FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

『百草園』のノダナガフジ 2013

京王線沿線の藤の名所といえば、『百草園(もぐさえん)』も忘れるわけにはいきません。
「見頃になった」との情報で、日曜日(28日)に頑張って行ってきました。


百草園の藤2013-3

なぜ「頑張って」なのかというと、ここに行く登り坂って信じられないくらい急なのです。
「行こう!」と決心するのに、かなり覚悟が必要です。

一生懸命登っていくと、「百草園まであと一息!」なんて看板があります。
あらまぁ、励ましてくれてるのね。

で、さらに先に進むと、今度は「百草園まであと130m」なんて看板が、、、
ああ、あともうちょっとか!?

でも、そこから坂の傾斜はさらに急で、ホントに大変。
両側にはもちろん民家があるのだけど、「一体ここの人たちは、雪なんて降ったらどうしてるのかしら?」などといつも余計な心配をしてしまうほどです。


百草園の藤2013-2

やっと辿り着いて、息を整えながら受付で入場料300円を払っていたら、、、
「園内のガイドをやりますので、良かったらどうですか?」って誘われました。

何度も来たことあるし、今日は藤の花が目当てだったのでガイドは必要なかったのだけど、なんだか断れなくなってお願いすることにしました。
休日の11時と2時からは、スタッフの方たちが無料で園内をガイドしてくださるようです。

でも、お客さんは私1人。
ガイドさんも、ちょっと張り合いがなさそうでした。


百草園の藤2013-1

ガイドさんと2人で園内を廻り始めたら、、
よかったぁ! もう1人お客さんが加わりました。
ガイドのおじさんは、一生懸命説明してくれます。
ほとんどは知ってることだったけど、初めて聞くこともあって、結構面白かったです。


百草園の藤2013-4


園内には若山牧水の碑があちこちにあるのだけど、牧水は恋人の小夜子を連れてよくここを訪れたんだって。
でも、失恋の句碑があって、結局その恋人には振られてしまったみたいです。

息子さんの字の句碑もあり、お孫さんの字の句碑もあります。
今でも、そのお孫さんは年に1度百草園を訪れて、俳句を作ったりしてるとか。


百草園の藤2013-5

『百草園』は現在京王電鉄の所有なので、園内の手入れをするスタッフのほとんどが元運転手や車掌だった人なんですって。ちなみに、この日ガイドをしてくださったのは、元車掌さん。
最後に、なんと粗品まで頂いてしまいました。
本当にありがとうございました!!!

ところで、百草園の藤は「ノダナガフジ」といって、国領神社の千年の藤などと種類が違います。

花房が長~く垂れ下がり、1m以上にもなります。
この日はまだ6~7分咲きで、満開の見頃にはちょっと早すぎたようでした。
房の長さも、60~70cmほどしかありません。

私としてはちょっと不満でしたが、それでも十分美しい藤を楽しみました。

5日ほど後にもう一度来れば最高の藤の花に出会えそうですが、あの坂をもう一度登らなければならないと思うと、、、ね。

また来年に期待したいと思います。


スポンサーサイト

千年の藤2013: 国領神社

4月26日(金)、今年も行って来ました。国領神社の『千年の藤』!

やっぱり『千年の藤』は、別格に素晴らしいです。


千年の藤2013-1

今年はとても見事に咲いていて、本当に綺麗!!!

千年の藤2013-2

上に伸びた枝を大きな櫓で支えて、、、
枝はそこからまた下に伸びて、境内いっぱいに広がっているのです。

それはもう、圧倒されるほどの迫力です。


千年の藤2013-3

右を見ても、、左を見ても、、

あっちを向いても、、こっちを向いても、、

紫の花の房が揺れています。


千年の藤2013-4

向こうの方までずっと、、、

気が付くと、昼下がりの境内には私一人。
階段に座って心行くまで美しい藤の花を眺めながら、静かな時の流れを楽しみました。

こんなにいっぱいの藤の花を独り占め!!!!!
思わずニンマリしてしまいました。

なんて贅沢なひと時でしょう。


千年の藤2013-5

鳥居に掛かる藤の花も、ひときわ素敵に見えました。

調布小島町の藤

調布の藤をもう1つ。

小島町の民家の庭の藤です。
散歩の途中で見つけて以来、毎年楽しみに見に行きます。


小島町の藤1

手入れの行き届いた藤棚に咲く藤は、個人のお宅とはとても思えないほどの見事さです。
今年は、特に素晴らしい!!!


