FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

ママのドアの前で、、、

インフルエンザに罹ったママを助けるために、息子の家に泊まったときの出来事です。

孫のNちゃんは2歳7か月。
トイレのトレーニング真っ最中でした。

前日に何故かウンチが出なかったので、ママがとっても気にしていました。
「ウンチが出たら、ママに教えてね」って、朝、Nちゃんにしっかり頼んでから、自分のお部屋に。
インフルエンザがNちゃんに移ると大変なので、ママは隔離状態です。

さてこの日、Nちゃんはおばあちゃんに連れられてトイレに行き、ちゃ~んとウンチができました。
その後、ハンドソープを使ってしっかり手も洗いましたよ。

えらいねぇ!お利口だったねぇ!

おばあちゃんにいっぱい、いっぱい褒めてもらって、Nちゃんはご機嫌です。

そしたらね、おばあちゃんがNちゃんに言いました。

「ママのドアの前で、「ウンチ出たよぉ~」って言っておいで。」

Nちゃんは大張り切りでママのお部屋の前まで走っていって、大きな声で叫びました。

「ママのドアの前でぇ~、ウンチ出たよぉ~!!!」

おい、おい、おい、、、

聞いたママも焦ったと思いますが、おばあちゃんもビックリ仰天!
笑いが止まらなくなりました。

もちろん後から、「トイレでちゃんとウンチ出たよぉ~」ってもう一度言わせましたけどね。

その日、帰宅した息子にこの話をしたら、、、
引きつった顔で、笑い転げていましたっけ。

今でも思い出す度に、私、笑いが止まらなくなってしまいます。

小さい子って、ホント面白いですねぇ。


スポンサーサイト

大根の花が咲きました!

大根の花

キッチンの窓辺で、大根の花が1輪咲きました。
ほんのり紫がかった白い花!
小さくてはかなげです。

実はこれ、スーパーで買ってきた大根の先っぽ。
葉っぱはバッサリ切り取られてて、根本部分がちょっぴり付いていただけでした。

いつもは捨てちゃうんだけれど、、、
今回は、水を入れた小皿に載せて、窓辺に置きました。

数日後、、、
中心からツボミの付いた茎が出て来て、、、
スクスクと成長し始めました。

そして、今日、、、
遂に、ポチっと花が咲いたのです。

どうってことはないけれど、、、
なんとなく癒されます!



プチヴェールが大好き!

プチヴェール1

プチヴェールって知ってます?

ケールと芽キャベツを掛け合わせて作られた野菜で、とっても美味しいんです。
あまりクセもありませんし、とっても栄養価が高いらしい。

いろいろな食べ方があるようですが、私はシンプルに茹でたものにマヨネーズをちょこっとかけて頂くのが一番好きです。

プチヴェール2

プチヴェールを教えてくれたのは、2番目の姉R子です。
それ以来、すっかりファンになりました。

今の時期しか食べられないので、手に入るチャンスは逃さないようにしています。
生協で買うことが多いです。
スーパーなどで見かけることはほとんどないですから、あまり知られていないかもしれません。

もし見かけたら、是非一度お試しを!
おススメです。


【“プチヴェールが大好き!”の続きを読む】

梅の花は今、満開!

梅219-1

そろそろ調布の梅も見頃かな?
再び神代植物公園に行きました。

正面入り口を入ったところの池の畔で、白梅の大木が満開でした。

孫の手を引いたおじいさんの後ろ姿がとても印象的でした。
幸せそうな2人です。

梅219-2

『薄色縮緬(うすいろちりめん)』という名の梅の花。
まさに満開を迎えていました。

薄桃色の大輪の花!
花びらが少し縮れているので、「ちりめん」という名が付いたのだとか。
盆栽に使われることが多いそうです。

梅219-3

園内には、カメラマンがいっぱい。
白黒の小さくてスリムな鳥が蜜を吸いたくて群がっている木の周りには、鳥のナイスショットを狙う人たちが、立派なカメラを構えて群がっていました。

皆、それぞれに一生懸命!
後ろ姿にも必死さが表れていますね。

梅園219-3

梅園の梅も、見頃を迎えた木がたくさんありました。

この日は、天気が良いのに冷たい風が強くて、とても寒い日でした。

でも、不思議です。
梅園は、竹林に風が遮られるのか、陽だまりのような暖かさ!

