしまっていましたが。

来年こそは、、、満開の頃に来たいです。

雨のジュエルミネーション in よみうりランド

ジュエルミネーション2017-1

雨が降ったり止んだりしていましたが、、、
友人のNさんに付き合ってもらって、「よみうりランド」の『ジュエルミネーション』を見に行きました。

久しぶりだったのですが、、、
やっぱりとっても綺麗で、素敵でした。

大観覧車から眺めるジュエルミネーション!

窓いっぱいの雨粒の隙間から撮る写真は、なかなかうまくいきません。
まっ、これが精一杯かなぁ?

ジュエルミネーション2017-2

噴水ショーが始まる前の静かなひと時。

この後始まったショーはなかなかの見ごたえで、期待以上に素晴らしかった!
以前に比べてかなり進化したみたいで、傘を差しながらの鑑賞でしたけど、すごく楽しめました。

前に見たときは割と単調だったので、あまり期待していなかったのが良かったのかもしれません。

ジュエルミネーション2017-3

到着したときはまだ明るくて、こんな感じでした。
あっという間に暗くなり、、、灯りは美しく煌めいて素敵に幻想的になったけど、、、
園内はアップダウンが結構きつくて、しかも雨が断続的に強く降るので、足元は濡れて滑りやすい!

イルミネーションを見ながら、傘を差して、滑らぬように、転ばぬように気を付けて、、、
なかなか大変でしたが、メチャメチャ楽しいひと時でした。

絶叫型の乗り物の多い中、もう若いとは言えない2人はおとなし系の乗り物を探して、、、
結局、メリーゴーランドに2回も乗りました。
幾つになっても、メリーゴーランドって夢があって楽しいよねぇ。

そういえば、2年前に、ニューヨークのセントラルパークでも乗ったっけ。
すごく古めかしいクラシカルな馬だったなぁ!
とても楽しかった思い出です。

他には、グルグル回る飛行機にも乗りました。
座席の前にあるレバーを上げると飛行機は上へ。下げると下に下がったりして、思った以上に楽しい乗り物でした。
3歳から乗れる乗り物でしたけどね。

雨だから人出は確かに少ないけれど、それは園内が広いからでもあって、、、
あちこちで、楽しんでいる人たちは結構いました。
目抜き通りを歩いていくと、射的を楽しむ人たちが、、、
行列ができるほどではないのだけれど、入れ替わり立ち代わり誰かがやっていました。
そんな雰囲気も、なんとなくいい感じです。

途中で讃岐うどんを食べて、、、別のところで生ビールを飲んで、、、
「雨だけど割と暖かいね」などと話しながら、2度目のメリーゴーランドを乗りに戻ったら、、、

「太陽の広場」でアートマッピングとかいう光と影絵を組み合わせた劇をやっていて、傘を差して立ったまま鑑賞。
ちょっと子ども騙しみたいでしたが、身体や手を使う影絵がとっても上手で、思わず引き込まれ、、、
2人で存分に楽しんじゃいました。

帰りの下りのゴンドラから眺めた街の夜景も素晴らしかった!

12月末までの株主優待のチケットで行ったので、食事代以外はタダ。
だから、余計に楽しかったのかな!?

ジュエルミネーションは、2月14日のバレンタインデーまでやってます。


イルミネーション2015: 『よみうりランド』

京王線沿線のイルミネーションにも行きました。

まずは、『よみうりランド』の“ジュエルミネーション”!
世界的に活躍している照明デザイナーの石井幹子さんのプロデュースです。
最近とっても人気があります。
広告にも力を入れているようで、訪れる人が年々増加中。
今年はなんと400万球で、都内最大級だとか。

よみうりランド15-1

乗り物で一番人気は、文句なく「BANDIT」!
高低差が半端じゃない、巨大なジェットコースターです。
入口には、いつも順番待ちの長い行列が続いています。

でも私は、できたら乗りたくないですけど、、、

よみうりランド15-5

こちらは、子ども用ジェットコースターの「ワンディット」!
フフ、、、バンディットを意識したネーミングですね。
よみうりランドのゆるキャラ「ランドドッグ」が先頭の車両にいます。

