FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

神楽と獅子舞

調布駅の近くにある布多天神社では、毎月25日に市が立ちます。
なんでも、江戸時代から続いているとか。


神楽

この日たまたま通りかかると、楽しそうな太鼓と笛の音が聞こえてきました。
その音に誘われて行ってみたら、ちょうどお神楽をやっているところでした。

わあ~、いいところに来ちゃった!
打ち出の小槌を持っているので、大黒さまですね、きっと。
ゆったりと踊っています。


獅子舞

一踊り済ませて大黒様が引っ込むと、、、
突然、太鼓の陰から獅子が現れて、踊り出しました。
金ピカの獅子です。

あらららら、、、
あっけに取られて見ていると、獅子が口から垂れ幕をたらします。
「祝 おめでとうございます」と書いてあって、見物人は大喜び。さかんに拍手を送ります。

つまり、新年のお祝いの獅子舞ってことかな?

その後、獅子は前に進み出て、手すりから顔を出しました。
巫女さんに促された観客が、お札を獅子に差し出すと、パクリと口でお札を食べてしまいました!!!
手を噛んでもらったり、、、みんな楽しそう。

「頭を噛んでもらったら?1年間元気でいられますよ」と巫女さんは薦めます。

親は喜んでるけど、幼い子たちは怖がってギャーギャー泣きだして、、、

それを興味深く眺めている私。

へええ、今でもこんな身近でこんなことをしてるんだね。


獅子

皆が解散した後、お獅子は台の上で一休み。
なぜか口元にミカンが置かれているのが、とっても微笑ましい。
頑張ったご褒美に、ミカンでも食べて一服してね。


布多天神社

この日空は真っ青で、神社のお社もとっても素敵に見えました。

スポンサーサイト

寝る前に食べるチョコレート!

寝る前に食べるチョコレートを知ってますか?

寝る前チョコ1

私が通っている西調布の歯医者さん K先生が薦めてくれたチョコレート。『歯医者さんが作ったチョコ玉』って言うんです。

なんでも「口内環境を健康化」するとかで、、、
受付のお姉さんに「寝る前に歯を磨いた後に食べてくださいね。虫歯を予防しますから」などと、念を押されてしまいました。


寝る前チョコ2

ハート型の『歯医者さんが作ったチョコレート』というのもあります。
ちょっと可愛いでしょ!?

でもねぇ~、いくら「歯にいい!」と言われても、やっぱりチョコレートを食べて、そのまま寝ちゃうのは、、、かなり抵抗があって、私にはなかなかできません。
古い人間なんでしょうかねぇ。

孫のMちゃんにあげたら、とっても喜んで寝る前に食べていましたけど。

肝心のお味の方はちゃんとチョコレートの味がして、まあまあかも。

それでもね。
「ちゃんと歯を磨いたら、チョコレートを食べて寝ていいよ!」なんて、やっぱり変な感じです。


新宿御苑: 冬の花

しつこいようですが、新宿御苑の花をもう少し。

温室の外は、真冬でした。
当然ながら花はあまり咲いていません。

それでも苑内を廻ってみると、素敵な花に出会えます。


ペーパーホワイト

『ペーパーホワイト』という名の水仙です。
新宿御苑にはたくさん植えられています。
まだほんの咲き始めといった感じでしたが、時期になると、一面真っ白に花が咲きます。

普通の日本水仙は真ん中が黄色いのに対し、この『ペーパーホワイト』は中まで真っ白。
とても清楚な美しさです。
少し寂しげだけど、なんとも素敵!


子福桜

『子福桜』がまだ咲いていました。
真っ青な空を背景に見上げると、可愛らしいピンク色が引き立って、素晴らしく綺麗です。

冬に咲く桜は他にもありますが、十月桜の花はもう枯れかけていました。
この子福桜もそろそろ終わりのようです。


ミツマタ

『ミツマタ』の花は、まだ蕾でした。
あと一息で咲きそうです。

そういえば、私が初めてミツマタの花を見たのは、新宿御苑のこの木でした。
枝が三つに分かれているので、『ミツマタ』って言うそうです。
確かに三つに枝分かれしています。

その形状がが面白いので、晒した枝を生け花ではよく使います。
でも、花を生けたことはまだ一度もありません。


ツワブキ

『ツワブキ』が花盛りでした。
この場所は太陽の光が燦々と降り注ぐので、大きく育って立派な花が咲いていました。
大木の幹越しに眺めた景色がちょっと面白かったので、撮ってみました。

冬の公園を散策するのも良いものです。


大温室の花: ラン

新宿御苑の大温室の花!
ランです。


温室のラン1

このラン、鎌首をあげて威嚇するカマキリみたいだと思いませんか?

そんな風に思うのは、私だけ?


温室のラン2

これも、変なランの花。
全然美しくありません。
でも、不思議と目が惹きつけられてしまいます。
見ればみるほど変な形のランです。

もちろん大温室の中には、カトレアとかデンファレとか、綺麗な色をした美しいランも咲いています。
でも、それほどたくさんではありません。こちらに少し、あちらに少し、、、といった感じ。

神代植物園には「ランの部屋」があって、たくさんのランを見ることができます。
他にも「ベコニアの部屋」もあるし。

それに比べると、新宿御苑の温室はちょっと寂しいかもしれません。


大温室の花: オニバスとベニゲンペイカズラ

東京は今日大雪が降りました。
調布は、朝ゴミだしの時はみぞれまじりの雨だったのに、すぐに雪に変わって、あっという間にボタン雪に。
しかも、見てる間にどんどん積もって、もうビックリ!!!

