FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

イルミネーション2015: 『フローラルアンジェ』

京王線沿線でもう一つ。
今年は、京王相模原線の「京王多摩川駅」の隣りにある『フローラルアンジェ』にも行きました。

フローラルアンジェ15-1

園の入口を入ったところにある池周辺のイルミネーション。
夏には「モネの水蓮の池」で、モネの絵のように水蓮の花が美しく咲いているところです。

冬場の今は、水面に何もありません。
池の真ん中に浮かんだトンガリ型のイルミネーションが、鏡のような水面に反射して、とても綺麗でした。

フローラルアンジェ15-2

敷地奥にあるマグノリア園では、手作りのランプが整列していました。
暗い中に整然と浮かび上がるランプの灯りが、とっても素敵。

ロウソクの灯りは暖かいオレンジ色。
揺らめく炎も魅力的。なんだか心がホッとします。

フローラルアンジェ15-3

近寄ってみたら、このランプ、プラスチックのカップでできていました。
う~ん、なるほどねぇ!

きれいな色のキャンドルを手作りするイベントなどもあったようで、色とりどりのキャンドルがたくさん飾られているコーナーもありました。

全体に手作り感がいっぱいのほのぼのしたイルミネーション!
大がかりな派手さはありませんが、こんなイルミネーションもいいなぁと思いました。

このイルミネーションは、12月24日まででした。
さて、来年はどんなでしょうか?

スポンサーサイト

イルミネーション2015: 『よみうりランド』

京王線沿線のイルミネーションにも行きました。

まずは、『よみうりランド』の“ジュエルミネーション”!
世界的に活躍している照明デザイナーの石井幹子さんのプロデュースです。
最近とっても人気があります。
広告にも力を入れているようで、訪れる人が年々増加中。
今年はなんと400万球で、都内最大級だとか。

よみうりランド15-1

乗り物で一番人気は、文句なく「BANDIT」!
高低差が半端じゃない、巨大なジェットコースターです。
入口には、いつも順番待ちの長い行列が続いています。

でも私は、できたら乗りたくないですけど、、、

よみうりランド15-5

こちらは、子ども用ジェットコースターの「ワンディット」!
フフ、、、バンディットを意識したネーミングですね。
よみうりランドのゆるキャラ「ランドドッグ」が先頭の車両にいます。

子ども用といっても、なかなか馬鹿にできないスリルがありますよ。

よみうりランド15-2

大観覧車も大人気です。
もちろん、私たちも乗りました。

よみうりランド15-3

上から眺めるイルミネーションはとっても素晴らしい!
いろいろな形のイルミネーションがはっきり見られて面白いです。

よみうりランド15-4

大観覧車から眺めるよみうりランドの全景。
今年のイルミネーションは、7つの宝石色が輝いています。
美しいですね。

夏に賑わうプールでは、午後4時から噴水ショーが始まります。
光と音楽に合わせた水のダンス!
プログラムは2種類あって、15分置きに交代に演じられています。
『時の栖』の噴水ショーに比べれば少し迫力に欠けますが、優雅に美しくて素敵でした。

このジュエルミネーションは2月14日までやっています。
機会があれば、是非いらしゃってください。
いらっしゃる際は、是非京王相模原線の「京王よみうりランド」駅からゴンドラで。
ゴンドラから眺めるよみうりランドの夜景は、この時期それはそれは美しくて必見です!

『集団行動』ってスポーツ!?

先日のこと。
たまたま見たテレビ画面にビックリ!
そのまま目が離せなくなってしまいました。

番組名は「トリハダ㊙スクープ」で、画面に映っていたのは日体大の『集団行動』!

揃いのユニホームを着た70人余りの学生が、腕を大きく振りながら速足で歩くだけなのですが、、、
号令に従って、様々なフォーメーションに次々と変化します。
一糸乱れぬその動きは実に見事で、素晴らしい!

歩きながらいくつかグループに分かれたかと思ったら、左右または前後から互いの間をすり抜けて、あっという間に交差したり、、、

変幻自在のその動きに、目をパチクリするばかり。

とにかくすご~い!!!

清原監督が指導して40年も続いているそうですが、毎年メンバーを学生から公募して特訓に次ぐ特訓!
200日以上の厳しい練習の間には、たくさんのドラマも生まれます。
練習で歩いた距離は、なんと東京から福岡までとか。

一体これって、スポーツなのかしら?

