FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

南大沢の桜並木 2011

4月14日(木)、お天気も良かったし、風邪もなんとか回復してきたようだったので、南大沢に桜を見に行きました。
今日行かないと、きっと散ってしまう。


南大沢1

南大沢の駅の北側には、「三井アウトレットパーク」があります。
その手前を左に曲がると、桜並木の遊歩道がずっと続いています。


南大沢2

花びらがハラハラと頭や肩に降りかかり、それはそれは綺麗です。
歩いても歩いてもピンクの並木は延々と続いて、、、すっかり嬉しくなりました。
思い切って出かけて来て、本当によかった!


南大沢3
“みどりやま公園”

途中、公園がありました。「みどりやま公園」です。
満開のソメイヨシノと枝垂桜が、仲良く並んで迎えてくれました。
日陰のベンチに腰かけて、桜の花を眺めながら持参のおにぎりを食べました。
どこからともなくネコちゃんが現れて甘えた声でエサを催促されたのですが、
「ごめんね。あげられるものが何もないなぁ」


南大沢4

お昼を食べて、元気百倍!
さらに先に進みます。

道の脇を流れるせせらぎの上にも、桜の花びらがいっぱい浮かんでいました。


南大沢5

もちろん路上も、ピンクの絨毯を敷き詰めたかのようです。
風が吹くと、花吹雪がキラキラと輝きながら流れるように舞い散って、なんとも美しい光景でした。
頭上も足元も、そして前後左右も、、、どこもかしこも桜色!


南大沢7
“うずまき公園”

「うずまき公園」は、すり鉢状のへこみの中に石で渦巻模様を描いた、ちょっと変わった公園です。
桜の下で、小さな子どもを連れたお母さん達がお花見をしていました。
子どもが走り回って、、とっても楽しそうでした。


南大沢6
“わきみず公園”

さらに進むと、今度は「わきみず公園」がありました。
ここでも、子供連れのお母さんたちがあちこちでお花見しながらのんびりご飯を食べていました。

限りなく続く桜並木に、のんびりできる素敵な公園。
いいなぁ。この辺の人たちはなんて幸せなんでしょう。



スポンサーサイト

多摩の紅葉②:長池公園・見附橋

11/17(金)
Oさんのお勧めの場所がもう1ヵ所!
長池公園とその周辺です。

長池公園の上を通る道は、とってもステキな雰囲気をもつ大きな広い橋になっています。
そして、この橋の真ん中の古びたプレートには、『四谷見附橋』の文字がありました。
え~っ!? 四谷見附、、、?
「なんでぇ~?」って思いますよね。
実はこの橋、元々は四谷駅のところに架かっていた『旧四谷見附橋』なのです。
交通量の増加に対応するために橋が架け替えられることになったとき、この美しいアーチ型の橋が解体されてしまうのを惜しんで、ここに移設・復元されたそうです。
現在の名前は『長池見附橋』というのですが、橋の由来を示して『四谷見附橋』のプレートがあるのだとか。
ビックリでしょ?
この橋の由来などについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください。

橋は長池公園の北端に架かっているのですが、どちら側の景色も“素晴らしい”の一言です。
橋の下には、橋の美しい姿を映す『姿池』が南北に延びています。アーチ型の橋に似合うように、幾何学的なデザインの楕円形の池です。



“橋の北側の景色”          ※写真はどれもクリックすると大きくなります

南側には、『姿池』の遥か向こうにも自然の池が見え、所々紅葉した深い森が続いています。
橋の上から眺めると、とにかく広大な景色!!



“橋の南側の景色”

橋の北側の公園脇にはオシャレな白い館が建っています。これはなんと、結婚式場だそうです。


“結婚式場の白い建物”

時々、結婚式を終えたばかりという幸せいっぱいのカップルが橋の上で記念撮影をしているとか。でも残念ながら、この日はそうした場面に出会えませんでした。
「夜になるとライトアップされて、それはそれはキレイなのよ!」とOさんが教えてくれました。

橋と公園と白亜の殿堂!!
まるで、ヨーロッパにでもいるような気分!

その後通った道沿いの銀杏並木もすっかり色づいて、本当にキレイでした。ちょっと車を止めてもらって、写真を撮りました。
秋ですね。



“南大沢の銀杏並木”