子ども用といっても、なかなか馬鹿にできないスリルがありますよ。

よみうりランド15-2

大観覧車も大人気です。
もちろん、私たちも乗りました。

よみうりランド15-3

上から眺めるイルミネーションはとっても素晴らしい!
いろいろな形のイルミネーションがはっきり見られて面白いです。

よみうりランド15-4

大観覧車から眺めるよみうりランドの全景。
今年のイルミネーションは、7つの宝石色が輝いています。
美しいですね。

夏に賑わうプールでは、午後4時から噴水ショーが始まります。
光と音楽に合わせた水のダンス!
プログラムは2種類あって、15分置きに交代に演じられています。
『時の栖』の噴水ショーに比べれば少し迫力に欠けますが、優雅に美しくて素敵でした。

このジュエルミネーションは2月14日までやっています。
機会があれば、是非いらしゃってください。
いらっしゃる際は、是非京王相模原線の「京王よみうりランド」駅からゴンドラで。
ゴンドラから眺めるよみうりランドの夜景は、この時期それはそれは美しくて必見です!

サクラ 2015 : よみうりランド!

東京では、もうサクラの季節は終わってしまいました。

今年のサクラは、咲きそうになってからなかなか咲かなかったのに、いざ咲いたと思ったらあっという間に満開になって、気がついたらもう散っていた、、、という感じでした。
楽しめたのは、ホントに短い間でしたね。


よみうりランド4

今年は、よみうりランドに2回も行きました。
「京王よみうりランド」の駅からゴンドラに乗ると、サクラの中の空中散歩が楽しめます。


よみうりランド3

よみうりランドは山の上にあって、一面のサクラに覆われています。
上から見ると、ため息が出るほどキレイです。

時間がなかったら、入園料を払わなくても、ゴンドラで往復すれば、空から眺める素敵なサクラを気軽に堪能することができちゃいます。

ジェットコースターのレールの間を通り抜けながらサクラを眺めるのは、とっても楽しい時間です。
ちなみに、ゴンドラは往復500円。片道なら300円です。


よみうりランド2

サクラのピンクに覆われた遊園地は、いつもよりウキウキと楽しそう!

山の上なので風が強いことが多くて、あまり風が強くなるとゴンドラは止まってしまいます。
今年2度目に行ったときは、帰ろうと思ったらゴンドラが止まっていました。 ガ~ン!

バスでも帰れますが、待っている間に駅に辿り着けそうだったので歩いて下りました。
「巨人の道」を下ります。
急な階段もありますが、美しいサクラの下を辿っていけば、あっという間に駅に着きますよ。


よみうりランド1

よみうりランド一帯のサクラ! とても素晴らしい眺めです。

ジュエルミネーション 2012

昨年とても感激したので、「よみうりランド」の『ジュエルミネーション』に今年も行ってきました。

ジュエルミネーション1

やっぱりとってもキレイです!

ジュエルミネーション2

あっちを見ても、、、こっちを見ても、、、

あまりにも美しくて、感激です。

昼間は珍しく穏やかで暖かい日だったのに、よみうりランドのある山の上はさすがに風が強くて寒い。
しかも、暗くなるにつれてどんどん気温が下がってきて、ますます寒くなるばかり。


ジュエルミネーション3

ここに来たら、やっぱり大観覧車に乗らなくちゃ!

観覧車から見下ろした眺めです。

すご~く素晴らしいのだけど、観覧車の中も冷たい風が吹き抜けて思わず震えてしまいました。
風の音もビュービューと、ちょっと怖いくらい。

でも遠くには、新宿周辺の灯りが美しく煌めいていました。


ジュエルミネーション4

せっかく来たのですから、今年もメリーゴーランドに乗りました。

童心に戻って馬の背にゆったり揺られるひと時は、なかなか素敵な体験です。


ジュエルミネーション5

大満足のジュエルミネーション!

