FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

空中庭園: 新宿高島屋

空中庭園

新宿高島屋の13階はレストラン・フロアですが、こんなステキな『空中庭園』があるのをご存知ですか?

この庭園に面したレストランにはそれぞれテラス席があって、天気のよい日には草花を眺めながら外でお食事を頂くのも快適です。

レストランで食事をしなくても、庭園は自由に散策できるようになっていますから、買い物の合間にちょこっと緑を楽しむこともできます。
ウッドデッキに緑や水の流れを上手に組み合わせて、こじんまりとしていますが、なかなか心地よい空間になっています。

地下で買ってきたのでしょうか、庭の中に腰掛けてお弁当を食べている人もいました。


空中庭園のお社

片隅には、とっても小さなお社もあります。
なんだか妙に可愛らしい!

ちっちゃな子どもがお母さんと一緒に手を合わせて、お参りしていました。
なんとも微笑ましい光景です。


スポンサーサイト

水の流れとハナミズキ: 玉川上水緑道(幡ヶ谷→新宿)

昨年3月末に、Nさんが「お花見弁当」を作ってくれたので、Kさんも誘って3人で「玉川上水緑道」のサクラ散歩を楽しみました。(そのときの記事はこちら
「代田橋」から「新宿」を目指して歩き始めたのですが、「幡ヶ谷」を過ぎたところで、急にオペラシティーでお茶を飲みたくなったので「新宿」行きは諦めたのでした。

そこで、友人のTさんを誘って「幡ヶ谷」から玉川上水緑道を「新宿」に向かいました。


玉川上水緑道1
(2009.4.24.撮影)

大きなモニュメントがあって、上から水が流れ落ちていました。
その水は、水路へと流れていきます。
まっすぐに続く水路!
草むらで運動をしている人たちがいました。


玉川上水緑道2

進んで行くと、ハナミズキの並木がありました。
花が美しく咲いていました。
今年の花は、とても見事です。


玉川上水緑道3

新宿のビルを背景に、いかにも都会的な風景です。
新宿まで、もうすぐですね。


玉川上水緑道4

緑道脇のビルの屋上に、面白いものを見つけました。
「富士急ハイランド」のジェットコースターを模った模型(?)です。
妙に可愛らしくて、気に入ってしまいました!
このビル、どうやら「富士急行」の東京本社ビルのようです。

「幡ヶ谷」から「新宿」までは2駅です。
久しぶりに出会ったTさんと楽しくおしゃべりしながら歩いていたら、あっという間でした。

これでやっと「代田橋」から「新宿」まで『玉川上水緑道』を歩き通したことになります。
一年間ずっと気になっていたので、なんだかホッとしました。


『千年の藤』 2009: 国領神社

咲かない藤がある一方で、見事に咲いている藤もあります。

稲城でガッカリしたので、その足で「布田」駅近くの「国領神社」を訪ねました。
甲州街道沿いにある、『千年の藤』で有名な神社です。


千年の藤1
(2009.4.22.撮影)

よかったぁ。ここは、綺麗に咲いていました。
やっぱり藤の花はステキです。


千年の藤2
(2009.4.22.撮影)

辺りを甘い香りが漂って、清々しい気持ちになります。
さっきまでのガッカリも、どこかに消えてしまったようです。

垂れ下がる藤色の花は謎めいて、、、
どうして、これほど心惹かれてしまうのでしょうか?


千年の藤3
(2009.4.22.撮影)

前に来たときの見事さに比べたら、正直言ってちょっと物足りない気もしますが、でも十分見事です。

この『千年の藤』が毎年見事な花を咲かせるのは、関係者の方達が心を込めて世話をしてくださっているからです。
それでも考えてみたら、毎年花の付き具合は違います。
3年前にはあまり咲いていませんでしたし、次の年はそりゃあ見事に咲いていました。
今年は、まあまあというところでしょうか。

さて、来年の花付きはどうかな?


咲かない藤

藤の花が大好き!

どこかで藤棚を見かけると、覚えておくことにしています。
花の季節が来たときに、そのうちいつか訪ねてみようと思うから。

そんなわけで、今年は稲城の公園を訪ねてみることにしました。
前に訪れた『かめさん公園』と『うしさん公園』に、確か藤棚があったはず。(前に訪れたときの記事はこちらこちら




「かめさん公園」の藤棚 (2009.4.22.撮影)

あれあれ、、、なんか変です。
前に来たときは元気いっぱいに見えた藤の木が、今はなんだかみすぼらしい、、、
花なんか一つも咲いていません!
もちろん蕾もありません。
すでに葉っぱも出ているのに、その葉だってショボショボです。


痛々しい藤の幹
(2009.4.22.撮影)

よく見ると、木の幹もひどく傷ついてしまっていました。
なんとも痛々しいこと!

