FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

映画「普通に生きる」を見ました!

友人のKさんに誘われて、「普通に生きる」というドキュメンタリー映画を見てきました。

静岡県富士市に住む、重い障害を持った子をもつ親たちが、子ども達が地域の中で普通に生きられることを目指して、理想の通所施設を始めとした様々な施設や体制を強い意志をもって作っていく5年間を追ったものです。

渋谷から少し歩いて、NHK放送センターの向かいにあるAmwayの本社ビルの地下で上映会をやっていました。

内容も知らず、あまり深く考えずに見に行ったのですが、とても感動しました。

親たちの明るさと粘り強さ、けして諦めない強い意志、そして、何と言っても、子供たちの飛び切りの笑顔が印象的でした。

誰もが自分らしく普通に生きられる社会の大切さ!

人間が生きていくこと自体、なんと素晴らしいのだろう!

そんなことを強く思いながら会場を後にして、Kさんと2人、なんだかとても楽しい気分で美味しいランチを食べてから、台風が来ないうちに帰ってきました。

素敵な映画を本当にありがとう!!!!!


スポンサーサイト



セーター できました!

お彼岸が過ぎてから、ぐっと涼しくなりましたね。毎日過ごしやすいです。

ところで、猛暑の中で汗をかきながら編んでいたセーターですが、やっとできあがりました!!!


セーター1

写真だとちょっとピンクっぽく見えますが、実際は濃いレンガ色です。

見本のデザインもあったのですが、オリジナルのデザインにしました。
「オリジナルのデザインの場合は、シンプルなものにしてください」という条件があったので、前は市松模様に。
袖には、細い縄編みを入れてあります。


セーター2

後ろは、前と違ったデザインにしました。

どんな子が着てくれるのかなぁ?
喜んでくれるでしょうか。
暖かいことだけは、保証できます。

来年の分は、冬の間にせっせと編もうと思っています。


今どきの病院

つい先日、医科歯科大学附属病院のレストランで食事する機会がありました。

もうビックリ!!!
ここって、病院だよねぇ!?

16階にあるオークラカフェ&レストラン“Medico”は、なんとホテルオークラの手がけるレストランです。


医科歯科大1

16階にあるので、窓の外の景色が素晴らしい!
スカイツリーも間近に見えます。

特に頼んだわけではないのに眺めの良い窓際の席に案内してもらえて、心行くまで景色を堪能できました。


医科歯科大2

手頃な値段で、オークラのランチを楽しめます。

この日頼んだのは、オークラ幕の内弁当。
なかなか豪華で、美味しかったですよ。

でも、病院にいることをすっかり忘れてしまいます。
レジの前には、焼き菓子や紅茶パック、レトルト食品などオークラの商品が置かれていました。

そういえば、『四谷メディカル・キューブ』の7階には、あの有名フランス料理シェフ 三國清三氏のレストラン“MIKUNI MINCEUR”があります。
ここにも、たまたま少し前に食べに行く機会がありました。
とてもお洒落で、病院内のレストランとは思えません。

昔の病院の食堂といったら、、、

最近では、大学の学食もすっかりお洒落に様変わりと言いますからね。

病院でグルメ!!!
世の中、変われば変わるものです。


ミッキーのひとりごと: 猛暑の中でセッセと編み物!

相変わらず残暑の厳しい日々が続いていますね。
今日は、かなり涼しいけど。

そんな中で私、あろうことか、セッセと子ども用の防寒セーターを編んでいるんです。

なんでまた、そんなバカなことを!?
と聞かれそうですね。

純毛100%の中細毛糸の2本取り。
色は洒落たレンガ色。
8番の棒針です。

実は昨年、インターネットでふと「世界の子どもたちへ編み物作品を贈ろうプロジェクト」というのを見つけました。

最近の私、誰かの役に立ちたい症候群。
これなら私にもできそう、、、と、早速セールで安くなっていた毛糸を買いました。
一針、一針思いを込めた作品しか受け付けない!
そんなコンセプトも気に入りました。

そのうち編もうと思っていましたが、、、
先日ホームページを見たら、あら、大変!
10月末までに仕上げて送らないと、間に合わないじゃないですか。

慌てて毛糸を引っ張り出して、猛暑が続く中、毎日汗をかきかき子供用セーターを編んでいる次第です。
なんとか間に合うように完成させるべく、頑張りたいと思います。

それにしても、フカフカの赤い毛糸は、編めば編むほど暖かそうで、真夏の作業には向きません!