FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

旅に出ます、、、

突然ですが、、、

明日から旅に出ます。
行き先は、アメリカ~カナダ方面。
20日間の旅です。

メインは、初めての船旅。
とても楽しみ!

最近のことですから何があるかわかりませんが、無事に元気で帰ってきたいと思ってます。
スポンサーサイト



2つ目のショクダイオオコンニャクの花

8月始めに、このブログにショクダイオオコンニャクの花のことを書きました。

滅多に咲かない非常に珍しい花ですが、4年ぶりに神代植物公園で咲いたのでテレビや新聞のニュースなどでも話題になって見物人で賑わいました。

ところが、8月末にも「またまたショクダイオオコンニャクの花が咲きそうです」とのニュースが流れました。

最初の花ほど話題になりませんでしたし、扱いもぐっと控えめでしたが、、、

それよりも、一体どういうことだろう?って理解できませんでした。
だって、世にも珍しい花で、滅多に咲かないとのことだったでしょう!?
それが立て続けに、同じ神代植物公園で咲くなんて、、、とても考えられません。
神代植物公園には、ショクダイオオコンニャクの株が2つもあったの?

不思議に思っていたら、なんと「今回咲くショクダイオオコンニャクこそが神代植物公園のもの」であって、7月に咲いたのは小石川植物園から預かったものだったんですって。

へええ~。そうだったのか!
なんで預けられていたのかも定かではありませんが、、、

それにしても、こんなに立て続けに「世にも珍しい花」が咲くなんて、今年はよっぽど開花に適した気候だったのでしょうか?

2つ目の花は、かなり地味目に「もうすぐ咲きそう、、」と報じられていましたが、
結局、9月6日の朝に咲いたそうです!

今回は見に行きませんでしたけど。

なんとしてでも、、、、、?

安保法案が可決されてしまいましたね。

安倍さんと自民党は、誰が何と言おうと、、、どんなことがあっても、、、安保関連法を成立させて、原発をどんどん再稼動させて、そして、普天間基地を辺野古に移転させるつもりなんでしょうね。

先日新聞を読んでいたら、「大手の住宅メーカーがエネルギーゼロ住宅の販売に本腰を入れる」という記事がありました。
初年度の目標を合計すると、年間20万軒になるそうです。
そして、その20万軒の住宅が節約できる電力は、なんと、、、原発一基分に相当するのだそうです。

す、すごい!!
それってつまり、様々に知恵を絞ってこのエネルギーゼロ住宅をどんどん開発普及させていけば、そう遠くない将来に原発30基分に相当するエネルギーを節約できるってことでしょ!?
ところで、30基って今の政府が動かそうとしている原発の数ですよね?

つまり、皆で力を合わせて頑張れば、原発を無理に動かす必要もなくて、脱原発はそんなに難しくないってこと!
たとえ1年に1基分ずつ節約していったとしても(実際にはもっと短期間で達成できそうだけど、、、)、30年で原発は30基必要なくなる計算です。
そして、その30年後にも、まだ福島の原発の問題は全然収束していないってわけでしょ!?

どちらが良いかは、誰が考えたって明らかなのに、、、
やろうと思えばできそうだという希望も見えてきたというのに、、、

一体安倍さん達は、この国をどこに連れていこうとしているのでしょうか?

とっても怖い!!!

未明の地震!

今朝5時49分の地震!

びっくりして目が覚めました。
結構揺れが大きかったですが、それほど長くはありませんでした。
幸いにも、何も物が落ちたりしませんでした。

慌ててテレビをつけたら、、、
私の住む調布市の震度が一番大きくて、震度5弱だったというのでとても驚きました。

ほどなくしてヘリコプターが飛んできて、、、音が結構うるさい。
NHKのヘリコプターだったらしく、テレビの上空からの映像にうちのマンションがばっちり映し出されていて、またまたビックリ!

大した被害がなくて、本当に良かったです。

先日の軽飛行機の墜落事故といい、このところ何かと調布が話題になっていますが、あまり良いニュースではないので複雑な思いです。

それにしても、茨城の常総地区の浸水被害の酷さには胸が痛みます。
どうしてこんなことになっちゃうのでしょうね!?

茨城の惨状をわかっていたのに、宮城でも同じような浸水被害が起こっているというのは、、、
こうした被害を防ぐことは、とても難しいということなのでしょうか?


