FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

ちょっと寂しい夏、、、

今年の夏の北軽井沢は、野いちごの実りが例年より遅かったようです。

ブDSC03888

8月初めに、やっと実が付き出しました。

例年だと2人の息子たち家族が交代で訪れて、賑やかで楽しい日々を過ごすのですが、今年は受験やら仕事やらでどちらの家族も北軽井沢滞在を見合わせることになりました。

野いちごの赤い実を見ると、「孫たちがいたらきっと喜んだのに、、、」とちょっぴり寂しく感じます。

ブDSC03893

それでも、せっかく実ったのだから、、、と1人でせっせと野いちご摘みをしました。
いつもだったら、孫たちにせがまれて遠くまで摘みに行くのですが、さすがに1人ではつまらないので行く気になれません。

家の周りで摘んだだけなので、収穫もちょっとだけ。
宝石のように美しい真っ赤な実は、いつ見ても心惹かれます。

摘んだ実で、いつものようにジュースを作りました。
息子たちも2人とも大好きでしたが、どちらの孫もやっぱり大好き!
親子二代の楽しみです。

でも、今年は主役の子ども達がいなくて、ちょっと張り合いがありません。

できたジュースは小さな小さなビンが1つだけ。
家に持ち帰って、お泊りに来たSちゃんが炭酸で割って喜んで飲んでいました。

孫たちの来ない北軽井沢の夏休みは、身体は楽だけれど心が満たされませんでした。

いつまで続けられるかあまり自信はありませんが、さて、来年はどうなりますか?
クタビれるけれど、賑やかで楽しい夏になるといいなぁ!!!

スポンサーサイト



浅間山噴火!

東京があまりにも暑いので、昨日からまた北軽井沢にやって来ました。

で、昨晩10:08に浅間山が噴火!
ちょうどお風呂に入っていたので、全く気が付きませんでしたけど。

でも、今日は朝早くからヘリコプターがブンブンと、うるさく飛び回っています。

警戒レベルがレベル3に引き上げられて、浅間山から半径4キロの区域は「立ち入り禁止」!

ちなみに、我が家は浅間山から8キロくらいのところにあります。
大噴火が起これば、火砕流で埋まってしまうと思います。


トマト三昧の日々

暑~い東京を逃げ出して、また北軽井沢に行ってきました。
今回は、私たち夫婦だけでなく姉のRも一緒でした。

いつもの八百屋で、安売りの箱入りトマトを発見!
姉のRは大のトマト好きなので、即購入することに。

しっかり吟味した上で、小ぶりだけど美味しそうな真っ赤なトマトがぎっしり入った箱に決定。
1箱30個入って、なんと650円! 安~い!!!

食べてみたらとっても甘くて、なんて美味しいの!?
あまりの美味しさに、毎食1人1個、ペロリ!

ずっと食べ続けて、4日目には、あんなにあったトマトが全て無くなってしまいました。
あ~、美味しかったぁ~!

東京に帰って来ても、「トマト、食べた~い!」
ということで買ってきたトマトは、2個280円でした。


はっきりしない天気

ブDSC03886

北軽井沢に来ています。
今月はいろいろと忙しかったので、しばらく来られませんでした。

庭の山アジサイが薄いピンクの花をたくさん咲かせていました。
嬉しいです。

特別に何をするわけではありませんし、私は家事全般を自宅と変わりなくするので、休暇というわけでもありません。
ただ、テレビがないので、その分のんびりできますね。

基本的に鳥とか虫とか雨や風など、自然の音しか聞こえません。
車も人もほとんど通らないし、、、とても静か!

ここにいると、「世界に夫と2人だけ」という気がしてきます。

台風が近づいてきているからなのか、なんだかお天気が目まぐるしく変わっています。
もっとも、ここは標高1100メートルほどあるので、いつだって気まぐれな山の天気なのですけど。

行ったり来たりは結構大変ですが、夫はここをとても気に入っているようで、とにかく来たがります。
長く来られないと不機嫌になっちゃうほどなので、まぁ、少し無理をしてでもなるべく来ようと思っています。

でも、いつまで続けられるかなぁ?


