FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

忙しい8月、、、

モミジの新芽2016

例年のことだけど、8月は私、とっても忙しいのです。

毎日が日曜日という夫婦2人の生活は、いつもはマイペースにのんびり暮らしておりますが、、、
息子たち家族が夏休みを取る8月は、少し違います。

山荘が小さくて全員一緒というわけにいかないので、家族毎に北軽井沢の山荘に迎えて、数日一緒に楽しく過ごします。
今年は、8月前半に次男一家、後半に長男一家の予定でした。
ところが、急きょ上の姉が目の手術のために入院することになり、東京でその面倒も見ることになりまして、、、

結局次男一家と1日遊んで、BBQと花火を楽しみ、一家を残して私たちは次の日の朝、東京にとんぼ返り。
翌日、入院する姉に付き添って病院に。
それから毎日のように病院に通って、洗濯物を持ち帰り、、、
幸いなことに術後がとても順調で、入院期間は1週間~10日と言われていたのに、5日で退院できてホッとしました。

翌々日には、またまた北軽井沢に引き返し、長男一家を迎える準備。
台風がとても心配だったのですが、「台風が来る前に、そっちに行っちゃう」との連絡が来て、、、
仕事から帰った足で、車に荷物と子供たちを詰め込んで「台風から逃げるぞぉ~!」と言いながら夜に出発。
山荘に着いたのは、なんと夜中の1時半過ぎでした!

台風からは逃れられたけれど、その影響か、お天気がイマイチ。
ずっと雨が降ったり止んだり、、、すっきりしません。

BBQも土砂降りの雨の中、ベランダで。(去年も、そうだった気がするけど)
でも、その後雨が上がって、お庭で花火を楽しめました。

丸4日間、それでも浅間牧場で遊んだり、古瀧でおそばを食べたり、野草園を散策したり、、、
温泉に行ったり、たき火をしたり、、、
穴掘りをしたり、、、
雨の合間をぬって、それなりに十分楽しみました。

普段忙しくしている息子夫婦にゆっくり休養して元気になってもらいたいので、家事はほとんど私が引き受けて、、、
でも、7人分の食事の大量なこと!
山盛りの料理があっという間にきれいになくなって、、、ビックリするけど、気持ちいい。

ただ、普段静かに暮らしているので、賑やかさは楽しいけれど疲れます。
大量の食事の用意も面白いけれど、体力的にはやっぱり堪えます。
今はまだやれるけど、いつまで続けられるのやら、、、

それでも孫とどっぷり付き合える貴重な機会なので、続けられる限り頑張ろうと思っています。

今年の我が家の一大イベントも無事に楽しく終了しました。
今は、けだるい疲労感の中で、いろんなことを思い返しては思わずニンマリしています。

クタビレたけど、楽しかったなぁ~!
また来年も頑張ろう!!!


スポンサーサイト

軽井沢で嬉しい再会!

旧軽井沢2016

最初のインド ニューデリー駐在のときの友人Yさんから、突然電話をもらいました。

「娘と孫と三人で軽井沢のホテルに泊まるのだけど、会えないかしら?」

日にちを聞いて、驚きました。
ちょうど私も北軽井沢に行く予定のときで、しかもその日だけ1日フリー。

Yさんとはもう十数年もご無沙汰でしたから、大喜びでお会いすることに。
佐久に住むSさんにも声を掛けて、一緒に旧軽井沢で遊ぶことにしました。

「男の子の孫は置いて、女の子の孫だけ連れて、、、女子旅なの!」
とYさんが言うので、それなら私も夫は連れずに1人だけの参加です。

旧軽井沢に詳しいSさんの案内で、「旧三笠ホテル」を見学してから旧軽銀座を5人でブラブラ。
天皇陛下と美智子皇后の出会いのテニスコートやら、ジョン・レノンがよく通ったというパン屋さんなどを見て、古い写真館で昔の写真なんかを眺めたり、、、
途中でいろんなお店に立ち寄って買い物したり、ミカド珈琲のモカソフトクリームを食べたりしながら、、、
どんどん歩いて避暑地軽井沢の発祥の地というショー教会まで。
うっそうとした高い木々に囲まれて、すべて木材で作られた教会と住居は涼しい風が吹き抜ける素敵な場所です。

近くの隠れ家みたいなレストランで、川のせせらぎを聞きながらゆったりとランチを頂きました。
インドで暮らした思い出話は、尽きることがありません。
あの頃中学生だったNちゃんが、今は大学生を始めとする3人のお母さん!

