FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

小山内裏公園の山桜 2011

4月14日(木)の続きです。

小山内裏公園には山桜がたくさんあります。
駐車場の脇から坂道を登って、戦車道路に出ました。


山桜1

その昔戦車の試運転をしたという戦車道路は、さすがにとっても広くて立派です。
その道に沿って大きな山桜の木が並んでいて、ちょうど今が見頃でした。

左側のフェンスの向こうは自然保護のためのサンクチュアリーになっていて、立ち入り禁止です。
その中で咲いている白い花は、まだ散りきらない辛夷(こぶし)の花です。


山桜2

それにしても、広々としたこの公園は、いつ来てもあまり人がいません。
今日はそれでも、たくさん出会った方かもしれません。

大きな木、広い道、人のいない静けさ、、、
ここの自然は、とっても大きく感じます。


山桜3

山桜の花は、ソメイヨシノや枝垂桜に比べるとかなり控えめで地味です。
少し赤茶けた葉っぱと一緒に、小ぶりの白っぽい花が遠慮がちに咲いている感じです。
でもそれが、何とも言えず良い風情を醸し出していて、これもまた好きです。

遠くから見ると、ほんわりとした綿みたいです。
それともぼやっとした雲かなぁ。


山桜4

満開に咲いた山桜の花に近寄って見ると、とても綺麗です。

山桜5

山桜にもいろいろな種類があるのでしょうか?
ほとんどの木がいっぱい花を咲かせている中で、まだまだ固い蕾を付けた木々もありました。
やっと少し開花したばかり。
見頃はまだまだ先のようです。

この公園、山桜の美しさを長~く楽しめます。

南大沢のソメイヨシノの桜並木と小山内裏公園の山桜!
一日で、全く違った桜の美しさを堪能できて、とっても幸せでした。


スポンサーサイト

小山内裏公園: 『大田切池』の春

南大沢の桜並木をまっすぐにどこまでも歩いていくと、いつの間にか小山内裏公園の中に入っています。

大田切池1

すぐ目の前に大田切池があります。
2006年の紅葉の時期に一度来たことがあります。(そのときの記事はこちら

立ち枯れの杉の木が林立して、とても印象的な池の景色です。
でも、これはこの池が自然にできたものではなく、人工的に谷戸を堰き止めて作られたことを示す証拠です。

向こう岸に桜が美しく咲いていました。満開です。
日差しを浴びて、今日の大田切池はとても明るい表情でした。


大田切池2

ふと見ると、水面から突き出た杭の上で、カメさんが危なっかしい格好で甲羅干しをしていました。
春の日差しは暖かくて、きっとウトウト夢心地なのでしょうね。



南大沢の桜並木 2011

4月14日(木)、お天気も良かったし、風邪もなんとか回復してきたようだったので、南大沢に桜を見に行きました。
今日行かないと、きっと散ってしまう。


南大沢1

南大沢の駅の北側には、「三井アウトレットパーク」があります。
その手前を左に曲がると、桜並木の遊歩道がずっと続いています。


南大沢2

花びらがハラハラと頭や肩に降りかかり、それはそれは綺麗です。
歩いても歩いてもピンクの並木は延々と続いて、、、すっかり嬉しくなりました。
思い切って出かけて来て、本当によかった!


南大沢3
“みどりやま公園”

途中、公園がありました。「みどりやま公園」です。
満開のソメイヨシノと枝垂桜が、仲良く並んで迎えてくれました。
日陰のベンチに腰かけて、桜の花を眺めながら持参のおにぎりを食べました。
どこからともなくネコちゃんが現れて甘えた声でエサを催促されたのですが、
「ごめんね。あげられるものが何もないなぁ」


南大沢4

お昼を食べて、元気百倍!
さらに先に進みます。

道の脇を流れるせせらぎの上にも、桜の花びらがいっぱい浮かんでいました。


南大沢5

もちろん路上も、ピンクの絨毯を敷き詰めたかのようです。
風が吹くと、花吹雪がキラキラと輝きながら流れるように舞い散って、なんとも美しい光景でした。
頭上も足元も、そして前後左右も、、、どこもかしこも桜色!