また来年ね。


さくら2012: よみうりランド

2月始めウォーキング中に酷く捻挫した左足を、情けないことにまたまた痛めてしまいました。2月のときほど酷くないのですが、それでもやっぱり歩けません。

しばらくは家でおとなしくしてるしかないようで、当分ぶらぶら歩きも無理かもしれません。こんなに繰り返すようでは、よほど注意して気を付けないとダメですね。

というわけで、時季外れではありますが、今年の桜の続きです。

4月12日(木)、よみうりランドの桜を見に行きました。


よみうりランドの桜1

「京王よみうりランド」駅からは、ゴンドラに乗ってよみうりランドに行くことができます。
このゴンドラからの眺めが、実に素晴らしい!

途中で桜を見下ろしながら、ジェットコースターのコースの間を通ります。
なんともエキサイティングな体験です。


よみうりランドの桜2

ゴーカートのコース越しに、一面に咲く桜とホワイト・キャニオンとかいう乗り物を眺めます。
これも、ゴンドラから見る景色です。

上から眺める遊園地と桜の海の組み合わせはここならではの景色で、思わずワクワクしてしまいます。


よみうりランドの桜3

よみうりランドは山の上にある遊園地。
この時期、山全体が桜の花で覆われて、それはそれは綺麗です。

ゴンドラから眺める遠景も圧倒されるほど美しく、言葉もなく見とれてしまいます。
初めてじゃないのに、見る度に「すごい!」と改めて思います。

来年もまた、見に来たい!


ジュエルミネーション: よみうりランド

「よみうりランド」でやっている『ジュエルミネーション』を見に行ってきました。

予想以上にとっても綺麗でした。


ジュエルミネーション1

とても寒い日で、歩いていてもどんどん身体が冷えていくのがわかります。
冷え性の私には、かなり辛い!


ジュエルミネーション2

それでも、そんなことを忘れてしまうほど美しいイルミネーション!
『ジュエルミネーション』という名前は、「ジュエル」と「イルミネーション」を合わせたもの。
「宝石を散りばめたように美しい」という意味なのでしょう。


ジュエルミネーション3

大観覧車の上から眺めた景色です。

園内いっぱいに溢れる魅力的な光の輝きは、世界的に有名な照明デザイナーの石井幹子さんのプロデュースによるものです。
なんて綺麗なんでしょう!!!
息を呑むほどです。

都心の灯りの帯も、遥かかなたに広がっていました。


ジュエルミネーション4

冬の平日の夜だというのに、たくさんの人が来ていました。

色とりどりの光に包まれながら、いろんな乗り物に並んで乗って楽しみました。
暗い中では思いの外に怖い思いもしたりして、とっても面白いひと時でした。


ジュエルミネーション5

いっぱい遊んだので、お腹が空きました。
輝く光で飾られた『ジュエリーボックスレストラン』は、セルフサービスのお店です。
長い列に並んで待って、「黒ハヤシライス」を注文しました。
あまり期待していませんでしたが、これがなかなかの美味しさでした。

ぐるりとガラス張りの大きな窓に囲まれて、園内の素敵なイルミネーションを楽しみながら食事ができます。
幻想的で綺麗な眺め!


ジュエルミネーション6

最後に、レストランの目の前にあるメリーゴーランドに乗りました。

前に乗ったのは、一体いつのことだったかしら?
思い出すこともできないくらい昔のことだけど、暗いから全然恥ずかしくないので無邪気に楽しんでしまいました。

楽しい思い出とともに、大満足で家路に着きました。

よみうりランドの『ジュエルミネーション』!

1月9日(月)までは毎日、その後は3月11日(日)まで金・土・日・祝日にやっているそうです。

楽しめますよ。



サクラ 2008 ⑪: ゴンドラからのお花見!