ニューデリーの後、そういえば、シンガポールでも、インド バンガロールでも会いましたねぇ。
孫のKちゃんとは「初めまして」だったけど、会わないうちに高校生になっていたのね。
文句も言わずおばさん達に付き合ってくれて、ありがとう!
なんていい子なんでしょう。

ランチの後は、南R18の渋滞にも負けず「千住博美術館」に行きました。
私は前を通ったことはありましたし、知っていたけど訪れるのは初めて。
噂通りにお洒落でちょっと変わった建物で、静かな良い雰囲気の美術館です。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、、、
名残り惜しいけど、お別れの時。

今度会えるのは、いつでしょう?
親しい友人たちとの時間を大切にしたいと思います。


「特殊詐欺被害」ワーストワンだからって、、、

調布は、数年前から特殊詐欺(振り込め詐欺など)の被害が全国でワーストワン!

それは大変だってことは、もちろんわかっていますけど、、、

でもね、そのせいで調布の銀行で自分のお金を百万円以上引き出して持って帰ろうとすると、、、
警察に通報されて、警官が飛んでくるんですよ!

それってどうなの!?って思っちゃう。

先日、妹から「ねぇ、知ってた!?」と憤懣やるかたないといったメールが来ました。
必要があって、近くの銀行に持っていくために引き出そうとしたら、さんざん待たされた挙句「警察に通報するように指導されている」と行員に言われて、、、
自分のお金を引き出すのに何故警察を呼ばれなければならないのか!?とカンカンになって怒ったらしいけど。

もちろん、私は知っていましたよ。
もう何回も、そのせいで苦労していますから。
警察に通報なんてされたくないから、「では、とりあえず99万円だけ持ち帰ることにして、残りは普通口座に入金して、必要額になるまで毎日通って50万円ずつ引き出します!」と宣言して、そのとおりに実行したこともありますしね。
手間暇かかって本当に大変だけど、振込み手数料を払いたくなければ、そうするしかないのです。
すっごく不便!!!

同じマンションに住む友人のご主人も、A銀行から下してB銀行に持っていこうとしたら、警察に通報されて、、、
駆けつけた警官と行員にカンカンになって文句を言ったそうです。

まあ、行員も警官も仕事なわけで、なんとか特殊詐欺の被害を防ごうと一生懸命なのはわかりますけどね。

だけど、それだけじゃありません。
65歳以上の世帯には、警官が訪ねてきたり、電話してきたりして、「オレオレ詐欺に気を付けてください」などと、、、はっきり言って本当にしつこくて、うるさい!
「具体例をお話します」って、、、忙しいのに、そんなのお話されたくないです!
いい加減にしてくれないかなぁ~。

まぁね、被害を減らそうと一生懸命なのはわからないでもないけれど、、、
でも、迷惑なほど、こんなにうるさくされているのに、少しも被害が減ってないっていうのは、、、一体どういうわけ!?

少しは成果があがっているなら、我慢もするけど、、、
しつこくうるさいだけで、迷惑を被っている人たちがいっぱい!

最近では、オレオレ詐欺の電話そのものより、その被害を防ぎたい警察からの電話の方がずっと迷惑だと感じちゃう。
だって、オレオレ詐欺の電話だったら黙って切っちゃえばそれで済むけれど、警察からの電話だとそうはいかないでしょ?

なぁ~んか、やり方が間違ってるんじゃないの!?