FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

センス抜群の通販のお花屋さん!

昨日1月25日は、伯母(母の姉)の90歳の誕生日。
お祝いに姉妹4人で、花を贈ろうということになりました。


フラワリー1

インターネットでセンスの良い花屋を探して、見つけ出したのが「フラワリー」
通販専門のお花屋さんです。

並んでいるイメージサンプルがどれも素敵で、センスの良さを感じさせます。

おまけに、サンプルを選んだ後に通信欄に自由な要望を書くことができるし、希望すれば配送したアレンジの画像も送ってくれる、、、なんとも嬉しいじゃありませんか。
ということで、思いっきり我儘な希望を書き込みました。

「お茶目で好奇心いっぱいの元気なおばには、大人っぽくお洒落な中にもお茶目な可愛さと卒寿を祝うゴージャスな華やかさをプラスしたアレンジをお願いします!」

それを知った妹は「なんと難しい注文!」と呆れていました。

そして、出来上がりの画像が上の写真です。
う~ん、確かに「大人っぽくお洒落」で「可愛さ」と「華やかさ」もあります。
納得の仕上がり!!!
自分でアレンジした方がいいと思わないのは、そうあることではありません。

住所を見たら、京王線初台のオペラシティーの2階でした。


フラワリー3

すっかり嬉しくなったので、どんなお店かこっそり偵察に行ってみました。
「CLAUDIA」という名前の、普通の花屋とちょっと違う雰囲気の静かなお店でした。
「フラワリー」はこの店の経営母体「グリーンディスプレー」の通販専門の子会社のようです。

オペラシティーの2階には、『日本弦楽器』のお店もあります。
実は5年前、85歳でチェロを習い始めた伯母のために、このお店でチェロ用の松ヤニを買ったことをブログにも書きましたっけ。(そのときの記事はこちら

オペラシティーは、なんだか伯母と縁があるみたいです。

そういえば、ついこの間伯母が私に言いました。
「チェロを習うかドラムにするか、迷った挙句にチェロにしたけど、そのうちきっとドラムもやってやる!」

母はいなくなってしまいましたが、好奇心の固まりのようなお茶目で陽気で行動的な伯母には、母の分まで元気で長生きをしてもらいたいと思っています。


フラワリー2

親友のTさんは、インドのムンバイで知り合った大事な友達です。
奇しくも、誕生日が伯母と同じ1月25日!

そこで、日頃の感謝を込めて彼女に贈る誕生祝のアレンジも、フラワリーに頼みました。

出来上がりは、これ。 爽やかな華やかさ!!!
この赤色は彼女の好きな色合いで、彼女にピッタリのアレンジです。
「大好きな花がいっぱい!」 とっても喜んでもらえました。


フラワリー4

花を贈りたくなっても、もう悩むことはありません。
思い切り我儘な希望とともに「フラワリー」にお願いします。

どんなアレンジに仕上がるのか、想像しながら待つワクワク感も楽しめます。



スポンサーサイト

『森のカフェ』

森のカフェ1

分倍河原に住む友人のIさんが教えてくれた『森のカフェ』!

まさしく「鄙には稀」なお洒落でステキなカフェです。


森のカフェ2

「是非ともブログで紹介したい」という私の願いに付き合って、友人5人が集まってくれました。
カフェのオーナーが用意してくれたのは、この日も中二階の半個室。
壁には昔のレコードやCDがぎっしり並べられ、隠れ家みたいに居心地のよい空間です。

小学校のときの友人10人のグループは、女子ばっかり。
最近ちょくちょく集まって飲み会をします。
なんの気兼ねも要らなくて、皆好き勝手に言いたいことを言い合って、、、人の話など誰も聞いていません。
何故かとにかく楽しくて、次の集まりを指折り数えて待ちわびてしまいます。


森のカフェ3

昨年の流行語にも選ばれた「女子会」!
世間でそんな風に言われるよりちょっぴり早く、私たちの「女子会」は始まりました。

「たまには入れてくれよ」と男子のクラスメートに言われたりしますが、残念ながらそれは無理!
女子だけだから、メチャクチャ楽しいのですもの。
私たちって、意地悪でしょうか?

この日のランチセットは4種類。


森のカフェ4-1

Gさんと私が食べた「ドライカレー」。

森のカフェ4-2

Iさんが頼んだ「煮込みハンバーグ」。

森のカフェ4-3

そして、Hさん、Fさん、Sさんが選んだ「若鳥の唐揚げタルタルソース添え」。本日のスペシャルランチです。

これにサラダとコーヒーが付いて800円。


森のカフェ4-4

さらにデザートを付けても、たったの1000円という安さ。
もちろん、私たちは全員デザート付きでした。

女子会ですから、昼間でも赤ワインをボトルでオーダーして、大変美味しく味わいました。
前回夜に来たときは、6人で結局ワイン4本空けちゃいました。さすがに皆かなりほろ酔いでしたっけ。


森のカフェ5

ところで、この『森のカフェ』は雰囲気が抜群なだけではありません。
お料理もとっても美味しいし、素敵なオーナー夫妻は魅力いっぱい!

お庭の隅のあちこちに、こんな可愛い動物たちがさり気なくいるのも、、、なんとも言えず良い感じです。
分倍河原でイチオシ。

大変ご馳走様でしたぁ~。
美味しいお食事を、絶対また食べに行きますよぉ~!
あっ、ワインも、、、もちろんです。


今年もよろしく!

ずいぶんブログの更新をサボッてしまいました。

今年もどうぞよろしくお願いします。


昨年暮れは、私としては珍しく年賀状の用意も早々に済ませ、記録的な早さでポストに投函!
気をよくして、ルンルン気分でいましたら、、、

なんということでしょう。12月30日に母が急死しました。

このブログにも書きましたが、母は7月半ばに股関節頸部外側骨折でO病院に緊急入院。
手術は無事に成功して、9月半ばにはリハビリのために江東区のA病院に転院。
孫とその仲間に励まされながらリハビリに明け暮れる日々を過ごしました。

手術前には「車椅子で生活できるようになることを目指しましょう」などと言われていたのに、リハビリの効果はすごいもので、12月9日に退院する頃にはナント、百メーターぐらいなら杖なしでサカサカと歩けるまでに回復。杖を使えば、2階のリハビリ室から階段を使って1階に下りて、ぐるりと廻ってまた階段で戻って来れるほどでした。
期待以上の回復ぶりに私たちも驚いて、すっかり感動したものでした。

足は回復したものの、やっぱり一人暮らしは無理だとお医者様にも言われたので、母が楽しく快適に暮らせるホーム探しを始めました。
探してみると、結構良いホームはあるものです。
その中でも、「ここなら、私たちも入りたいくらい」、、、という理想的なホームが見つかって、退院と同時にAホームに移りました。

それからたったの3週間。
心優しいスタッフの方たちに見守られながら、やっとホームでの暮らしにも慣れてきた矢先のことでした。

本当にびっくりして、唖然とするばかり。
あっという間のできごとで、運ばれた病院に慌てて私たちが駆けつけるのを待ってもくれませんでした。

もっとたくさん楽しんで欲しかったのですが、、、

全く苦しまなかったであろうことが、せめてもの救いです。

本当に人生は、明日のことはわからないものです。
後悔しないように、一日一日を大切に生きていこうと思います。