どうしても諦め切れなかったので、またまた『よみうりランド』のゴンドラを乗りに行きました。
嬉しいことに、この日はちゃんと動いていました。



“ゴンドラから見る景色”(2008.4.3.撮影)

ゴンドラからの眺めです。
桜がいっぱい!!
やっと見ることができました。
とっても感激です。



“ゴンドラから見下ろす桜”(2008.4.3.撮影)

ほらねっ、素晴らしいでしょう!?
あっちもこっちも、見渡す限りの美しい桜です。
話には聞いていたけれど、これほどだとは思いませんでした。

諦めないで来た甲斐がありました!



“『よみうりランド』の桜の眺め”(2008.4.3.撮影)

『よみうりランド』の山全体が、桜で覆われているようです。
とにかくおススメですよ、ここ。
機会があったら、是非一度いらしてください。

来年は、大観覧車から桜を眺めてみたいものです。


サクラ 2008 ⑧: 『巨人への道』の向こうには、、、

3月31日(月) 晴れ

『よみうりランド』は、桜の名所でもあります。
ゴンドラから、その桜を見てみたい!
そう思って、勇んで出かけていきました。



“『よみうりランド駅』のホームから眺める景色”

『よみうりランド駅』のホームから目の前に見える景色です。
満開の桜がとてもキレイ!
ウフフッ、期待が高まります。

急ぎ足でゴンドラのりばに向かいました。
ところが、、、

「強風のため、ゴンドラ運休中」の貼り紙が!
えーっ、うそでしょ!?
風なんかそんなに強くないじゃない!

でも、頭上の停止したゴンドラは、確かにかなり揺れています。
上空は風が強いようです。
諦めきれない思いです。



“見上げる『巨人への道』”

目の前には、『巨人への道』の入口から急な階段がずーっと続いています。
う~ん、どうしよう!?
この階段、すごく急だなぁ、、、
一体どこまで続いているんだろう?
まっ、いいか。行けるところまで行ってみようかな。

というわけで、とっても急な階段を上っていきました。



“桜の下を続く階段”

満開の桜の下を、階段はどこまでも続いています。
美しい花を見上げては、また階段を上ります。
いつも6階までエレベーターを使わずに階段を上り下りしている私でも、結構大変でした。
おまけに、上るにつれて、吹き上げる風が信じられないくらい強くなっていきます。
なるほど、これではゴンドラを運行できないはずです。



“階段の頂上”

やっと頂上に辿り着きました!!
石の上の『巨人への道』の大きな文字が迎えてくれました。
向こうには、スタジアムの壁に“GIANTS”の文字も見えます。

ヤレヤレ、、、
でも、風がメチャクチャ強くって、うっかりしてたら飛ばされてしまいそうです。
うー、、、寒い!

ヨロヨロと進んでいくと、、、
目の前に、すご~い景色が!!!!




“目を奪う景色!”

ほら、ほら、ほらっ、なんてキレイなんでしょう!?
白、黄、ピンク、、、息を呑む美しさです。

頑張った甲斐がありましたね。


梅の寺『妙覚寺』!

先日訪れたとき、まだ咲いていなかった『妙覚寺』の梅。
あれから1週間余りが過ぎて、東京でも梅満開の便りが聞かれるようになりました。

いくらなんでも、もう咲いたのでは、、、
そう思って、先週の土曜日(3月8日)、再び『妙覚寺』を尋ねてみました。



“妙覚寺の境内で咲く梅の花”

京王よみうりランド駅から、今日は線路下の自転車置き場を通り抜けていきました。

よかったぁ~!!
見上げる『妙覚寺』の山は、梅の花がとてもキレイに咲いています。
踊る心で急な階段を上っていくと、境内の梅は見頃でした。
甘い香りが辺り一面に漂って、なんとも幸せな気分です。




“階段脇の不動明王と古筆塚”