南大沢7
“うずまき公園”

「うずまき公園」は、すり鉢状のへこみの中に石で渦巻模様を描いた、ちょっと変わった公園です。
桜の下で、小さな子どもを連れたお母さん達がお花見をしていました。
子どもが走り回って、、とっても楽しそうでした。


南大沢6
“わきみず公園”

さらに進むと、今度は「わきみず公園」がありました。
ここでも、子供連れのお母さんたちがあちこちでお花見しながらのんびりご飯を食べていました。

限りなく続く桜並木に、のんびりできる素敵な公園。
いいなぁ。この辺の人たちはなんて幸せなんでしょう。



ミッキーのひとりごと: そういえば、、、

ふと気が付くと、このブログの5周年が過ぎてしまっていました。
5年前の2006年4月1日、記念すべき最初の記事をアップしたのです。

今年は5周年を記念して自分にご褒美をあげたいと思っていたのに、、、残念!

マイペースで気が向いたときだけの更新でしたが、よく5年も続けられたものです。
でも、あっという間でしたね。
読み返してみると、いろいろな思い出が詰まった5年間でした。
ブログをやって良かった!

まだ京王線全駅を制覇していませんし、これからもマイペースで気ままに続けていきたいと思っています。

皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします。

公園の桜 2011

私の住むマンションの公園には、いろいろな種類の桜の木があります。
選挙の帰りにもうひと頑張りして、公園に寄ってみました。


富士見公園1

白い花の桜です。大島桜だと思います。
純白の花がとても綺麗です。
緑の葉っぱにはギザギザがあって、先っちょが長く尖っています。
桜餅に使われる葉は、この大島桜の葉っぱです。


富士見公園2

こちらの木は、花の中心がほんのりピンク色に染まっています。
別の種類の桜に思えますが、大島桜は散り際に中心がほんのり赤くなるそうですから、これも大島桜の花ですね、きっと。

同じ場所にあっても、木によって花の咲く時期は違います。
この木は、そろそろ花が散るところなのでしょう。


富士見公園3

そして、こちらはソメイヨシノです。
とても大きな木で、まさに満開!
はるか頭上の高い枝には、花に埋まるようにしてカラスが2羽桜の花をつついていました。

マンション自治会では今まで野川のほとりでお花見会をやっていたのですが、今年はこの公園でやりました。
十分に美しい桜を、手軽にゆっくり楽しめますからね。


鬼太郎公園の桜 2011

4月10日(日)は東京都知事選挙でした。

鬼太郎の桜1

まだまだ体調が回復せずとても外出する気分じゃなかったのですが、投票には行かなくちゃ、、、
そう思って、しっかりマスクをしてフ~ラフ~ラと出かけて行きました。


鬼太郎の桜3

投票所になっている石原小学校の向かいには去年の4月にオープンした「鬼太郎公園」があります。(名前が変わっただけとも言えるけど)
ちょうど桜が満開でした。


鬼太郎の桜2

とても綺麗だったので、ちょっと立ち寄って写真を撮りました。
こんなときでもデジカメを持ち歩いている自分に少々呆れながら、、、



目黒川の桜 2011

実は風邪をひく前日に、目黒川沿いの桜並木をインド時代の友人3人と散歩しました。

目黒川1

中目黒の駅の東、東京共済病院の傍の川沿い2階に「ギャラリーさくら」があって、ここ3年ほど桜の咲く時期になるとイラスト公募展『桜 Exhibition』が開かれます。
その運営に息子が携わっているので、友人を誘って覗きに行ったというわけです。


目黒川2

この写真の2階が会場です。
今年は桜の満開と重なって、窓の外も素晴らしく華やかでした。
日本の若いイラストレーターさん達が150人以上も参加しています。
今年は海外の作家も10人ほど参加してくれました。
才能あるアーチストたちが海外でも活躍できるといいですね。


目黒川3

桜があまりにもキレイだったので、帰りに池尻大橋駅まで歩いて行きました。
結構遠くて、歩いているうちに夕日が川面に反射して、、、
駅に辿り着いた頃には、薄暗くなっていました。