滅多に見られない、、、

ブDSC_2235-2

毎年6月頃の北軽井沢で、うるさいほどに聞こえてくるハルゼミの鳴き声!
「耳を聾する」とはまさにこのことだなぁ~といつも思います。

日差しが強く明るくなると、いっせいに鳴き出して、、、うるさいのなんのって。
日が翳ると、面白いくらいにピタッと静かになります。笑っちゃうくらい。

でもこの蝉、声はすれども姿は見えず!
だから、何年もずっとカエルの鳴き声だとばかり思っていました。
鳴き方がかなり似てるんです。

あるときゴルフ場で、「あっ、またカエルが鳴いてる。うるさいなぁ!」などと思っていたら、、、
「あれは、ハルゼミという蝉ですよ!」とスタッフさんが教えてくれました。
もう、ビックリ!

そして、あるときグリーン上でハルゼミを見ました。
翅が透明でよく見えないので、近づかないと「翅のない変な虫」としか思えません。
まるで裸ん坊みたいです。

滅多に見られないハルゼミですが、先日家の外に止まっていました。近づいても逃げないで、大きな声で鳴いていました。
エゾハルゼミの雄ですね。

実は私、虫が苦手なんです。
でも、滅多に見られないので、好奇心の方が勝って、しばらく観察してしまいました。


見つめ合ったまま、、、、

火曜日から北軽井沢の山荘にきています。

一昨日のこと。
夫が慌てて私を呼びに来ました。
少し離れた角のSさんの家のところに何かいる、、、と言うのです。

音を立てないように、急いでそぉーっと行ってみました。

庭の隅に、確かに何かが動いています。
気付かれないようにそっと家の前まで行くと、、、
ネコよりも大きな茶色の動物が、一心に土を掘り返しています。

「タヌキかな?」
「ハクビシン?」
夫と2人で囁き合いながらもっとよく見えるところまで移動しても、私たちの気配に気がつかないらしく、せっせと土を掘っているではありませんか。

そのうち、ふと顔を上げた動物さん。
私とバッチリ目が合って、、、そのまま固まってしまいました。
その距離、10メートルくらい。

お互いにじーっと目を見つめたまま1~2分!

「やっぱりハクビシンじゃなくて、タヌキだねー」
タヌキと見つめ合いながら、私は夫と小さな声で話していましたけど。

長い見つめ合いの後、タヌキはフッと体の力を抜いて、また土を掘り始めました。
どうやら私のことを、敵ではないと見定めたようでした。

とてもよく太った、可愛い顔をしたタヌキ!

それで、1つわかったことがあります。

道の端に溜まった泥によく掘り返した跡と足跡が付いていることがあって、一体誰の足跡だろうと思っていましたが、、、タヌキだったんですねえ!
そこには、丸々と太ったミミズがいっぱい潜んでいるのですからねぇ。

そして、庭に埋めた生ゴミを夜のうちに掘り返してしまう犯人も、、、きっとタヌキです!

謎が解けてなんだかスッキリしましたが、でも、タヌキって確か夜行性じゃなかったっけ!?




北軽井沢 2019.5.

ブDSC_2165

北軽井沢の山荘に行ってきました。

新緑がとっても美しい季節!

ブDSC_2134

でもね、5月初めは、、、こんな感じでした。

ひと月もしない内に、この変化!!
驚きますね。

ブDSC_2159

我が家の庭でイワカガミが花盛り!
嬉しいことに、すごく増えていました。

良かった。この場所が気に入ったんだね~。

ブDSC_2172

オレンジ色の大きな花の塊!