でも、昼過ぎには小雨になっていました。

高速道路が通行止めになったり、電車や飛行機も運行見合わせになったり、、、大騒ぎですね。

そんな中、雪に関係なく大温室の花の続き。


オニバス

オニバスの花が咲いていました!
「鬼蓮」って書くのでしょうね。
大温室の真ん中にある池の主役で、この温室の目玉の一つなんだと思います。

オオオニバスの葉は直径2メートルぐらいになるとのことだけど、ここのはせいぜい60センチぐらい。

花は、蓮というよりスイレンの花のようです。オニバスは、スイレンの仲間なのかなぁ?


ベニゲンペイカズラ

冬だからなのか、それとも出来たての温室だからなのか、あまりたくさん花が咲いているわけではありません。

その中で花盛りだったのが、この「ベニゲンペイカズラ」でした。
シソ科の植物だそうですが、なかなかいい感じの花でした。
ちょっと控えめの赤い色で、鈴なりに咲いているのにうるさくなくて素敵です。

日本人受けする花かも。


大温室の花: 紅白!

新宿御苑の大温室で目立っていた花です。
赤と白の花を咲かせる木が、道を挟んで両側にありました。


紅白1

まずは紅!

光を浴びて真っ赤に輝いていました。
すごく綺麗!!!


紅白2

そして、白!

紅ほど派手ではないけれど、とても上品な美しさです。

名前を確認するのを忘れてしまったのですが、フワフワとした頬紅筆のような姿はネムノキの仲間ですね。
「ベニゴウカン」と「ギンゴウカン」なのでしょうか?
でも、蕾の形がちょっと違うような気もします。

熱帯にはネムノキの仲間がたくさんあると言いますからね。
今度行ったとき、正しい名前を確かめて来ようと思います。

それにしても、美しくて魅力的!!!


新宿御苑の大温室

新宿御苑の大温室が新しくなって再オープン!
ブログ友達のhさんからそう教えてもらったので、さっそく行ってきました。


新宿大温室1

何もかも、できたてのピカピカ!!
明るい室内に、植えられたばかりといった風情の木々たち。

ちょっとまだ落ち着かない感じかな?


新宿大温室2

でも、美しいアレンジに感心しました。
時が経てば、きっと素敵に落ち着くのでしょうね。

天井も高いし、気持ちのよい空間です。


新宿大温室3

よく工夫された順路に沿って進んでいくと、いつの間にか頭上の橋へと導かれ、先ほどいた場所を上から眺められたりします。
配された岩山はまだ新し過ぎてちょっとハリボテっぽいけれど、滝の水が下の池に流れ落ちていて、場所によっては滝の裏を通ったり、、、ちょっと探検気分も味わえます。


新宿大温室5

外観は、こんな感じです。
圧倒される大きさのモダンな建物。鏡のように周りの木々を映し出していました。
青空の下、なんだかすごい!

周りの芝生は養生中で、茶色一色。


新宿大温室4

温室を出たところの通路。
両側のガラスがミラー効果を発揮して、とっても不思議な雰囲気です。
まるで、迷宮に迷い込んだような気分。
ピンクのランの花は、温室の内部で咲いている花です。

植物たちは、これからどんな風に成長していくのでしょうか?
楽しみが1つ増えたかも。

うずら卵のダルマさん!

三箇日が過ぎました。
皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?

卵のダルマ1

我が家は喪中なので正月飾りも飾らず、正月花もごく地味でした。

それでも、大晦日に2人の孫を連れた息子一家が泊りに来たので、賑やかな2日間でした。
せっかく来てくれるので、一応お節も用意しました。
今年はちょっと手抜きして、黒豆・きんとん・田作り・昆布巻きのセットを生協で買ったので、自分で作ったのは煮物、紅白なます、ほうれん草ののり巻き、きんぴらごぼうぐらいで、とっても楽チンでした。

母がよく作っていた「うずら卵のダルマさん」も作りました。
本当は食紅を使って紅白のダルマさんを作るのですが、今年は白だけです。

孫のMちゃんに、黒ゴマで目を付けるのを手伝ってもらいました。
Mちゃんは工作が大好き。だから、とっても張り切って手伝ってくれました。

小さな卵に上手にゴマの目を付けるのは、大人でも結構大変です。
ちょっと心配しましたが、1つだけ見本を作って見せたら、器用に全部やってくれました。

勢ぞろいしたダルマさん!
いろんな表情をしてて、面白い。
Mちゃん、とっても上手にできたねぇ!!!

卵のダルマ2

普通のダルマさんの他に、こんなのも作っていました。
Mちゃんは、真剣そのもの。すごい集中力です。

右は、パンダのダルマさん!
フフッ、可愛いね。

卵のダルマ3

さらにバージョンアップして、こんなダルマさんまでできました。

ハハハハハ、、、すごい、すごい!
子どもの発想力って、自由自在で楽しいですねぇ。

思いも寄らないステキなダルマさんがたくさん誕生して、重箱の中はとっても賑やかになりました。

Mちゃん、お手伝いしてくれて、本当にありがとう!!!!!
ものすごく楽しかったよ。

来年は、紅白の梅の花も作ろうね。

2013年 新春

2013年新春

2013年が始まりました。

穏やかな良い一年でありますように。

今年もどうぞよろしくお願いします!