FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

9年振りの工場見学!

先日、自治会役員仲間4人で「サントリー武蔵野工場」を見学に行ってきました。
京王線「分倍河原」駅前の広場から無料のシャトルバスが出ています。

実は私、9年前にも友人と行ったことがあるのです。(そのときの記事はこちら
なかなか面白かったし、最後に出来たての生ビールを試飲できたので、今回も期待いっぱい。

広場にはバス停がたくさんあって、ちょっと戸惑ってしまいます。
いろんな会社のシャトルバスが出ているようです。
サントリーの工場行きはどれかしら?

ああ、ありました!控えめな文字でサントリーって書いてあります。

「でも、大丈夫よ。派手な黄色いバスが来るから、見落とすことなんか絶対にないわよ~」と私。


シャトルバス


だってね、前回の見学のときに乗ったバスって写真のとおり、ド派手な黄色いバスだったのですから。
そういえば、写真で見ると、バス停だって黄色くてすっごく目立っていましたねぇ。

ところが、ところが、、、
やって来たバスは薄い水色のマイクロバスで、と~っても控えめ!
ありゃりゃりゃ、、、ずいぶん違っちゃったなぁ。


サントリー1

そして、迎えてくれた係りのお姉さん。
鮮やかな黄色い制服を着てました。

あれれ、これも違っちゃった!


笑顔がステキなモリタさん


前に来たときに案内してくれたお姉さんが着ていた制服は、、、水色でした!

バスと制服の色が入れ替わったようですね。
9年の時の流れを感じてしまいました。

さて、見学ツアーの出発です。

最初は映画でビールができるまでをざっとお勉強。
以前は、その後10人ぐらいずつの小グループに分かれて案内してもらったと思うのですが、マイクの性能が良くなったからなのか、30人ぐらいの見学者全員を一度に案内してくれました。

ビールの原料は、大麦とホップと良質の水の3つだけ。
サントリーでは、混ぜものなしにこの3つだけに拘って「プレミアムモルツ」を作っているそうです。
これは、前回も強調していましたね。

工場内は、甘い草いきれのような不思議な香りに満ちています。

「製麦」 → 「仕込み」 → 「発酵」 → 「貯酒」 と進んで、、、


サントリー2

熟成されたビールの次の工程は、「ろ過」です。
ろ過器を通ってオリや酵母を完全に取り除かれると、黄金色の澄んだ「生ビール」のできあがり!

ろ過器の内部は、写真のようになっています。

そして、最後は「容器詰め」!


サントリー3

缶や樽に詰められます。
武蔵野工場では、ビン詰めはやっていないとか。

写真は缶詰めの様子です。矢印のところを、詰め終わったたくさんの缶がすごい勢いで流れていきます。
なかなか壮観で、思わず見入ってしまいました。

ビール製造のお勉強の後は、お待ちかねの試飲タイム。

この日は、「プレミアムモルツ」と新発売の「マスターズ・ドリーム」の2種類を1人3杯まで試飲できるとのことでした。

へええ、太っ腹だねぇ!
なんて喜んでいたのだけれど、、、、

何しろ時間がありません。
ゆっくり味わっていたら、「もう時間です」って言われてしまいました。

私たち4人は、2杯がやっと。
しかも、2杯目はかなり慌てて飲み干したから、なんだかほろ酔いを超えてしまった感じでした。
まあ、2種類の飲み比べはできたので、文句は言いませんけれど。

帰りにファクトリーショップに寄って、「ビール酵母入りのうどん」をお土産に買いました。
とても美味しいということだけど、まだ食べていないので本当かどうかわかりません。
食べてみるのが、楽しみです。

手軽に行ける ビール工場が近くにあるって、幸せなことです。


スポンサーサイト

ピンクのペコちゃん

中目黒のペコちゃん1

中目黒で見つけたピンクのペコちゃん!

なんか不思議な格好をしてるけど、、、でもちょっとカワイイ。

一体これは何かしら?
うさぎさん、、、?

でもよく見たら、、、
『マカロンペコちゃん』でした!

