FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

Bistro de Herb でランチを食べよう!

ビストロ・デ・ハーブ1

「せんがわ劇場」の真向かいにある、お洒落なレストラン『Bistro de Herb(ビストロ・デ・ハーブ)』
白と黄色のテーブルクロスがとってもステキな明るい店内は、北ヨーロッパをイメージしているそうです。
確かに、座って外の景色を眺めていると、なんだか外国にいるような気分になってきちゃいます。

コンセプトは「食と癒し」だとか。
とても居心地のよい空間でした。

ビストロ・デ・ハーブ2

店先にちょこんと座ってる2匹のワンちゃんたち。
とっても可愛いですよね。
評判なんだそうですよ。

ビストロ・デ・ハーブ3

お店の入口です。
白と緑でまとめたシンプルさに、センスのよさを感じます。
お料理への期待が、いやが上にも高まりますね。

ここで供されるのは、カジュアルなフランス料理です。

3種類のセットランチ(1600円)は、特にお勧め。ボリュームも満点です。
他に、コースもいろいろあります。
最近、ワンプレートランチ(1260円)も始めたそうです。

ビストロ・デ・ハーブ4

この日、私はお魚ランチを食べました。
前菜サラダ(又はスープ)、魚料理、パン、デザート、飲み物付き。

でも、食事の写真はありません。
なぜって、写真を撮るのも忘れてパクパク食べてしまったからです。

ハッと気付いて、デザートの写真だけは撮りました。
黄色いテーブルクロスの上で、チョコレートケーキが美味しそうでしょ?
飲み物は、綺麗な赤色をしたローズヒップティーにしました。

実はここ、お花の先生の友達の息子さんのお店です。
お姉さんのM子さんとは、私も顔見知り。
久しぶりにお会いして、思わず感激の抱擁をしてしまいました!

ご馳走様でした。
とっても美味しかったです。
そのうち、また行きますね。


スポンサーサイト

せんがわ劇場

もうずいぶん前になりますが、後輩が出演する劇を「せんがわ劇場」に見に行きました。3月末のことです。

せんがわ劇場1

仙川駅から東に歩いて3分ぐらい。
ここは、とてもモダンな通りです。
道の両側の建物群は、コンクリートとガラスで出来ててシンプルでお洒落!
安藤忠雄氏の設計だとか。

「せんがわ劇場」は、調布市のものです。

せんがわ劇場2

今回初めて中に入りました。
中の造りも、シンプルモダン!
とってもこじんまりした可愛い劇場でした。

この日の劇は『ミス・コン』というコメディータッチの劇でした。
後輩は熱演して、すごく頑張っていました。

普段私は、あまり劇など見に行きません。
でも、こんな劇場で見る劇は、演じる役者たちと観客との距離が近くて、なかなかいいものでした。

それほど期待していたわけではなかったのですが、とっても面白い劇でずいぶん笑ってしまいました。

Rさん、と~っても面白くてよかったよぉ!
楽しいお芝居を、ありがとう!!!!!


「とちのき」の花: 深大寺

とちのき1

「とちのき」の花です。
これも深大寺の境内に咲いていました。
ほんのりピンク色です。

フワフワもじゃもじゃ。
でもよく見ると、緑のちっちゃなボールがその下にぶら下がっています。


とちのき2

正門を入ってすぐのところ。
ちょうど盛りで、力強い花はとても印象的でした。

「この花は何ですか?」
境内を掃いているお兄さんに尋ねているおばさんがいました。

「さあ、何の木でしょうかねぇ?
今は、向こうの『なんじゃもんじゃの木』に花が咲いていますよ」
お掃除お兄さんは焦ったようにトンチンカンな返答をしながら、ちょっと恥ずかしそうな顔をしました。

「『とちのき』だそうですよ」
思わず割り込んで、私が言いました。
「そこの幹に、そう書いてありますから」
「まあ、そうですか。ありがとうございます」

まあ、私って、、、やっぱりおせっかい!!
なんだかちょっぴり自己嫌悪になりました。


なんじゃもんじゃの木: 深大寺

なんじゃもんじゃ1
(2010.5.12.撮影)

深大寺の境内にある「なんじゃもんじゃの木」!