がっかりしながら、「うしさん公園」に向いました。



「うしさん公園」の藤棚 (2009.4.22.撮影)

残念! 
ここもまったく花が咲いていませんでした。蕾もなくて、葉っぱだけ。
葉の勢いは、「かめさん公園」よりは元気そうでしたけど。

藤棚があるからって、ステキな藤の花に出会えるとはかぎりません。
藤の花って、たくさん栄養が必要なようです。
肥料もたっぷり与えて献身的な世話をしなければ、見事な花を毎年咲かせてはくれないのです。

この2つの公園だけでなく、「幡ヶ谷」の玉川上水緑道にある藤棚も見に行きましたが、ぜ~んぜんバツ!
「池の上」の線路脇にある藤棚も、チョボチョボと花が咲いているだけです。

見事に咲いた藤の花は本当に素晴らしいけれど、もしかしたら咲かない藤の方がずっと多いのかもしれません。
ちょっと悲しい話。

藤棚を作ったなら、しっかり世話もして欲しいものです。


しだれ桜の翌日は、、

4月11日(土)

さて、野川沿いのしだれ桜を満喫した次の日は、、、


北軽井沢のホテル1130から望む浅間山

ちょっと用事があって、北軽井沢に行きました。
用事を済ませて泊まった『ホテル軽井沢1130』の窓からは、雪を抱いた浅間山が眼前に大迫力で迫ってきました。

昨日は春爛漫のしだれ桜の下を歩き、今日は雄大な雪山を仰ぎ見ている!
意図したわけではないけれど、なんともまあ贅沢な2日間。

部屋の窓からは、これまた雪を頂いた白根の山々が遠くに見えました。
温泉も最高、食事もなかなかで、思いがけずよい休養が取れました。

浅間山から元気をいっぱいもらって、、、さあ、明日からまた頑張ろう!!!


サクラ2009⑤: 野川の「しだれ桜」並木

昨年の3月29日、お料理上手のNさん手作りの『お花見弁当』に誘われて、「玉川上水緑道」を楽しくお花見散歩したときのことはこのブログにも書きました。(そのときの記事はこちら

幸せなことに、今年もNさんが『お花見弁当』を作ってくれました。
昨年は3人でしたが、今年のお花見散歩仲間は6人に増えました。
もちろん、Nさんが作った『お花見弁当』は6人分です。ウフッ


2009『お花見弁当』
“2009版『お花見弁当』”

4月10日(金)、今年のお花見散歩は、武蔵小金井駅近くの野川沿い。
しだれ桜の並木が川沿いにず~っと続いています。

調布駅北口から「武蔵小金井駅」行き京王バスに乗って「前原町」バス停で降りれば、野川まではすぐです。

まずは、川近くにある先輩Tさん宅で腹ごしらえ。
もちろん、Nさんの『お花見弁当』は今年も目で楽しめるだけでなく、そりゃあ美味しかったです!!
デザートには、とても可愛らしい「イースター和菓子」や、花びらを模った「さくら最中」などなど。
Tさんがみんなに抹茶を入れてくれて、風流で幸せなひと時に大満足でした。

お花見散歩の前にすっかり満足しちゃった感じでしたが、それはやっぱり気を取り直して散歩に出かけました。


野川のしだれ桜(1)

それにしても、野川のしだれ桜の素晴らしさ!
驚きました。
川原に続く遊歩道に下りると、上の道路から垂れ下がるしだれ桜のピンクの花にグルリと囲まれた気がしました。
その花を見上げながら、川に沿って歩いていきます。

この日はお天気もよく、暑いくらいの日でした。


野川のしだれ桜(2)

青空を背景に、ピンクの桜がとてもきれい!!

同じ「野川」といっても、調布の我が家近くの「野川」とは全く違う「野川」です。
この辺りは源流に近いので川幅も狭くて、岸辺の遊歩道の方がずっと広々しています。


野川のしだれ桜(3)

立ち枯れの葦の間を流れる小川は、なかなかいい感じです。

見事なしだれ桜並木は、天神橋辺りから小金井新橋まで続いていました。
その川沿いを歩きながら心行くまで美しい桜を堪能した後は、川を渡って武蔵野公園へ。

ぶらぶらと公園内を歩きながら、植物に詳しいIさんに珍しい植物の名前を教わりました。
いろいろ教えてもらったのですが、なかなか覚えていられません。
でも、ちっちゃな可愛い忘れな草に似た「きゅうり草」の花だけは覚えました。
道端の草も、よく見ると可愛いものが多いですね。

武蔵野公園にはいろいろな種類の桜の木があります。
ソメイヨシノはもう終わってしまっていましたが、まだ咲いていた桜の高い木々の間に座って一休み。
気の置けない仲間たちとのおしゃべりは、心安らぐひと時でした。

さて、来年の『お花見弁当』はどんなかなぁ!?
今から期待してしまう私です。