FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

小山内裏公園の山桜 2011

4月14日(木)の続きです。

小山内裏公園には山桜がたくさんあります。
駐車場の脇から坂道を登って、戦車道路に出ました。


山桜1

その昔戦車の試運転をしたという戦車道路は、さすがにとっても広くて立派です。
その道に沿って大きな山桜の木が並んでいて、ちょうど今が見頃でした。

左側のフェンスの向こうは自然保護のためのサンクチュアリーになっていて、立ち入り禁止です。
その中で咲いている白い花は、まだ散りきらない辛夷(こぶし)の花です。


山桜2

それにしても、広々としたこの公園は、いつ来てもあまり人がいません。
今日はそれでも、たくさん出会った方かもしれません。

大きな木、広い道、人のいない静けさ、、、
ここの自然は、とっても大きく感じます。


山桜3

山桜の花は、ソメイヨシノや枝垂桜に比べるとかなり控えめで地味です。
少し赤茶けた葉っぱと一緒に、小ぶりの白っぽい花が遠慮がちに咲いている感じです。
でもそれが、何とも言えず良い風情を醸し出していて、これもまた好きです。

遠くから見ると、ほんわりとした綿みたいです。
それともぼやっとした雲かなぁ。


山桜4

満開に咲いた山桜の花に近寄って見ると、とても綺麗です。

山桜5

山桜にもいろいろな種類があるのでしょうか?
ほとんどの木がいっぱい花を咲かせている中で、まだまだ固い蕾を付けた木々もありました。
やっと少し開花したばかり。
見頃はまだまだ先のようです。

この公園、山桜の美しさを長~く楽しめます。

南大沢のソメイヨシノの桜並木と小山内裏公園の山桜!
一日で、全く違った桜の美しさを堪能できて、とっても幸せでした。


スポンサーサイト

小山内裏公園: 『大田切池』の春

南大沢の桜並木をまっすぐにどこまでも歩いていくと、いつの間にか小山内裏公園の中に入っています。

大田切池1

すぐ目の前に大田切池があります。
2006年の紅葉の時期に一度来たことがあります。(そのときの記事はこちら

立ち枯れの杉の木が林立して、とても印象的な池の景色です。
でも、これはこの池が自然にできたものではなく、人工的に谷戸を堰き止めて作られたことを示す証拠です。

向こう岸に桜が美しく咲いていました。満開です。
日差しを浴びて、今日の大田切池はとても明るい表情でした。


大田切池2

ふと見ると、水面から突き出た杭の上で、カメさんが危なっかしい格好で甲羅干しをしていました。
春の日差しは暖かくて、きっとウトウト夢心地なのでしょうね。



サクラ2009③:“戦車道”の山桜(小山内裏公園)

東京の桜は、もうすっかり散ってしまいましたね。
本当にあっという間です。
今は、八重桜があちこちで咲き始めています。

今年は、あまりサクラを追いかけられませんでした。
それでも、少しはお花見に出かけましたので、遅ればせながらアップします。


小山内裏公園の桜(1)

4月7日(火)、小山内裏公園の『戦車道路』の桜を見に行きました。多摩境駅からすぐ、急な山道の階段を登ります。
登りきると、尾根伝いに続く広い道に出ます。

この道はかつて『戦車道路』と呼ばれていました。
第二次世界大戦の末期に、相模原陸軍造兵廠で造られた戦車の性能をテストしたり、操縦訓練をするための道路でした。

この道に沿って桜並木が続いています。
でも、ここの桜はソメイヨシノはほとんどなくて、山桜ばかりです。
山桜はソメイヨシノと違って、葉が出てから花が咲きます。
ソメイヨシノに比べると華やかな派手さはありませんが、風情ある美しさです。
残念ながら、花の見頃にはまだちょっと早すぎたようです。


小山内裏公園の桜(2)

近寄ってみると、葉っぱに縁取られた淡い色の花が青い空に映えて、とってもステキです。
控えめな美しさですねぇ。

広い戦車道路をのんびりお散歩しながら高い木を見上げていたら、首が痛くなってしまいました。


小山内裏公園の桜(3)

戦車のための道だと思うと、なんだかちょっと変な気がします。
でも今は、広い道に歩く人もまばらで、もちろん車も通りません。
誰にも邪魔されずに、真ん中をズンズン進んでいきました。

う~ん、とってもいい気持!!