小島町の藤2

本当に美しい!
ちょうど満開だったようです。

今までで最高かな。


小島町の藤3

しかも、道を挟んだ向かい側もこのお宅の土地のようで、そこにもちゃんと藤棚が作られているのです。
まだ木が若いのか、少し見劣りしますが、、、でも、十分に素敵です。

毎年楽しませてもらって、感謝しています。


武蔵野台で見つけた藤

もう一つ、藤の花です。

武蔵野台の藤

武蔵野台の駅の側を歩いているときに見つけた藤の花。
通りすがりのお宅の垣根で、とても素敵に咲いていました。

藤棚ももちろん素敵だけど、こんな風に何気なく生活に溶け込んでいるのもいいなぁ!


公園の藤の花

藤の花が、今年はとても綺麗に咲いています。

公園の藤の花1

近くの公園の藤棚です。
今、満開!!!


公園の藤の花2

藤の花が大好きなので、実は、ずいぶん前から何度もチェックしていました。

これは、1週間前の写真です。
まだ3~4分咲きといったところでしたが、それでもとても綺麗でした。

今年、調布の藤は花付きがとっても良いみたい。
蕾の頃は、気持ちが悪いほどいっぱいでした。


公園の藤の花3

中央高速脇にある『こぐま公園』の藤棚です。
こちらも、美しく咲いています。

藤の花って、どうしてこんなに綺麗なんでしょう!!!!!


ちょうちょ

この日は北風がとても冷たい日でした。
花壇のレンガの上にアゲハチョウが1匹止まっていました。
でも、じっとしていて、触覚でさえピクリとも動きません。

春になったと思って張り切って羽化したのに、あまりの寒さに驚いているのでしょう。
「出てくるのがちょっと早すぎた」って後悔しているのかもしれません。

この後冷たい雨が降っちゃったし、、、チョウチョさん、大丈夫だったかなぁ?


こだわり野菜のランチ

昨日は、インド時代の友人たちと表参道でランチをしました。

最近、表参道には渋谷から歩いて行くことが多いです。風が強い日でしたが、この日も往復ウォーキング。


こだわり野菜1

お店は、インターネットで見つけた『やさい家めい』。表参道ヒルズの中のこだわり野菜料理のお店です。
思ったとおり、女性に大人気! 辿り着いたら、お店の前にはズラリと順番待ちの行列が、、、

「あ~、予約しといて本当に良かった!!!」

頼んだのは『新筍御膳』です。
運ばれてきた大きな器を覗いて、皆思わず歓声をあげてしまいました。

筍づくし! カラフルで美味しそうでしょ!? 


こだわり野菜2

嬉しいことに、テーブルの上には手書きのカードが、、、

こだわり野菜3

おまけに、こんな素敵な手書きのイラスト入り説明書まで頂きました。
なんとも暖かいおもてなし!

気持ちがホンワカあったかくなりました。

もちろんお料理もとっても美味しかったです。
ご馳走様!!!


和カフェ1

ランチの後は、『R style by 両口屋是清』でお茶を飲みながらゆったりおしゃべり。
もちろんしっかりデザートも食べました。3種類が並んだ欲張りなセットです。


和カフェ2

煎茶のポットサービス。
なんて可愛い急須でしょうか!?

皆で表参道の優雅な非日常を楽しんだ一日でした。


頭上のフクロウ!

頭上のフクロウ

しだれ桜が満開の頃東郷寺を訪れたことは、先日このブログに書きました。

その帰り道、「多磨霊園」駅に向かって歩いていたとき、ふと何気なく頭上に目を向けました。

そのとき目に飛び込んできたのが、この看板!

可っ愛いぃ~~~!!!
幸せそうな子連れのフクロウ一家です。

こんな絵が頭上から見下ろしていたら、すごく楽しい気分になっちゃいますよね。

“TAMA ROAD”って書いてあるけど、地図を見るとこの通りは「東郷寺通り」になっています。
どっちが本当なんだろう!?

まっ、どっちでもいいけど、、、


金のなる木に花が、、、!!!

2013.4.6.金のなる木 001

久しぶりにベランダに出てみたら、、、

あれぇ~、「金のなる木」になんと花が咲いてるぅ~!!?