レンゲツツジも見事な花を咲かせていました。

春ですね。

北軽井沢の紅葉 2018 : 『浅間大滝』と『二度上(にどあげ)峠』

紅葉がとても美しい北軽井沢だったので、紅葉狩りドライブにも行きました。

ブDSC02967

まずは、先日も行った『浅間大滝』!

今回は、期待どおりの紅葉に包まれた大滝でした。

風が吹くと、黄色い落ち葉がパラパラと舞い落ちて、、、、、
日の光にキラキラと輝いて、すごくきれいでした。

その美しさに誘われたのか、滝脇の崖の岩肌にカモシカが現れました。
黒っぽい色だったので、動かないとどこにいるのかなかなか見つけられませんでしたが、突然一気に岩陰まで移動してくれたので、しっかり見えました。
ラッキーだったかな。

ブDSC02980

滝への道の途中の景色。

前回の記事の写真と比べると、違いははっきりです。

ブDSC02962

ついでに、上から見た『魚留の滝』です。
下へ降りる道の改修工事は、まだ終わっていませんでした。

ブDSC02984

紅葉を楽しみながら、『二度上峠』までドライブしました。

展望台からの景色!
浅間山から四阿山へと続く山並みと、手前に広がる紅葉の浅間高原の林がとても良い眺めでした。

この展望台からは、『鼻曲山(はなまがりやま)』への登山道入り口があります。
ちょうどその登山道に独りで入って行く男性がいました。
居合わせた人たちが、口々に「熊が出るよ!気を付けて!」と話しかけると、、、
「熊鈴をちゃんと付けてるから大丈夫!」との答え。
「最近は、熊鈴を付けててもダメだって言うからねぇ」

単独行だったけど、あの人、大丈夫だったかな?

ブDSC02988

さて、道を挟んだ反対側には、銀色の鳥居へと続く急な階段があります。

この階段を上ったところからは、『鼻曲山』と『浅間隠山(あさまかくしやま)』などが間近に見えます。

本当に、山また山なんだなぁ~!


北軽井沢の紅葉 2018

北軽井沢の山荘を閉めに行ってきました。

ブDSC03002

別荘地内は前回とは全く違って、すっかり黄色の世界!

散歩がとっても楽しいです。

ブDSC02999

真っ赤なモミジもところどころに見られます。

華やかで、きれいな眺め!

ブDSC02990

浅間牧場の丘の上から眺める「浅間山」と「黒斑山」。

目前に大きく迫ってきて、とても雄大!

