FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

高尾梅郷: 裏高尾の現実

裏高尾1

これ、なんだと思います?

裏高尾で工事している高速道路『圏央道』の建設途中の橋脚です。
ちょうど旧甲州街道の真上。
写真では迫力が伝わらないかもしれませんが、ものすご~くデッカイ!!!
恐怖を感じるくらいです。

『天神梅林』の梅があまりにも咲いていなかったので、これ以上先に進んでも意味ないんじゃないか、、、とも思ったのですが、でも、「摺差(するさし)」バス亭前にあるお豆腐屋さんの「おからドーナツ」がとても美味しくて人気だと聞いていたので、せめてそのドーナツだけでも買いたい!!
そう思って、もう少し先に行くことにしたのでした。

裏高尾2

でも、進んでいったら、もうビックリ!!
噂には聞いていましたけど、実際に目の当たりにすると、、、言葉を失うとはこんなことだと実感しました。

街道沿いの家並みのすく後にはJR中央線が走っていて、それだけだって住人には大変なことでしょうに、さらにその後には中央高速が走り、車がひっきりなしに通っていくのが見えたりします。
その上さらに、「圏央道」!
すでに北に向かう「あきる野」方面は開通していて、私も夏の間はよく利用させてもらっています。
上を走っていると、下の現状が全然わかりません。

いやあ、本当に大変です。
ちょうどこの辺りがインターチェンジに当たるのですね。

そして今、高尾山をくぐるトンネルに向かって工事が急ピッチで進んでいるってわけです。

完成したら、住んでいる人たちの生活は一体どうなっちゃうのでしょうか?

裏高尾3

道がカーブしているところに、梅林があって花が結構咲いていました。
木の下でお弁当を広げる家族連れもチラホラ。

どうやら『湯の花梅林』の一部のようです。
梅の花は綺麗だけれど、なんだか複雑な気持ちを抱えたまま先に進んで行きました。

裏高尾4

鄙びた雰囲気の家の前の花や木々がとてもいい感じでした。
でも、その背景には威圧感を与えるインターチェンジのカーブした道。

実は、最初の写真はこの先の道で、頭上を見上げて撮ったものです。

裏高尾5

これから高速道路が延びていく側の景色です。
豊かな自然! でも、よく見るとクレーン車がせっせと動いて、自然を破壊していく様が手に取るように見えてきます。

とっても暗い気持ちになって、それでも先に進みました。
目指すお豆腐屋さんに到着しましたが、、、なんと、そこには「おからドーナツ売り切れました」の張り紙が!!!

ますます気分が盛り下がって、今日はもう帰ることにしました。
「この分だと、どうせ先に行っても花はまだ全然咲いていないでしょうし、、、」

3月末頃に、気を取り直してもう一度来よう!

そう思っていたのに、最近はずっと天気が悪かったり、時間がなかったりで、なかなか実現できません。

仕方ありません。
来年またトライすることに致しましょう。


スポンサーサイト

高尾梅郷: 『天神梅林』

天神梅林

「関所梅林」から旧甲州街道に沿ってしばらく歩いていくと左手に小さな橋があって、それを渡った斜面に『高尾天満宮』があります。
斜面いっぱいに梅ノ木が植えられていますが、ほとんどが白梅でまったく花が咲いていません。まだまだ固い蕾ばかりでした。
残念!! 3月末頃にもう一度来るしかないかなぁ。
高尾の奥は、まだまだ寒さが厳しいです。

「高尾天満宮」といっても、斜面の一部に説明書きの立て札が立ち、小さなお社が無造作にあるだけの場所です。
花の咲いていない梅林は、妙に荒涼とした印象でした。

でも、途中の旧甲州街道の道沿いには、花を咲かせた見頃の梅もあって、十分私たちの目を楽しませてくれました。

旧甲州沿い1

道沿いの畑の周りやちょっとした空き地にとても背の低い梅ノ木が植えられていて、きれいな花を咲かせています。

「小さくて可愛いわねぇ」
「なんでこんなに低い木ばかりなのかしらねえ?」

不思議に思いましたが、、、ハッとひらめきました。
「そっかぁ! 実を取るためね!」
「梅干を作るためよね」

なるほどねぇ!
実のなる頃にまた来てみたいものです。

旧甲州沿い2

道沿いのお宅の庭の真ん中で咲き誇る紅梅の木です。
縁側のある日本家屋。
ピンクの華やかな梅ノ木がとても似合っていました。


高尾梅郷: 『関所梅林』

「駒木野公園」から少し戻って旧甲州街道に出ると、『関所梅林』に行くことができます。

関所梅林1

道の脇のちょっと高くなっている公園。
ここは、昔の「小仏関所」の跡です。
黄色い「サンシュユ」の花がちょうど盛りに咲いていました。
よく整備されている公園です。

関所梅林2

はれぇ~、柵のところにこんな看板がありました!