小さな白い花がぎっしり咲いていました。

いやあ、初めて花を見ました。
毎年藤の花を追いかけて、、、気付いたときにはいつも散った後。
「来年こそは」と思い続けていたのです。
今年は、藤を見に行けませんでした。

「なんじゃもんじゃ」なんて変な名前ですが、正式な名前ではありません。
「名前がわからない変な木」という意味のようです。
だから、各地に別の種類の「なんじゃもんじゃの木」があるそうですよ。

なんじゃもんじゃ2

ここ深大寺の木は、「ヒトツバタゴ」の木。
キンモクセイ科です。

英語の名前は、snow flower!
まさに「雪の花」といった感じです。

もう満開は過ぎていたようで、風が吹く度に白い小さな花が粉雪のように舞い落ちて、、、
その度毎に、見物客から歓声が上がります。
なんて綺麗なんでしょう!!!
思わず溜め息が出てしまう程でした。

なんじゃもんじゃ3

花びらは細くて4枚しかありません。
なるほど、キンモクセイ科ですね。

ヒトツバタゴの木は珍しい木だということですが、この木の親木は神宮外苑にあるそうです。

なんじゃもんじゃ4

散った花がびっしりと地面を覆って、本物の雪が積もったようでした。
これまたとても風情ある美しさです。

白い花ははかなげで、私の心を揺さぶります。

なんじゃもんじゃ5

深大寺の周辺には、他にもこの「なんじゃもんじゃの木」があります。
写真は、門前のお蕎麦屋さんの入口脇の木です。
境内の木ほど大きくはありませんが、綺麗に花を咲かせていました。

バス通りにあった若木は花の盛りがとっくに過ぎて、枝に残ったわずかの花も萎れていました。

来年は、ぜひ咲きかけの頃に見に来たいと思います。


サクラ散歩:お花見広場→百本シダレ→別所公園→せせらぎの緑道

更新がすっかり遅れてしまいました。
締め切り仕事に追われて余裕がなかったせいですが、自分でも呆れるほどの遅れです。

気を取り直して、多摩のサクラ散歩の続きです。

唐木田1

唐木田駅から住宅街を少し行くと、「お花見広場」があります。
静かな住宅街の真ん中にひっそりとある感じです。
この日は小雨のぱらつく肌寒い天気だったので、花見客はもちろん一人もいませんでした。
ちょうど見頃の満開の花が、ちょっと寂しく咲いていました。

唐木田3

この広場の手前に「草花園」という小さな緑地があって、その真ん中にお洒落な洋風東屋があります。
ちょうど4人がゆったり座れる広さ。
ここで、ちょっと「おやつ休憩」にしました。
Tさん持参の「さくらクッキー」を齧りながら、お茶とおしゃべりののんびりしたひと時です。
この東屋、前回も利用させてもらいましたが、かなり気に入っています。

唐木田2

「お花見広場」の少し先には、「百本枝垂れ」があります。
それほど広くない敷地に枝垂桜の木がたくさん林立しています。
なんだか押し合いへし合いといった印象ですが。
「百本」といっても、本当は30~40本といったところでしょうか?
でもTさんによれば、「百本」は「たくさん」という意味なので、30本もあれば立派に「百本」と名乗っていいのだそうです。
なるほどねぇ!


唐木田4

「百本枝垂れ」の先の歩道の桜並木です。
ちょうどカーブしたところにあって、なかなかキレイでした。

唐木田5

さらに突き当たりを右に曲がると、そこはもう多摩市ではなく八王子市別所です。
少し先にと~っても広い「別所公園」があります。
前に来たことがある「草地の公園」です。(そのときの記事はこちら
向こう端に桜がいっぱい咲いていました。

唐木田6

近寄ってみると、こんな感じ。
ソメイヨシノと枝垂桜の混成部隊です。

唐木田7

ぐるっと回ると、児童公園の周りに枝垂桜がたくさんありました。
30本くらいはありそうです。
「ここも『百本枝垂れ』だねぇ」なぁ~んて、、、皆で冗談を言い合いました。

別所公園の近くには、橋の上をせせらぎが流れている「せせらぎ橋」があります。
そんな珍しい橋を皆に見せたかったので、ちょっと寄り道。

よかったぁ。3人とも珍しがって、喜んでくれました。

さて、ここからは、「せせらぎの緑道」を辿って「京王堀之内駅」を目指します。
この緑道は、私のお気に入りのコーポラティブ団地『ノナ由木坂』の中を通ります。
桜の季節はどんなだろうと期待したのですが、、、
残念! 緑道沿いには何故か桜の木は見当たらず、この時期の『ノナ由木坂』はちょっと寒々とした感じでした。
以前に来たのは9月でしたけど、もしかしたら新緑の頃が最高なのかもしれません。

せせらぎ沿いに下っていって、やっと「京王堀之内駅」に着きました。
落伍者も出ず、全員ゴールイン!!

少なく見積もっても、2万歩ぐらいは歩いたはずです。
皆さん、よく頑張りました!!!!!