ブDSC02997


同じく浅間牧場の丘から眺めた北側の景色。
一番左に見える山峰は、『四阿山(あずまやさん)』。

北軽井沢は、まさに紅葉真っ盛りでした。

「浅間大滝」と「魚留の滝」 2018

浅間大滝と魚留(うおどめ)の滝は、北軽井沢の近くにあります。
そろそろ紅葉も少し見られるかも、、、と思って久しぶりに訪ねてみました。

ブDSC_1768

道から少し入ったところが意外なほど広くなっていて、駐車場として使われています。

ここで車を降りて歩きます。

右に行けば、浅間大滝。
左を下って行けば、魚留の滝です。
熊川に沿って平坦な、浅間大滝への道の方が歩きやすいです。

「熊出没注意!」の看板に少しビビりながら、自然の中の静かな道を進んでいきます。

ブDSC_1755

途中、少し広くなったところに、5体の仏様が鎮座していらっしゃいます。

ブDSC_1758

程なくして、滝が近づいてきて、、、

川沿いに整備された木道を進み、その奥の太鼓橋を渡ると、、、、、

ブDSC_1763

目の前に、大きな滝がド迫力で現れます。

今回は、今までで一番の水量で、すごい迫力でした。

そのせいなのか、橋の先は立ち入り禁止になっていました。
今までは、河原の岩場を進んで、もっと近くまで行けたのですが。

でも、水嵩が増していて、確かに見るからに危険なので、「立ち入り禁止」も納得です。

ブDSC_1765

木道の入口の岩壁に空洞があって、そこには観音様が安置されていました。

5体の仏様といい、、、昔はきっと難所だったんだろうなぁ。

ブDSC_1771

さて、一方の魚留の滝ですが、、、
下りていく道は、改修工事の真っ最中で、10月31日まで通行止めになっていました。
残念! 近くに行くことはできません。

仕方ないので、藪越しに上から見下ろして写真を撮りました。
下まで下るのは結構大変ですが、この魚留の滝は段々になった滝で、浅間大滝とは全く違った趣きで素晴らしいです。

今回はまだ紅葉が進んでいませんでしたが、10月末に山荘を閉めに行く頃にはきっと紅葉真っ盛りかもしれません。
その際に、是非また訪れてみたいと思います。


万座温泉と嬬恋牧場

先週のことですが、万座温泉に行きました。

ブDSC_1725

ホテルの部屋からの景色。

手前の黒い屋根群は温泉施設。
男女それぞれの大浴場と露天風呂、そして、、、男女の露天風呂の間に混浴の露天風呂が1つありました。

混浴のエリアでは、女性は入浴着を着用。男性は専用のバスタオルを腰に巻かなければいけないとのこと。
そして、水着は禁止!
なんか面倒くさい。
そうまでして、わざわざ混浴の露天風呂なんて、、、なんでだろ?

でもね、結構若い女性が入っていたみたいです。
混浴エリアの扉から出てきた女性が、女性エリアで着ていた入浴着を脱いで両手で絞っているのを見て、なんだか可笑しくなってしまいました。
やっぱり温泉には、本当は裸で入りたいのかしらね?

ブDSC_1720

万座名物、「空吹(からぶき)」です。
時々白い噴煙が立ち上ります。

ブDSC_1744

万座は標高1800メートル。
北軽井沢は1100メートルほどなので、まだ紅葉もさほど進んでいませんでしたが、さすがに万座周辺はすでに紅葉が進んでいました。

往きのドライブは、黄色にすっぽり包まれたような気分。
とてもきれいでした。

この写真、、、左手にはリフトがあり、「紅葉リフト」として稼働していました。
ススキの向こうは、冬にはスキーのゲレンデとなる斜面です。

ブDSC_1740

お勧め散歩コースの「牛池」にも行きました。
ホテルから徒歩5分。

青空を映して静かな美しい池でした。
その昔、湯治場として栄えていた万座温泉に物資を運ぶには、牛に引かせた荷車が頼りだったそうです。
その牛たちをこの池の周りに繋いで、勝手に水を飲ませていた、、、そんなことから「牛池」という名前が付いたとか。

確かに歩いて5分の距離でしたが、急斜面を上り下りする遊歩道は思いの外大変で、高齢の方たちがかなり難儀をしていらっしゃいました。

ブDSC_1748

万座温泉への途中には、「愛妻の鐘」がある嬬恋牧場があります。

「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」イベントをやっている愛妻の丘とは違う場所ですが、ここにも「愛妻の鐘」の下でツーショット写真を撮れる設備があり、ちょっとしたレストハウスと広い駐車場もあります。

ここも「日本愛妻家協会の聖地」なんだそうですよ。

ブDSC_1752

この「愛妻の鐘」周辺からの眺めはとても素晴らしい!
レストハウスはイマイチですが、この眺めを見るために立ち寄る価値は十分あると思います。


秋の気配 2018

ブDSC_1713

先週、北軽井沢に行っていました。

今年の夏は本当に暑くて、普段涼しい北軽井沢でも30度くらいになって、地元の人がビックリしていたくらいでした。

それなのに、いつの間にか夏はどこかに消えてしまったみたいです。

散歩コースにあるホテルの庭では、もう木々がかなり色づいていました。

秋はどんどんやって来ています。
往きに緑だった景色が、帰るときにはうっすらと赤や黄に色づいて、、、

季節の変化は本当に早いです。


青く輝く瑠璃色の実!