裏山に上る階段脇に、おっかない顔をした不動明王がデーンと身構えていました。
その後には“古筆塚”!
遠くに梅の花も見渡せます。



“階段下の観音像”

階段の反対側には、端正な顔立ちの観音像が静かに立っていらっしゃいました。
凛としたその佇まいに、思わず心の中で手を合わせます。
階段を上っていくと、途中にいくつか菩薩像があって、その愉快な姿勢に心が和みました。

山の頂上には、お墓を背に鐘楼があります。
ここ『妙覚寺』は、かの文豪 井上靖が参拝の折に、
「春寒し 観音の寺 梅の寺」と詠んだのだとか。
ふ~ん、そんなに有名なお寺だったのか。



“山の上から見下ろす景色”

山の上から見下ろした景色です。
梅の花の間から、よみうりランドの山を見通せて、なかなかの景色!

階段を下って、再び境内をぶらぶらしながら裏門へ。
裏門を出たところには、白梅の林!
木の下で、家族連れがのんびりとお弁当を広げていました。

駅に近い“梅の寺”は手軽に花を楽しめて、この時期の散歩におススメです。


ちょこっと空中散歩

『ありがた山』を後にして駅に向かう途中、ふと思い立って『よみうりランド』行きのゴンドラに乗ることにしました。
京王よみうりランド駅の改札口を出ると、目の前に山が迫っています。
『よみうりランド』はこの山の上。「スカイシャトル」というゴンドラで行けるのです。



“「スカイシャトル」ゴンドラに乗って”

片道200円、往復400円です。
土曜日でしたが、まだ時間が早かったせいか乗る人はあまりいません。
8人乗りのゴンドラを独り占め!
ゆらり、ゆらりといい気分です。



“ゴンドラから見下ろす景色”

始めは、稲城の街並みが眼下に広がります。
続いて、巨人軍のグラウンド。
そして、よみうりランドの様々なアトラクションが見えてきました。
10分間の空中散歩は、期待以上の楽しさです。

時間がなかったので、終点で降りずにそのまま駅に戻りました。
ちょっとした空中散歩!
こんなに手軽に楽しめて、たったの400円!!
気に入りました。
上空から見るよみうりランドは別世界!
とっても楽しそうです。
今度、ゆっくり来てみようっと。

ふと見ると、北側斜面に先日降った雪がまだ残っています。
ずいぶん前に降ったのに、、、寒いのですね。
『妙覚寺』の梅の花がまだ咲いていないのも当然なのかも。
妙に納得してしまいました。


『ありがた山』

昨日の午前中は暖かくて、本当にいいお天気。
『ありがた山』に行きました。



“「ありがた山」の墓石群”

いやぁ、壮観でしょう!?

本当は、『妙覚寺』で梅の花を見るのが目的でした。
『妙覚寺』は、京王よみうりランドの駅から歩いて2分のところにあります。
ところが、勇んで行ってみたら、まだまだ固い蕾ばかりで咲いていません。
早咲きのピンクの梅は、すでに盛りを過ぎていましたし。
う~ん、これはもう一度来るしかないなあ。

そう思いながら、『妙覚寺』の脇の坂道を上って『ありがた山』を目指します。
『妙覚寺』の墓地の上り坂の急なことといったら、、、
やっと上り切ったところで見上げる景色!!
大小4千体あまりの地蔵、観音、墓石などがびっしりと山の上まで並べられています。
その迫力に圧倒されてしまいました。

昭和の初期(15~18年頃)に都心(駒込または小石川?)のお寺の無縁仏を、ここに移して供養したとか。
信者たちが荷車で一体一体運んできて、「ありがたや」「ありがたや」と唱えたことから『ありがた山』という名が付いたそうです。
古い墓石や菩薩像に、思わず神妙な気持ちになって手を合わせました。



“「ありがた山」から見下ろす景色”

振り返ると、墓地の向こうに稲城市の街並みが広がっています。
すぐ近くを京王線の電車が走っていきました。