他にもこの『集団行動』をやっている大学もあって、競技会とかもあるのかしら?
世界大会なんかもあるの?
そんな疑問が次々に生まれてきます。

インターネットで調べたら、これは日体大の演技発表会とかいう学内のイベントで発表するためだけのようで、他にやっているところもないみたい。

でも、、、
あの日以来、彼らの集団行動が目の前にチラついて離れません。
いきおい、道を歩くときもついつい大きな歩幅で速足に、、、

不思議な魅力の『集団行動』!
面白いものが世の中にはあるもんですねぇ。

イルミネーション2015: 『東京ドイツ村』

11月27日、千葉県の養老渓谷と粟又の滝へのバスツアーで、夕方連れていってくれたのは『東京ドイツ村』でした。
木更津の近くにあります。
千葉なのに東京ドイツ村というのは少々気になりますが、まあ、『東京デズニーランド』もそうですからねぇ。

ドイツ村2

暗闇の中、色とりどりのイルミネーションが一面に浮かんでいるのを車窓から見つけたときは、思わず皆歓声を上げました。
とっても綺麗!

ドイツ村1

広大な敷地全体に、様々なイルミネーションが、、、
まるで、光のお花畑のようでした。

動物がいたり、、、
きのこの林があったり、、、

小さな可愛いお家があったり、、、

ドイツ村3

建物もすべてイルミネーションで飾られていますが、広い光の畑がどこまでも広がっていました。

ドイツ村4

「虹のトンネル」もありました。
美しい七色の光の流れが素敵でした。

でもね、全体の印象としては二次元のイルミネーション!
そうは言っても、圧倒的な光の広がりはとにかくすご~い迫力でした。
一見の価値あり、、、です。


富士に雪!

富士山1512

11月には富士山の頂上は真っ白だったのに、ここのところ暖かい日が続いていたので、雪が段々溶けてきて、まだら模様になっていました。

でも、今日!
朝起きて外を見たら、、、、

雲一つない真っ青な空に、まばゆいばかりに真っ白な富士山が輝いていました!

いやぁ~、富士山に雪が降ったんですねぇ。
昨日は寒かったですからね。

今朝は快晴!
お昼ごろまでくっきりと輝く富士が見えていました。

美しい富士山が見える日は、1日中爽快な気分でいられます。

イルミネーション2015: 『時之栖(すみか)』

今年もイルミネーションの季節です。

先日行ったバスツアーは、昼間紅葉を見た後で、夕方になるとイルミネーションの素敵なところに連れていってくれました。

まず、修善寺もみじ林の次に訪れたのは『時之栖(すみか)』でした。
御殿場にあるテーマパークのようなところです。
ホテルやロッジなど宿泊施設がたくさんあって、温泉施設が充実しているようです。

時之栖1

大きな木を飾る「雪吊り」のような青いイルミネーションが迎えてくれました。

時之栖2

見事なイルミネーションのトンネルは、なんと150メートルも続いています。

トンネルの中には蝶が舞い、小さなトンネルや様々なイルミネーションが飾られていました。

時之栖3

青い光が印象的。

各ブースには、様々な趣向が。
どうやら応募作品のようでした。

時之栖4

ウサギがいたり、船や自動車があったり、、、
一番向こうは、富士山ですね。

時之栖5

全体的に青がテーマなのでしょうか?
とってもきれい!

時之栖6

一番の呼び物「噴水ショー」の会場には、「星の王子さま」もいました。
開演までには少し時間があるので、まだ空が明るいですね。

ショーは写真右手で行われました。

時之栖7

噴水ショーはなかなかの迫力で、素晴らしかったです。

入口で透明のビニール傘を貸してくれます。
なんで必要なの?
なんて思いましたが、、、
ショーが始まったらわかりました。

なにしろ水の柱が上空70メートルまで噴き上がっちゃうのですから。
水滴が観客の頭上に降り注ぎます。
この日は曇っていましたが、風のない日でした。
それでも、傘がかなり濡れちゃいました。
風向きによっては、びしょ濡れになることもあるとか。

でもね、とっても楽しいひと時でしたよ。

『時之栖』は、他にもレストランやら屋台村、ビアホール、美術館、図書館、お土産屋さんなど盛りだくさん!
御殿場はよく通りますが、近くにこんなところがあるなんて知りませんでした。

ツアーだったのでゆっくりできませんでしたが、入場料も無料ですし、面白そうなところだったので、そのうち泊りに行ってもいいなと思っています。


新しいカメラ!

