FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

下高井戸 改札前のパン屋さん

昨日、用事があって下高井戸駅で友達と待ち合わせ。
改札前に京王のパン屋さん『ルパ』があるので、そこで会う約束だった。

時間ぴったりに改札から出ると、友人がそこに立っていた。
「あのね、パン屋さんの名前が違うの」
「えっ、そうなの?」

驚いて見ると、あららら、、、『フロマンドール』なんて洒落た名前になっちゃってる。
中の造りは基本的に変わってないけど、看板の色もお洒落なブルーだし、、、

別にどうしても『ルパ』のパンが食べたかった訳ではないし、わかりやすくて便利ってだけだったので、もちろん迷わず中に。

パンを選んでいたら、、、
「あれれ、、、これってサンジェルマンのパンじゃない!?」
私のお気に入りのパンがあった。
「じゃあ、ここってサンジェルマン系なのかしら?」
「でも、京王線の改札口の目の前だし、、、」
「でも、世田谷線って東急だから、東急系のパン屋さんがあってもおかしくないんじゃない?」
などと言いながら、おいしくパンを食べたのでした。

家に帰ってからインターネットで調べてみたら、、、
やっぱり『フロマンドール』ってサンジェルマンがやってるカフェ付きのパン屋さんでした。
サンジェルマンって、名前が違ういろいろなカフェ&ベーカリーをやってるんですね。
ちょっとびっくり!

それにしても、『ルパ』はどうして下高井戸から撤退しちゃったのかなぁ?
京王稲田堤駅前の『ルパ』はまだ健在だけどね。

京王ファンの私としては、なんだかちょっと寂しいなぁ。
京王、頑張れ!!!
スポンサーサイト

防災訓練

桜の実

昨日は『母の日』でしたね。

今の私は、プレゼントをもらうだけの立場。
こちらからあげる相手がいないのは、やっぱり寂しいです。

2人の息子たちからは、それぞれに実用的でとても素敵なプレゼントをもらいました。
とても嬉しいです。
でも本当は、息子たちの家族みんなが元気で幸せでいてくれさえしたら、、、
それだけで嬉しいのですけれど。

ところで、昨日はマンションの防災訓練の日でもありました。
今年私は自治会の役員をやっているので、朝早くから準備でした。

消防署から隊員の方たちが10人も来てくださいましたし、消防車や起震車もやって来ました。
今の消防車って、すごく進んでいるのですね。

実際に行なった防災訓練のメニューはとっても盛りだくさん!

☆AEDの使い方を含めた人命救助訓練
☆水を使った消火器による初期消火訓練
☆起震車で震度7の体験
☆119への通報訓練
などなど、、、、

どれも大変有意義で、いろいろ考えさせられました。

お天気にも恵まれ、爽やかな緑の中、楽しく和やかな防災訓練でした。
見上げる桜の枝には、色づき始めた小さな実が光を浴びて輝いていました。

さて、これでやっと今年の自治会行事がすべて終了。 ヤッター!
後は6月の総会で次期役員に引継ぎです。
でも、総会準備も一仕事。 頑張らないとね。

惚れたかも、、、

アツモリソウ1

神代植物園でやってた野草展で、アツモリソウを見つけました。
あなたは見たことありますか?

私、出会った途端に魅了されて、、、目が釘付け!
素敵だな。 惚れちゃったかも。


アツモリソウ2

こちらもアツモリソウだけど、ずいぶん印象が違います。
アツモリソウにもいろんな種類があって、花の色もいろいろ。
レブンアツモリソウは、淡いクリーム色をしてるらしいし。

平敦盛からもらった名前。
袋状の花弁を、敦盛が身に着けていた母衣(ほろ)に見立てたものだとか。

でも、この花って野生の花が激減して、絶滅危惧種だそうですよ。
可憐な姿が災いして、盗掘されてしまうんですって。
敦盛って、とっても美男だったという話ですからねぇ。

でも、こっそり採ったりしちゃダメですよぉ~!!!


ハクウンボクとハンカチの木

ハクウンボク2015

Nさんが「家の近くのハクウンボクが咲きましたよ~」とメールをくれました。

それなら、神代植物公園のハクウンボクだって咲いてるはず、、、
そう思って見にいきました。

神代植物公園のハクウンボクは、水生植物園の入口近く、道を挟んでトイレの反対側にあります。
とても大きくて、高い木です。

目を凝らして見上げてみると、白い花の塊がたくさん咲いていました!
でも、花をくっきり撮るには、望遠レンズが必要です。

一生懸命見上げていたら、首が痛くなってしまいました。
この次は、望遠レンズを持って来なくちゃ。


ハンカチの木15-1

もう1つ、心惹かれるのが「ハンカチの木」です。
ハトが羽ばたいている姿に似ているので、英語名は「ハトの木」というそうです。

初めて見たのは、新宿御苑でした。
とても珍しくて、大好きになりました。
それ以来、5月始めになるとよく新宿御苑に花を見に行ったものです。

でも、数年前に神代植物公園にもあることを知りました。
比較的最近植えられたみたいです。


ハンカチの木15-2

新宿御苑のハンカチの木は大きな木で、花は頭上高くにしか咲いていません。
でも、ここのハンカチの木はまだ若いので、手の届くところにたくさん花が咲いているのです。

ハチがせっせと花粉を集めているのに出会えたり、、、
目の前でじっくりと花を観察できるので、嬉しくなってしまいます。

ハナミズキなどと同じミズキの仲間だそうで、花びらだと思っているのは苞葉なんだって。

それにしても、とても優雅で上品な花です。


ハンカチの木15-3

枝にぎっしり咲いている花は、ずらりと並べて干しているハンカチのようにも見えますね。

中国では、悲しい恋の話が伝えられているとか、、、

「幽霊の木」なんていう別名もあるらしいけど、薄闇の中で見たらそんな風にも見えるかもしれません。



藤の花 2015 : 神代植物公園

藤の花15-6

しばらく東京を留守にして、北軽井沢の山荘を開けに行っていました。

夏のような陽気が続いたので、帰宅してみると、近くの公園の藤棚の花はとっくに盛りを過ぎてしまっていました。
楽しみにしていたのに、、、

中央道の傍の「こぐま公園」の藤棚も、葉っぱがワサワサ伸びてました。
あ~あ、残念!


藤の花15-3

この分では「神代植物公園」の藤たちも期待できないかも。
そう思いながら行ってみたら、、、

嬉しいことに藤棚の藤の花がちょうど見頃でした!
よかった。


藤の花15-1

トンネルのように長い藤棚には、いろんな種類の藤の花が垂れ下がっていて、、、
いずれ劣らぬ美しさを競い合っていました。

長く垂れ下がった薄紫色の「ノダナガフジ」が優雅に揺れていましたし、、、


藤の花15-4

淡い黄色の藤の花は、日の光を浴びてキラキラと輝いていました。

櫓仕立てのヤマフジたちの花が、ほとんど終わっていたのはとても残念でしたけど。
大好きな「口紅藤」の“おちょぼ口”した可憐な花に、今年は会えなくてガッカリ。


藤の花15-2

でも、藤棚の花に間に合って嬉しいです。

これ、なんという名前の藤でしょう?
花房がとても短くて、しかも八重の花がモコモコと咲いてます。
まるでブドウの房かと思うくらい。

変わってますよねぇ。


藤の花15-5

藤の花はどれも美しくて素敵だけど、、、

やっぱり私は、長く優雅に垂れ下がる「ノダナガフジ」が一番かな!