4姉妹の記念旅行

先週、姉妹4人で箱根に1泊の記念旅行に行きました。

何の記念かというと、、、
姉妹4人全員が60代になった記念です。

一番上の姉と妹は、10歳違います。
なので、全員が60代でいられるのは、わずか3ヵ月半の間なのです。

妹はまだ現役なので、なかなか予定を空けられません。
今回も、ぎりぎりセーフ! 間際にやっとスケジュールが決まりました。

実は、40代のときも日光に1泊旅行に行きました。
でも50代のときは、私がインドのニューデリーに滞在していたので、残念ながら実現できませんでした。

今回は実現できて、本当に良かったです。
行き先はどこでもいいのですが、幸いなことに素敵なホテルの部屋を予約できて、4人とも大満足の旅でした。

小田原駅で「箱根フリーパス」を買って、箱根湯元から登山電車→ケーブルカー→ロープウェイを乗りついで、、、
本当は途中の大涌谷で「黒たまご」を食べたかったのだけど、この日は大涌谷付近は台風並みの強風で、「これ以上強くなったらロープウェイは営業を中止します」と駅員さんが叫んでいたので、途中下車は諦めて慌てて桃源台へと下ったのでした。

芦ノ湖も風が強くて、海賊船も定刻どおりには動いていません。
仕方がないので、早々にバスに乗ってホテルに向かいました。

ホテルでの~んびり!
ラウンジでお茶を飲み、、、
温泉にゆっくり浸かって、、、
後はお部屋でおしゃべり、、、

なかなか4人で旅行する機会はないので、良いひと時でした。


箱根 鈴広の桜

さて、次の日。
この日も風が強い寒い日だったので、ホテルでのんびり過ごした後で、箱根湯元までバスで行きました。
駅前でお土産などを調達してから、「風祭」駅に。
ここには、かまぼこの『鈴廣』の店や博物館などがあります。

『かまぼこ博物館』の前には、満開の桜が見事でした。
え~っ、もうサクラが満開なのぉ~?
と思ったら、、、ソメイヨシノではなく「大漁サクラ」でした。
素敵なピンク色で、とてもきれいなサクラです。
熱海市の角田春彦という人が「オオシマザクラ」と「カンザクラ」を掛け合わせて作ったサクラだとかで、早咲きのようです。
名前が変わっていますが、桜鯛の色と漁にちなんで付けられたとか。

博物館でかまぼこについていろいろ学んだら、、、かまぼこが無性に食べたくなってしまいました。

ちゃんと近くに、かまぼこを食べさせる洒落たお食事処があります。
うまくできてるなぁ!

お昼は小田原で海鮮丼を食べるはずだったのに、やっぱりかまぼこ食べた~い!
鈴廣の意図にはめられた感じもしたけれど、出されたお食事はとっても美味しかったので大満足でした。

食事の後は、店内中かまぼこでいっぱいのお店でお買い物。
すっかりかまぼこを見直した私です。

次は70代記念なわけだけど、、、
果たして、皆元気で実現できるかなぁ?、、、、、、、

1/2 成人式!

今日3月18日は、、、、
孫のMちゃんの『1/2 成人式』だったようです。

『1/2 成人式』って知ってますか?
成人式は20歳ですから、その半分の10歳になったことをお祝する会だそうです。

昔は、そんなのなかったから、聞いたこともありませんでしたけどね。
学校行事の1つみたい。

数日前に、Mちゃんから電話が掛かってきました。
「おばあちゃん、私の『1/2 成人式』に来れますか?」って。

「いやぁ、残念! 約束があるから行けないなぁ。ごめんね。」
行きたいのは山々だったんだけど、、、やっぱり約束は守らないといけないから。
Mちゃんは、司会を務めることになってるそうです。
行けなくて、ホントにごめん!

「ううん、大丈夫。私、がんばるから、、、」
そう健気に言ってたけど、ちょっと声が小さくなって悲しそうでした。
胸が痛みます。

どうだったかな?
司会、ちゃんとできたかな?
見られなくて、おばあちゃんも残念だったよ。

イワトビペンギンに会いたくて、、

大好きなイワトビペンギンに会いたくて、『葛西臨海水族園』に行きました。
前から行きたかったのだけど、なかなか行く機会がありませんでした。

イワトビペンギン

イワトビペンギンがホントに大好き!
大分前に、テレビで彼らの子育てを追った番組を見て以来、すっかり魅了されてしまいました。

ぜひとも本物に会ってみたいとずっと思っていたのです。

そして、やっと会えました!

でも、この日は雨。
そして、ペンギン達の展示は屋外です。
傘を差してのご対面!