ブDSC_1705

北軽井沢のゴルフ場で見つけた青い実の木!

とっても美しい瑠璃色の実でした。

ブDSC_1704

赤い実はよく見かけますが、こんなに美しい青い実って珍しい!
私は初めて見ました。

ネットで調べたら、「サワフタギ」という木だそうです。
漢字で書くと、「沢蓋木」!
沢を覆いつくすように繁茂する様が、まるで蓋をするようなので付いた名前らしいです。

変な名前だけれど、名前に似合わず素晴らしく美しい、青く輝く瑠璃色の実でした。

出会えて、本当に幸せ!!!


夏の思い出 2018

気付いたら、なんと1ヵ月以上も更新をさぼっていました。
自分でもビックリ!

今年の夏休みも、北軽井沢で息子たち一家と過ごしました。

8月上旬は、次男一家と。私の姉のR子も一緒です。
そして、お盆の8月中旬は、長男一家と。

どちらも7人で賑やかでした。

ブDSC_1660

宝石のようにきれいな野いちごを摘んで、、、シロップを作りました。

真っ赤な甘いシロップは、楽しい思い出とともにお家に持ち帰ってもらいました。

ブDSC_1661

早朝からのラジオ体操!
超早起きで元気な姉が先生です。

ブDSC_1665

八ッ場(やんば)ダムの建設現場を見に行きました。
規模がすごい!

道の駅で、「八ッ場ダムカレーパン」を買いました。


ブDSC_1667

浅間牧場の遊歩道をハイキング。
牛さん達に、こんにちは!

ブDSC_1675

さて、長男一家の子ども達は、焚き火と木の枝を組んだお家作り!
もちろん、野いちごは摘みまくって、、、いっぱいシロップができました。
こちらも、お家にお持ち帰りです。

末っ子が風邪を引いて、高熱を出したりしたので、、、
あまり出かけずに、毎日焚き火。でも、そんな非日常がとにかく楽しかったらしい。

どちらも、バーベキューと花火は楽しみました。

ブDSC_1678

私は、とにかく食事作り!
まぁ、毎年のことですが、、、普段が2人だけで呑気に暮らしているので、結構大変です。

合間に、孫たちと散歩をしたり、遊んだり、、、
とっても忙しい日々でした。

姉と一緒の次男たちは朝型で、長男たちは夜型!
両家の生活時間が極端に違うので、それに対応するのがかなり大変でしたけど、、、

でも、すごく楽しい日々でした。

皆が帰ってから、静かな中で片付けなどしながら、数日のんびり休養。

大きなキノコを見つけました。
高さが20センチ、傘の大きさが15センチほどありました。

今年の夏のイベントも、無事に楽しく終わって、、、
ホッとしています。

百円のレタス!

東京の暑さから逃げ出して、数日前から北軽井沢に来ています。

レタスが欲しくていつもの八百屋さんに野菜を買いに行ったら、ばら売りが見つかりません。
お店のお姉さんに尋ねたら、「袋入りだけなんです」との答え。

その袋入りですが、小ぶりのレタスが7個入って、、、なんと百円!
確かにすごく安いけど、いくらなんでもそんなに食べられない!!!

そしたらね、店のお姉さんが言ったんです。
「レタス、取れ過ぎちゃったんですよ。食べるだけ食べて、あとは捨てて下さい」って!

「でもねぇ、都会の人はそれはできないのよ」と私。
何しろ、小さい時から「お百姓さんが汗水垂らして作ってくれたのだから、米粒1つ残してはいけない!」と言われ続けて育ったのですからね。

それでもレタスは欲しかったので、7個百円のレタスを買いました。
「頑張って食べてくださいね!」って、お姉さんからエールを送られましたけど。

玉ねぎも小袋はなかったので、小さめが26個詰まって450円の新玉ねぎの袋を買いました。
見るからにものすご~く美味しそうなのですけれどね。

というわけで、ただ今レタスを毎食モリモリ食べて、、、
豚肉と一緒に、丸ごと10個コトコト煮込んだ甘~い玉ねぎをおやつ代わりに食べたりして、頑張っているところです。

まあ、なんとも贅沢で幸せな悩みです!