こんな住宅地にイノシシなんかいるんですねぇ。ビックリ!!
まだまだ自然いっぱいということでしょうか?
それとも、周りの自然が開発によって荒らされて、エサがなくなってきているからでしょうか?

関所梅林3

公園はちょっと開けた広場になっています。
その奥で白梅が咲いていました。

空気はひんやりしているものの、ポカポカと日差しが暖かい気持ちのよい日です。
この公園で梅を眺めながらお昼にしました。

今日のお弁当は、府中の京王ストアで買った散らし寿司です。ひな祭りですからね。
最近のお弁当って、すごく安くて驚くことが多いです。
この日の「雛ちらし弁当」も398円と驚きの安さ。でも、結構豪華です。
作り手の身になって考えると、とても申し訳なく感じてしまいます。

散らし寿司を食べ終わった後は、一緒に買ったデザート用の「桜餅&草もちセット」を頂きました。
2人とも抜け目なくやったつもりでいましたが、高尾駅から歩いて来る途中に、なんと2軒もちゃんとした和菓子屋さんがありました。
慌ててスーパーで買うんじゅなかった! なぁ~んて、2人で反省しちゃいました。

でも、スーパーで買った安い和菓子も十分満足の美味しさでしたけどね。



高尾梅郷: 『駒木野公園』

駒木野公園3

「遊歩道梅林」を進んでいくと、「駒木野公園」に到着します。
きれいに整備された川沿いの細長い公園です。
梅の並木がずらりと並んで、紅梅が見頃を迎えていました。
白梅の方はまだまだ蕾の木がほとんどで、あまり咲いていませんでした。


駒木野公園1

入口付近に「高尾梅郷」の大きな石碑がありました。
ここでは白梅が一本だけ、きれいに咲いていました。


駒木野公園2

子ども用遊具と梅の花の組合せ。
ピンクの花を背景に、楽しそうな雰囲気です。

肝心の子どもが一人も遊んでいないのが、ちょっと残念!


高尾梅郷: 『遊歩道梅林』

遊歩道梅林1

「上椚田橋」が架かっているのは「小仏川」。
この川の右岸を歩いていくと川原に小道があって、これが「遊歩道梅林」です。
白梅の木がほとんどで、まだ少し見頃には早いようでしたが、それでも十分楽しめました。

ちょうど前を歩いていた恋人たちが景色に溶け込んで、、、とてもよい雰囲気。
いやあ、まさしく“Lovers lane(恋人達の小道)”です。


遊歩道梅林2

こちらは、梅林の下に誰もいない小道です。
上の写真の後では、なんだか妙に寂しく感じてしまいます。

でも、梅には寂しさも似合うと思いませんか?



高尾梅郷: 西浅川児童遊園

東京の梅の季節はすでに終わってしまいました。
今年の梅は、「高尾梅郷」にしようと前々から決めていました。

桃の節句の3月3日(水)。高尾の辺りは寒いけどそろそろ梅も咲いただろうと思って、友人のTさんを誘って行ってみました。


西浅川児童遊園

「高尾駅」北口を出て、甲州街道を西に向います。
ぶらぶらと15分ほど歩いていくと、道路脇にこの「西浅川児童遊園」がありました。
とりたててどうということもない公園ですが、片隅に数本の紅白梅が咲いていました。

「高尾梅郷」とは、「遊歩道」「関所」「天神」「湯の花」「小仏」の5つの梅林をまとめた総称だそうです。梅の木は全部で一万本。
正確に言えば、この「西浅川児童遊園」は含まれていないとか。
でも、ある人のサイトに「自分は高尾梅郷の入口と考えている」とありました。
なるほど、「これからいよいよ「高尾梅郷」だぞぉ」って気分が高まるロケーションです。

ここから少し先に「上椚田橋」があります。


上椚田橋

橋の上から一枚。
2本の青い横線がとっても邪魔だけど、遠くに連なる梅の花は「遊歩道梅林」でしょう。
ますます梅の花見への期待が膨らみます。

さあ、元気いっぱい、出発しましょう!


雪化粧の山々

雪化粧の山々

今朝の我が家から見た景色です。
久しぶりに晴れた空に、真っ白な富士山がきれいでした。

でも、それより目を惹いたのは、うっすらと雪化粧した山並みです。
一昨日の雪の名残りも地上ではすっかり消えてしまいましたが、やっぱり山の上は寒いのですねぇ。

白い富士山は全然珍しくありませんが、その前に連なる白い山々はそうそう見ることはできません。
雪の白さが朝日に輝いてとてもステキ。
しばし見とれていました。

でも、あっという間にはかなく雪は消えてしまいました。
束の間の淡雪!! 一瞬の美しさでした!