そのせいではないと思うのですが、次の日から風邪を引いてしまったのでした。
とても楽しい1日だったのに。



窓下の桜 2011

元気出さなくちゃ、、、と思っても、なかなか元気が出て来ないこの頃です。

ソメイヨシノが咲き始めたと思ったら、あれよあれよという間に春爛漫に咲き乱れ、あっという間にピンク色の花吹雪となって舞い散って、もう見頃は終わりですね。


窓下の桜1

6階にある我が家の窓から見下ろす桜です。
上から見る桜も良いものです。


窓下の桜3

毎年桜が咲き出すとソワソワしてしまいます。
今年はどこの桜を見に行こうかなぁなどと考えて、ウキウキと出かけて行くのです。

美しく咲き誇る桜を眺めれば、元気が湧いてくるに違いありません。


窓下の桜2

そう思って桜が見頃を迎えるのを楽しみにしていたのに、、、
なんと体調を崩して、風邪まで引いてしまいました。
う~ん、これってやっぱり年齢なのぉ?
いやいや、そうは思いたくありません。


窓下の桜4

母の死、、そして大震災、原発事故、、、
やっぱり疲れが溜まっちゃったのかなぁ?

こうしているうちに、今年のソメイヨシノの見頃は終わっちゃう!気持ちは焦るばかりでしたが、体調の悪さには勝てません。

桜を見に遠出できないので、窓の下の桜並木を見下ろして我慢、我慢。結構素敵な眺めなので、心が慰められました。



お花見弁当 2011

今年も桜が咲き始めました。
大震災で落ち込んでいても、春はやっぱりやって来るのですね。
元気出さなきゃ!!

先輩のNさんが毎年「花見弁当」を作ってくれるようになって、今年は4回目です。
(過去のお弁当を見たい方はこちら→2008 2009 2010


花見弁当11-1

毎年とっても美味しいお弁当ですが、今年のお弁当はひときわ豪華!
それもそのはず、この日は大切な友人Kさんの誕生日でもありました。

庭の明日葉入り玉子焼き、アーモンドの衣が付いたエビフライ、タラのフライ、鳥の唐揚げ、豚肉の生姜焼き、白霊茸(ハクレイダケ)の炒め物、ズッキーニの焼き物、タケノコ・人参・椎茸の含め煮、カリフラワーのカレー酢付け、大根と海苔のサラダ、スナックエンドウ、そして蒸し器で作ったお赤飯。
どれもこれも、手の掛かった料理の数々です。

お味は、お料理上手のNさんの手料理ですからもちろん保証付き!
頬っぺたが落ちそうなほど美味しゅうございました。

今年の参加者は、Nさん、Kさん、Hさん、私の仲良し4人組。
桜の和菓子はHさん提供です。


花見弁当11-2

ところでお花見に行ったのは、まず桜開花の標準木のある「靖国神社」。
原点に返ってみようというコンセプトでした。残念ながら、京王線沿線ではありませんが。

意外なことに、4人中3人が靖国の桜は初めてでした。
まだ見頃には早すぎましたけど。
花見の自粛で、境内での飲食はご遠慮くださいとの注意書きがありました。

そこで、文京区に住むHさんのマンションに上り込んでお弁当を食べました。
寒かったので、かえって助かりました。

小さなホールケーキとローソクを用意していたので、火を灯してKさんの誕生日を皆で祝いました。
ほのぼのと心温まるひと時でした。


花見弁当11-3

それから、歩いて「小石川後楽園」に行きました。
ソメイヨシノはまだ早かったけれど、枝垂桜が満開でとても綺麗でした。


花見弁当11-4

ちょっとはかないソメイヨシノとはまた違って、枝垂桜はとても華やかでエレガントです。
この日は少し寒すぎました。でも、そのおかげで花見客が少なかったのかもしれません。


花見弁当11-5

「小石川後楽園」はそれほど広いとは言えませんが、都会の中のオアシスです。
京都や中国、沖縄などを模した庭園や山が趣向を凝らして配置され、そぞろ歩きに打ってつけです。
庭のあちこちに小さな可愛い古いお堂が建っています。
もうちょっと暖かかったら最高でしたが。

Hさんがこの日買ったばかりのアイフォンは、自分で自分の写真が撮れます。
小さな画面に押し合いへし合い、4人が無理やり重なり合って記念撮影をしました。
そうして撮った集合写真は、とんでもない傑作揃い。
Hさんから送ってもらったそんな傑作写真集を見ながら、何度も笑い転げています。

寒かったけど、後々までこれほど楽しめるなんて、、、とっても楽しいお花見でした。

日本中の人が皆元気を出さなきゃいけないときなのに、なぜ「花見の自粛」を呼びかけたりするのでしょう!?