1個でも、2個でも、3個でも、、、、、

北軽井沢に行っていました。

行きがけに、雨の中、いつもの八百屋さんに寄りました。

新鮮で美味しそうな野菜がとっても安い!

それなのに、こんな風に書いてある値札があちこちに。
「1個でも、2個でも、3個でも〇円!」

そんなに食べられる自信はないのだけど、やっぱり3つ買ってしまいますよねぇ~。

というわけで、3袋百円の「なめこ」、同じく3袋百円の「三つ葉」!

他にもいろいろあったけど、買い過ぎないようにぐっと我慢しました。

朝取りキャベツやレタスもすっごく大きいし、長ネギだって百円なのにたくさん入ってる!

いつも買い過ぎちゃうので、気を付けなくちゃね。
そう思っていたら、お店のお姉さんに「2本で50円にするので、辛み大根を買いませんか!?」と言われちゃって、、、

う~ん、蕎麦汁に入れて食べるのは知ってるけど、他にどうやって食べたらいいかわからないなぁ~
などと言いながら、やっぱり買ってしまいました。
だって、2本で50円ですよぉ~!

軽く味付けした「なめこ」に辛み大根おろしを載せて食べたら、とても美味しかったです。

「1個でも、2個でも、3個でも〇円!」
私、この言葉に弱いみたいです。


北軽井沢2018

ブDSC_1533

今年も北軽井沢の山荘をオープンしました。
まずゴールデンウィークに、そして先週にも行ってきました。

標高が1100m程あるので、東京と比べるとかなり気温が低いです。
東京ではもう散ってしまったような花が咲いています。
先週は、白い小さな桜の花があちこちで満開でした。
東京では見かけない桜の花です。

私たちも年々歳を重ねて、、、
毎年秋に山荘を閉めるときには「来年も来れるのかなぁ~?」などとちょっと思うようになりました。

だから、オープンするときは、、、「ああ、今年も来ることができたなぁ」と嬉しくなります。
特に何をするでもなく、ただただ自然の中でボンヤリ過ごす静かな時間がとても貴重に思えます。

八百屋さんで、ウド、コゴミ、タラの芽、コシアブラなどを買い込んで、天ぷらをいっぱい!
山菜三昧!!!

口いっぱいに広がる春の香りを楽しんで、、、、、
なかなかの至福のひと時です。

さてさて、いつまで楽しめることでしょう!?
元気な限り、夫婦でせっせと通うつもりです。



山荘を閉めに、、、

先週は、北軽井沢の山荘を閉めに行ってました。

山荘閉め1

今年は雨が多かったせいで、いつもよりキノコが元気よく育っていました。

本当にいろいろな種類のキノコを見つけました。

これは、なんだか美味しそう!
もちろん怖くて食べませんけどネ。

山荘閉め2

北軽井沢は、もうすっかり秋でした。

写っているのは、我が家ではありません!
2軒隣りのMさんのおうち。
白い壁が黄葉の景色に溶け込んで、、、とても素敵に見えました。

山荘閉め3

こちらは、いつもお庭がきれいなSさんのお宅。
庭のモミジがいい感じでした。

山荘閉め4

山荘を閉めるためには、冷蔵庫も空にして電源を切り、、、
5月から半年間楽しませてもらった家ですから、「来年もよろしくね!」の気持ちを込めて隅々まできれいにお掃除します。
今年は特に念入りに、流しの下や引出しの中、雨戸の裏まできれいにしました。