ピンク色のちっちゃな可愛い花。
金のなる木に花が咲くなんて思ってもみなかったので、びっくり。

そういえば、ここのところずぅ~っとほったらかしにして、水もあげていなかったなぁ。
過酷な環境に危機感を感じると、子孫を残そうと花を咲かせる植物があるけど、、、
もしかして、これもそうなのかなぁ?
ということは、花を咲かせた後に枯れちゃうのかしら。

不安になって、インターネットで調べてみました。

金のなる木に花が咲くのは、けっして珍しいことではないみたい。
「金のなる木に花を咲かせる方法」がありました。

ポイントは、「夏場に水をあまりやらない!」ことだそうです。

なぁんだ、乾燥に強いのをいいことに、まったく無視して水をやらなかったのが幸いしたなんて、、、笑っちゃいます。

コツがわかったから、これからは毎年花を咲かせられるかもしれません。
なにしろ枯れない程度にほったらかしていればいいんだから、簡単だよねぇ。


飛田給の桜並木

ソメイヨシノはすっかり散ってしまいましたが、今咲いている桜ももちろんあります。

飛田給の桜1

飛田給駅北口の緑の桜『御衣黄』の並木の花が、今年も見事に咲きました。
今まさに満開! ほんのりピンクの黄色い桜の花が美しく咲いています。


飛田給の桜2

今年の花付きは実に見事で、たくさんの花を付けた重そうな枝が強い風に煽られて、なんだか気の毒になってしまうほどでした。

飛田給の桜3

御衣黄の並木の奥には、八重桜の並木があります。
こちらも、そろそろ満開を迎えるところでした。

ソメイヨシノが終わった後に、2種類の桜を同時に楽しめるのでおススメです。



秋田の鎌田さん!

先日偶然テレビで、秋田県の鎌田さんのことを知りました。
彼女は「カリスマ節約主婦」とか「節約アスリート」とか言われていて、かなり有名な人のようです。

それにしても、徹底した節約ぶりにとても驚きました。

それ以来、なんとなく影響されたみたいで、電気をつけないでトイレに入ってみたり、チョロチョロ水で顔や食器を洗ってみたり。

その結果、面白い発見もありました。

実は超の付く寒がりの私は、迷うことなくいつもお湯で洗い物をしていました。
そのせいで、必要以上に皮脂が奪われて、手荒れに悩まされてもいましたけど。

でも、鎌田さんは秋田県に住みながら「もう10年以上湯沸かし器を使ったことはない」と言います。
食器はすぐに洗わずに、流しに積み上げておきます。
「今暖かいときに洗い物をして寒い思いをするのは嫌なので、外から帰ってきて身体が冷えているときに洗う」「そうすれば、それほど水を冷たく感じない」のだそうです。

とてもビックリしましたが、なるほどとも思いました。

で、外出後ではありませんが、ちょっとチョロチョロ水洗いを実際にやってみました。

まず驚いたのは、ジャージャー水では耐え難いほど冷たくなる手が、チョロチョロ水だとそれほど冷たく感じないことでした。
これはつまり、大量の水だと手の体温がどんどん奪われていくのに対し、チョロチョロ水では手の体温で水がそれなりに温められるし、手の体温もさほど奪われなくて済むということだと思います。

さらに驚いたのは、お皿はチョロチョロ水で充分キレイになるということでした。少し時間は余計に掛かりますが。
今まで、なんと無駄に水を使っていたことでしょうか!!!

今のところお湯を使わず、あまり苦にもならないで、顔や食器のチョロチョロ水洗いが続いています。

まぁ、鎌田さんほどストイックに節約をする必要は感じていませんが、それでも資源の無駄使いはないに越したことはないですしね。それに、これ、結構面白くて、癖になりそうです。

そういえば、若返り健康法で有名な南雲先生の提唱する「水シャワー」の理論(冷たいシャワーを浴びると、後で逆に身体がポカポカしてくる)にも合致しているかもしれません。

さて、いつまで続くものやら、、、?

野川の桜 その後

昨日今日と、冷たい花散らしの雨が降り続いています。
東京のソメイヨシノはもう終わりですね。

3月23日(土)、張り切って見に行ったのに空振りだった野川沿いの桜。
実は、数日後の天気の良い日にもう一度見に行ってみました。

今度は満開の素晴らしい桜が迎えてくれて、大満足でした!


野川の桜(3)

子ども達も桜の下で、楽しそうに遊んでいましたし、、、

野川の桜(1)

遊歩道の桜のトンネルも、、、
ため息が出そうなほど、美しかった!!!


野川の桜(2)

恋人たちも、文句なく幸せそうでした。

今年は、桜の開花があまりにも早くて戸惑うほどでした。
しかも、当初暑いくらいの陽気が続き、すぐに花が散ってしまうかとずいぶん気をもみました。

ところがその後、冬に逆戻りしたかのような寒い日が続き、、、
予想に反し花が長持ちして、美しい満開の桜を存分に楽しむことができました!
嬉しい誤算で、本当に幸せでした。

でも、もうお別れですね。
桜さん達、今年もありがとう!

また来年、期待しています。