いろいろ悩んだ末に、新しいカメラを買いました。

実は、ニューヨーク~カナダへの旅の開始早々にカメラの調子がおかしくなって、船に乗った頃には悲しいことに全く使えなくなってしまいました。
持っていったのはオリンパスのコンデジ μ780。7年ぐらい使っていたので、愛着がありました。
でも、このカメラのメモリーはXDカード。
旅行のために新しいXDカードを買おうとしたら、もう製造していないそうで買えませんでした。
困ったなぁ~と思いながら旅に出発したところ、カメラ本体が壊れてしまったというわけです。
もう寿命だったのかもしれません。

ニューヨークで泊めてもらったTさんのご主人が同情してくれて、使っていないカメラ(ニコンのコンデジ)を貸してくれました。
ところが、そのカメラも最初の船の寄港地ニューポートで教会を撮っているときに、突然焦点が合わなくなってしまいました。
なんたること!
せっかくの旅行だったのに、その後は写真が撮れず、素敵な景色は目に焼き付けるだけになってしまいました。

オリンパスのミラーレス一眼を持っていますが、やっぱりコンパクトなカメラがないと不便です。
早速買い換えようと思いましたが、いざとなると何を買ったらよいか迷いました。

今までオリンパスばかりでしたから、やはり心惹かれます。
でも、ニコンも軽くて小さくていいなぁ。

インターネットで評判とか調べて、、、
写真に詳しいブロ友のHさんに助言を仰いだり、、、
お店にも足を運びましたよ。

結局買ったのは、ソニーのCyber-shot DSC-WX350です。
色は黒。
2014年発売なのでかなり安かったし、インターネットで調べたときにある人が一押しで進めていたものです。

初めて使うメーカーなので勝手が違って戸惑うこともありますが、今のところは大変満足しています。

水木しげるさんを偲んで、、、

「ゲゲゲの鬼太郎」の作者 水木しげるさんが亡くなられました。
水木しげるさんは、私の住む調布の住人でした。昭和34年から住んでいらっしゃったそうですから、50年以上になりますね。

だから、「天神通り」には様々な妖怪の像がいたりします。(記事は→こちら
それから、「鬼太郎公園」なんていう名前の公園もあります。(記事は→こちら

横断歩道で信号が変わるのを待っていたら、目の前に「水木しげる」さんが立っていることに気付いてビックリしたこともあります。

そうそう、鬼太郎の「調布市特別住民票」なんてものをもらったこともありますよ。(記事は→こちら

水木しげるさんと調布はそんな深いご縁でしたから、名誉市民でもいらっしゃいました。

先日図書館に寄ろうと『たづくり』のビルに行ったら、1階の片隅に献花台と記帳台が設けてありました。
献花台の上には、たくさんの花束!
市民に愛されていたんですね。

心よりご冥福をお祈り致します。

紅葉 2015: 養老渓谷と粟又の滝

11月27日(金)。
修善寺もみじ林に行った翌日、またまた調布発のバスツアーに参加して、今度は千葉県の「養老渓谷」と「粟又の滝(養老の滝)」を訪ねました。

養老渓谷1

情報では紅葉がちょうど見頃だと聞いていたのに、ここもやっぱり、まだそれ程進んでいませんでした。
かなりガッカリ!

でも、景色は素敵で、なかなか良いところです。

養老渓谷2

飛び石を渡って、遊歩道を上がったり、下がったり、、、
添乗員さんがくれた地図のとおりに進みます。

ぬかるんでいる場所も多く、滑って転ばないように気を遣いました。

養老渓谷3

養老渓谷のルート中で一番紅葉が綺麗だったのが、この辺り。
イマイチ加減がわかるでしょ?

満たされない気分を抱えながら、次の「粟又の滝」に向かいました。

粟又の滝1

「粟又の滝」です。

紅葉真っ盛り、、、とはいきませんでしたが、
滝はとても素敵でした!