イワトビペンギンさん達は、水の中。
スイスイと泳いでいました。

感激だったんだけど、、、
頭の両脇の黄色い羽がペッタリ貼りついちゃって、目立っていません。
残念だなぁ。
あのピンと張り出した黄色い羽がカッコイイのに、、、

ペンギンの顔って、ちょっと怖いのね。

この次は晴れた日に来ますから、岩の上をピョンピョンしてね。

イソギンチャク

葛西臨海水族園は、期待以上に面白いところでした。
イワトビペンギン以外にも、印象的な生き物がたくさんいました。

まずは、とってもカラフルな「イソギンチャク」。


クラゲ

そして、フワフワと幻想的な「クラゲ」たち。

ハリセンボン

おどけたお顔の「ハリセンボン」。
人懐こくて、うるさいくらい目の前に寄ってきます。

「ねえ、私の写真を撮って、撮って~」

タツノオトシゴ

これも、私のお気に入り!
ヒラヒラドレスの「タツノオトシゴ」さん。

ヒラヒラ優雅に泳ぎ回るので、、、ピンボケ写真しか撮れませんでした。

ちょっと一休み

この子は、とっても協力的。
岩の上に陣取って、ピクリとも動きません。

イザリウオの一種かな?

見学中

先生に引率された小学生たちが、たくさん来ていました。
大きな水槽の前にペタリとお座りして、先生の説明を一生懸命聞いていました。

みんな、おりこうさんだね!

後姿がとってもかわいくて、思わず写真を撮りました。
孫の姿と重なります。

雨の降る寒い日でしたが、楽しく面白い1日になりました。
実をいうと、この日我が家は給水槽工事で断水だったので、家から逃げ出したんですけどね。


梅の花 2015: 神代植物公園

今年の神代植物園の梅!

梅2015-1

まず紅梅。

梅って、枝がグニャグニャしている様がとっても面白いですよね。
黒くてゴツゴツしてる曲がりくねった枝と、きれいな花色の対比が印象的です。


梅2015-2

そして、白梅。

清楚な感じの美しさが心に沁みます。


梅2015-3

素敵な梅林。

ここの良いところは、この林の中を歩けることです。
近くに寄って見上げたり、、、花に顔を近づけたり、、、

う~ん、とってもよい香り!


梅2015-4

すごく珍しい梅の花がありました。

花びらが退化した“しべ咲き”の梅です。
ちょっと不思議な花でしょう?

よぉ~く見ると、、、外側の萼(がく)片よりず~っと小さな花びらが垣間見えます。

「てっけん」という名前ですが、とても難しい字です。
別名「茶筅(ちゃせん)梅」ともいうそうです。

とても暖かい年には、白い花びらを出すこともあるんですって。
面白いですねぇ~。

だるま市 2015 : 深大寺

3月3~4日は、深大寺の『だるま市』でした。
ずいぶん前に一度行ったことがありますが、ものすごく混んでいてびっくり。
それ以来、行ったことがありません。

今年はすっかり忘れていて、、、
4日(水)はとても良いお天気だったので、散歩がてら神代植物園の梅を見ようと出かけていったら、、、すごい人出!
あ~、そうだった。今日って、だるま市だったんだぁ。

参道に屋台がびっしり!
境内に入るまでが大変でした。


だるま市2015

境内では、あっちにも、こっちにも、所狭しとダルマ屋さんがお店を出していました。
以前に来たときより、雑然としている感じです。

大きなダルマ、小さなダルマ、、、
いろんな種類のダルマが売られています。
ネコのダルマとか、干支のヒツジのダルマなんかもありましたよ。

賑わいは見ていてとても楽しいものでしたが、この日は写真を撮るだけにして、ダルマさんは買いませんでした。

でも、皆さん結構買っていらっしゃいました。


だるま市2015-2

「だるま開眼所」なるところもあって、買ったダルマに眼を入れてもらっていました。
お坊さん達は大忙し!
左の目に「ア」と入れるらしいです。
でも、よく見たら、ここでは梵語文字で入れてくださるようでした。

大きなダルマに眼を入れてもらって、大事そうにバッグに入れてお持ち帰り、、、
なんだかとても微笑ましい光景です。
皆、幸せになりたいのですね。

古いダルマを納める場所もありました。
注意書きによると、、、
納める前に右目に「ウン」と入れてから納めましょうって。

ふ~ん。そうなのか!?
大願成就の暁には、、、てことだよね。
でも、もし願いが叶わなかった場合はどうするのでしょうね。

ドン、、、ゴロゴロ、、、
誰かが古いダルマを納めた音。
多分大きなダルマです。
果たして、願いは叶ったのかしら?