紅葉あっちこっち: 小山内裏公園

12/5(火)
Nさんにお願いして、前から気になっていた『小山内裏(おやまだいり)公園』に一緒に行ってもらいました。
京王多摩境(たまさかい)駅のすぐ近くにあります。
地図で見るととても大きな公園で、京王線の線路と多摩ニュータウン通りもこの公園の下を走っています。
一体どんな風になっているのか、とても興味がありました。

駅から地上に出ると、高層住宅があって、、、他には何もありません。
駅前の商店街どころか、お店1つ見当たらない!
駐輪場があって、周り中道路とだだっ広い空間が広がっているだけで、ほとんど人も見かけません。
「なんか、予想と違うなぁ、、、」



“小山内裏トンネル”

公園は、広い幹線道路“多摩ニュータウン通り”が突き抜ける“小山内裏トンネル”の2つの巨大かまぼこ型トンネルに跨(またが)ったような具合です。
写真で見ると、トンネルが目玉で、公園の木々は頭の髪の毛みたいに見えますね。

階段を上っていくと、広~い道路!
これが『戦車道路』で、東西に広がる公園の端から端まで尾根に沿って続いています。



“戦車道路”

第二次世界大戦の末期、陸軍造兵廠(ぞうへいしょう)で組み立てられた戦車の試運転と走行訓練に使われた道路なんですって。
驚きますね!
たから、こんなに広いのですねえ。
もちろん公園の中ですから、車なんか通っていません。
真ん中を気ままにブラブラ歩きながら、広~い道を独り占め!?
きちんと舗装されていますが、これは、多摩ニュータウン造成のための土砂を運ぶために舗装整備されたとか。
公園周辺は、未だに開発の最中のようです。

尾根道から降りた公園北側には、平らな低地が広がり、整備された一画がありました。
お花畑の代わりになぜか野菜畑があって、おじさんが農作業をしていました。
そこに、近所の保育園の園児たちが先生に連れられて登場! 公園の中をお散歩です。
お手々つないで、、、可愛いですねえ。
小さい子大好きなNさんは目を輝かせて、思わずにじり寄っていきます。ウフッ。

モダンで立派な大きな建物は、なんとトイレでした!
「なんか、、、なぁ、、、」



“大田切池”

池があります。『大田切池(おおたぎりいけ)』です。大田川の切れるところにある『大田切谷戸(おおたぎりやと)』から由来する名前のようです。
池の中には、立ち枯れの杉の木がたくさん!
一種独特のステキな雰囲気をかもし出しています。
でもこれは、この池が昔からの自然の池ではないことの証拠でもあるのです。
これまた、周辺のニュータウン造成で、大雨対策として流れをせき止めて作られた池です。昭和60年頃のことだそうです。
そう思ってこの池を眺めると、ちょっと複雑な思いがします。

雑木林の中には、細い遊歩道があります。
ここも黄色の世界でした。
でも、この公園では、自然林の中の遊歩道は思ったよりありません。
広いサンクチュアリーがたくさんあるからです。
サンクチュアリーには、立ち入り禁止です。
つまり、そうやって保護しないと、ここの豊かな自然も消えてしまうということですね。



“雑木林の中の遊歩道”

この公園の印象は、はっきり言って、「とてもアンバランス!」
それは駅周辺の景色にも感じることで、どこかアンバランスで、違和感を覚えます。
宮崎駿のスタジオ・ジブリが作ったアニメ映画『平成ぽんぽこ狸合戦』をどうしても思い出してしまいます。
豊かな多摩丘陵の自然がどんどん開発されてニュータウンが造られていく中で、そこに住む狸たちが、必死で抵抗した話し。
考えさせられてしまいます。
あと10年、20年と経てば、この地域も、“街”と“自然”がしっくりと溶け合うようになるのでしょうか?
でも、、、公園にしても、もうちょっと違った整備の仕方があったのでは?
私の中からそうした気持ちを、どうしても追い出すことができないままでいます。