ネコじゃないけど、、、

マタタビ1

これ、何かわかりますか?

「ネコにマタタビ」のマタタビです!
マタタビという言葉は誰でも知っているけれど、都会人にはほとんど馴染みがありません。

北軽井沢のいつも行く八百屋さんで、先日見たことのない実を見つけました。
なんだろう!?と思って八百屋のおばあさんに聞いたら、、、
「マタタビだよ!」って。
「えーっ!これがマタタビ? 初めて見た~!」

「一体どうやって食べるのですかぁ?」と尋ねたら、、、
「置いといたら黄色く熟すから、そのまま食べるんだよ。甘いから、ネコだけじゃなくて人間も食べられるよ」
「あら、人間もグニャグニャになるのかしら?」
「ハハハ、、人間はならないよ~」

好奇心いっぱいで買ってきて、熟した実を齧ってみました。
ほんのり甘い味がするけれど、なんだか青臭くってお世辞にも美味しいとは言えません。


マタタビ2

切ってみると、こんな感じ。
小さな種がいっぱいで、シャリシャリとキュウイの種みたいです。
私はあの種が苦手なので、このマタタビの実もあまり好きになれませんでした。

調べてみたら、キュウイもマタタビの仲間なんだそうです。
似ているはずだわ!

ところで、マタタビの名前ですが、「旅で疲れた旅人がマタタビの実を見つけて食べたところ、元気になってまた旅を続けられたから」って話を聞いたことがありませんか?

ずっと信じていたけれど、今回調べてみたら、これはまるっきりデタラメなんですって!
なぁ~んだ!

それにしても、ネコは確かに大興奮してメロメロになっちゃいますよね。
飼い猫で試したことがあります。
マタタビラクトンとかいう成分に反応するのだそうですよ。

人間にも効く漢方薬としても売られていますね。
でも、普通の実は有効成分が少ないそうです。
花のときにアブラムシなどが卵を産みつけると虫こぶのようなイビツな実ができて、これを虫エイとか木天蓼(もくてんりょう)とかいうそうですが、漢方薬に使われるのはこちらの方だとか。

やっぱり不思議な実なんですね。

おじいちゃんは 虫取り名人!

北軽井沢の山荘は、自然以外何もないところ。
で、とにかく虫がいっぱいいます。
小さいのから大きいのまで。

都会ではあまりお目に掛かれない大きなオニヤンマなども普通に飛んでいて、時々家の中に飛び込んできます。
ここのオニヤンマはとびきり大きくて、体長15センチぐらいもあります。

黄色い模様の黒い胴体はすごく迫力があって、虫好きには堪らない魅力でしょうが、虫が苦手な人にとっては恐怖です。

間違って家の中に飛び込んでくると、トンボ自身もパニックに陥って早く外に出ようと焦るみたい。
でも、あまり器用ではないらしくて、窓とカーテンの間に入りこむと上手に脱出できません。
ただただもがいて暴れるので、「ジジジ、、ジジジ、、」と大きな音を出すばかり。
運よく外れて出て来れても、部屋の中を闇雲に飛び回って壁に何度もぶつかります。

大きな図体で暴れまわるのですから、虫に慣れていない都会っ子たちは恐怖に顔を引きつらせながら逃げ惑うことになります。
そして、大きな声で「おじいちゃ~ん!!!」と呼ぶのです。

「なんだ!? どうした!!?」
と言いながら駆けつけてきたおじいちゃん。
「なんだ、トンボか」と拍子抜けしたように言うと、サッと手でオニヤンマの羽を優しく掴んで外に逃がしてやります。

「おじいちゃん、すご~い!」
孫たちは目をパチクリさせながら、尊敬の眼差し。
ホント、おじいちゃんは頼りになります。

かくして、カナブンでも、蛾でも、ハエでも、アブ、ハチ、コオロギが゜出ても、「おじいちゃん、虫ぃ~!」の大合唱。
その度駆けつけるおじいちゃんは大忙し。

虫取り名人のおじいちゃんはハエ叩きの技もとても鮮やかで、ほとんど百発百中です!

すっご~い!
の声に載せられて、おじいちゃん株の上昇はとどまるところを知りませんでした。