実は、二十数年前、、、夫の両親と兄姉夫婦たちと一緒に、ここを訪れたことがあるんです。
季節は夏で、水量が少なかったので、この滝も今回ほど迫力はありませんでした。

子供たちが大勢、滝に登って滑り降りたりしていました。
とても楽しそうでした。
子供たちの歓声が、今でも耳に残っています。

ずいぶん昔のことです。
夫の両親は、もういません。
今では私たち自身が、あの頃の両親と同じくらいの歳になりました。

時の流れは、なんと速いことでしょう。

添乗員さんの話では、今も、夏には滝を登ったり、ラフティングで滝下りを楽しんだりできるそうです。

粟又の滝2

滝の下流に続く遊歩道です。
結構広くて平らな、歩きやすい道です。

奥に滝が見えますね。

粟又の滝3

遊歩道を進むと、川の流れはとても穏やか。

所々にほんのりした紅葉が見えますが、全体に青々とした緑の景色でした。

紅葉を見に行くツアーですから、大きな期待とともに参加した人たちは不満だったようでした。

廃業した旅館が荒れ果てたままになっていたりして、昔の方が賑わっていたように思います。
景色は美しいのに、、、
なんだかちょっと悲しい。

でも、もう一度ここに来れて、私としては良かったと思いました。

このツアーの往復は、アクアラインを走って「海ほたる」でトイレ休憩でした。
今まで行く機会がなかったので、すごく嬉しかったです。

「海ほたる」!
5階の展望デッキでは風がとっても強くて、赤ちゃんの帽子が飛ばされてしまうほどでしたが、
この日は快晴だったので、富士山も見えました。
良かったですよぉ。
前日は富士山のすぐ近くで、全く富士山に会えなかったのに、、、皮肉です。

アクアラインって、「海ほたる」までは海底トンネルで、そこから木更津までは海上の橋になっているのですね。
すごい技術に心から感心しました。



紅葉 2015: 修善寺もみじ林

調布発のバスツアーに参加して、先月26日(木)、「修善寺もみじ林」に行きました。

なにせ家の近くでバスに乗れちゃうのですから、ホ~ントに楽チンです。

修善寺もみじ林2

「修善寺もみじ林」は修善寺自然公園の中央にあります。
修善寺温泉の近くです。

でもね、バスで連れていってもらったので、詳しくはよくわかりません。

紅葉は、ちょっと期待外れでした。
あまり鮮やかに紅葉していません。
まだこれから?

早すぎたのかと思いましたが、よく見ると足元にたくさん葉っぱが落ちていました。
それに、枝に付いてる葉っぱもすごく小さくて、しかも、まだ真っ赤になっていないのに既に乾いて枯れかかっているのが多い!

どういうことなんだろう!?

今年はあまり紅葉は期待できないのかも、、、

修善寺もみじ林1

「もみじ林」というだけあって、いろはモミジの木がいっぱい!

ここのモミジはほとんど大正13年に植えられたものだそうですが、まだまだ道を整備して植樹もしているようです。

修善寺もみじ林3

近くで見ると、それなりにキレイなところもありました。
でも、やっぱり赤に鮮やかさ足りないですね。
赤というより、どちらかというと茶色です。

この日はお天気もイマイチ。
雨こそ上がりましたが、空がどんよりしていました。
せっかく富士山の側に来たのに、全く富士山に会えません。

その後、もう少し紅葉が進んだようですが、でも今はもうピークも過ぎてだいぶ葉が散ってしまったみたいですから、やっぱり今年はハズレだったのかも。


頑張りました!

前にも何度か書いていますが、調布市社会福祉協議会の障害者通所施設『そよかぜ』で織物加工ボランティアをしています。
利用者さん達がリハビリの1つとして織った布で商品を作る仕事です。

9月終わりから21日間も旅行に行って日本を留守にしていたので、その間何も作品ができませんでした。
その分を取り返そうとすごく頑張って、いろいろなものを作りました。

そよかぜバッグ1512

先日やっと『そよかぜ』に出来上がった作品を持っていくことができました。
担当スタッフのМさんがとっても喜んでくれたので、嬉しいです。

また張り切ってたくさん作品を作ろうと思っています。

紅葉 2015: 甲州街道 味スタ前

銀杏2015-1

今年の紅葉は、どこも遅いようですね。
東京もやっと木々が色づいてきました。

昨日、甲州街道の「味の素スタジアム」前の歩道。
とっても急いでいたのに、見事な黄色の連なりに思わずカメラを取り出して、写真を撮ってしまいました。

今年の紅葉は鮮やかさが足りないように思っていたけれど、それなりに素晴らしい紅葉もあるんだなぁ!



銀杏2015-2

振り返ると、また違った景色。
銀杏の黄色の連なりの中に、モミジの赤さが目を引きます。

あっ、遅れちゃう、、、!
我に返って、慌てて先を急いだのでした。