置いておくとひどく黴臭くなってしまうので、布団カバーなどもすべて剥がして、持ち帰ります。
使いかけの食料や調味料なども。
とにかく、冬の間食べ物はいっさい置かないことにしています。
油断すると、いない間にネズミなどの小動物が入り込んで、子育てなどをして住み着いてしまいます。
以前はそんなことが頻繁に起こり、夏に寝ていると天井裏を走る軽やかな足音で目が覚めたりしちゃいました。
神経質なほど注意するようになって、今ではそんなことは全く起こりません。

冬に向けて、水抜きもしなければならないのですが、、、
父のときは全部自分でやっていました。でも、私たちは管理事務所の方にすっかりお任せしています。
11月の初め頃には水抜きをしないと、水道管が凍結して破裂しちゃうのです。

プロパンガスのボンベの面倒も、今ではすべてお店の方が面倒を見てくれるので、随分楽になりました。
以前は電気もすべて切って、ブレーカーを落としていましたが、私が引き継いでから合体型の浄化槽に変えたので、換気扇を一年中入れっぱなしにしなければならず、、、ブレーカーは上げたままにしています。

前に比べればとっても楽になったとはいえ、山荘の維持管理って面倒くさがり屋の私にとっては今でも結構大変です。

というわけで、掃除の合間に気分転換!
村営の火山博物館の駐車場までドライブ。

見上げる浅間山は、もう全体に雪を被って白く輝いていました。

また来年まで、さ・よ・う・な・ら!!!


北軽は、、、、、もう秋!

北軽井沢に行ってきました。
紅葉がずいぶん色づいて、もう秋なんだなぁ~ってつくづく思いました。

北軽秋2017-1

近くのホテル周辺が特にきれいに紅葉していました。
日当たりがいいからかなぁ。

青空を背景に、真っ赤に色づいた葉がとてもきれいです。

北軽秋2017-2

モミジの葉も素敵なグラデーション!

北軽秋2017-3

ちょっと人工的だけど、素敵でしょ?

北軽秋2017-4

近所のSさんのお宅の庭では、リンドウの花が美しく咲いていました。

我が家の庭では、何を植えても全然うまく育ちません。
土がすごく痩せているので、ちょっと肥料や腐葉土を入れたくらいでは全く効果がないようです。

Sさんのお庭では、どうしてあんなにきれいに花が咲くのかしら?
不思議に思って尋ねたことがあります。
良い土を大量に入れたのだそうです。

なるほど~。
土を全取っ替えする程にしないとダメってことね。

今年も今月いっぱいで山荘を閉じるので、使えるのももう少し。
あと2回ぐらい行けるかなぁ?


浅間牧場の牛さん達!

今度は、長男一家と北軽井沢で夏休みを過ごしてきました。

浅間牧場の牛たち

今までは行かなかった遊歩道を先に進んで、、、
浅間牧場の牛さん達に初めて出会いました。

牧場はとても広くて、あちこちの区画で放牧されるので牛さん達にはなかなか出会えないと聞いていましたが、実際に牛さん達に出会えてラッキーでした。

ここのところずっと天気が悪くて2ヵ月ぐらい見ていなかった浅間山も、姿を見せてくれました。

浅間山を背景に、のんびりと草を食む牛さん達!
素敵な眺めです。

北軽1708-1

孫のAちゃんとNちゃんと何度も散歩に行きました。

摘んできた野いちごで甘いシロップを作ったり、、、
いろいろなキノコの写真を撮りに出かけたり、、、

美味しくできた甘酸っぱい野イチゴシロップは、もちろんお土産として家に持ち帰ってもらいました。

北軽1708-2

お散歩の間に、Aちゃんが摘んできた野草の花束!

小さなグラスに入れて、大事に玄関に飾りました。

バーベキューも花火も、たき火も穴掘りや坂道作りも楽しみましたが、、、

どれも楽しい思い出だったようです。