思わずコートを脱ぎたくなるほどでした。

梅園219-2

『養老枝垂(ようろうしだれ)』という名の枝垂れ梅。

とても美しい花なのですが、まだ数えるほどしか花が咲いていませんでした。
見頃は、もう少し先のようです。

梅園219-1

梅の林は、煙ったように色づいていました。

梅の花は控え目ですね。

でも、グニャグニャした幹や枝が作り出す造形が、、、面白い!

梅園219-4

近寄れば、、、ぼってりとした白い花が集まって、、、

結構、存在感がありますね。

深大寺梅219

さて、深大寺の境内の梅の花。

少し盛りを過ぎた木が多かったけど、この「釈迦堂」前の梅はちょうど見頃でした。

寒桜219

この日は梅を見に行ったのですが、ついでに桜も見に行きました。

芝生広場の脇では「河津桜」が六分咲きぐらいでした。
冷たい風が吹き抜ける場所だからでしょうか?
見頃は、まだ少し先のようです。

そして写真は、丘の上の「寒桜」の大木。
見上げる遥か上の方に、小さな花がチラチラと咲いていました。

まだ満開ではありませんが、十分楽しめるぐらいです。
近寄れないのが残念ですが、、、

桜の花も咲き出して、、、春はすぐ近くまで来ているのかもしれません。
早く春にならないかなぁ~。


冬の北軽井沢

北軽井沢に行ってきました。
冬に行くのは、初めてのことです。

我が家の山荘は夏仕様なので、冬に滞在するのはとても無理!
だから今まで行ったことがなかったのですが、、、
そうだ! 近くのホテルに泊まればいいんだ!!!

北軽1702-1

ということで、東京から直行バスに乗ってホテルまで。
途中「三好(みよし)」と「甘楽(かんら)」のPAに立ち寄って、、、とっても楽チン。

ホテルから見る浅間山の素晴らしさ!
お天気に恵まれて、翌日の朝焼けの浅間山は美しく輝いていました。

北軽1702-2

昼間は、、、
快晴の青空の中、左から「小浅間」「浅間」「黒斑」の3山が目の前に大迫力で連なっていました。
思わずうっとり~!

北軽1702-3

さて、今回の主目的は、冬の我が家の山荘を見に行くことでした。

雪を踏みしめて進みます。

車が通った跡もないところでは、誰が作ってくれたのか、、、道の端っこに1人分の細い道ができていました。
なんとありがたいことでしょう!

北軽2017-4

さらに雪の中を進んでいくと、、、

なんということでしょう!?
我が家へと続く道路は、全く手つかずの銀世界!

しかも、何故か、他のところより雪深い。
おまけに、サラサラのパウダースノーです。

なんとか踏み固めながら道を作って進めないかと果敢に試みてみたのですが、、、
踏ん張ってみても、固まらなくて、、、ズブズブと足が埋まってしまうだけ。

装備もないし、、、こりゃ、ダメだぁ~!
残念ながら、早々に諦めました。

うちの山荘は見えてる家の向こう側。
陰に隠れてまるで見えません。

近づくこともてきないなんて、、、ちょっとガッカリ。

でもね、ホテルに戻って、気を取り直し、、、
温泉でマッタリ~。
とっても良いお湯でした。
食事も美味しかったし、また行きたいな。

今度はバッチリ装備を整えて、、、頑張るぞぉ~!


神楽坂の出会い!

時々覗いているWさんのブログ。『裂き織り ノエ』
ご自分で織った裂き織りの生地で、とっても素敵なバッグを作っていらっしゃる。
それとは別に、収穫した綿の実から糸を紡いで、自分好みの色に染め、その糸で布を織ったりもなさっています。

すてきだなぁ~!と、いつも思っていました。

そのブログに、神楽坂で作品展を開くために東京に来ているとの記述がありました。

神楽坂なら、見に行けるかも。
どこでやっているのかなぁ?

写真で見ていた作品を、実際に見てみたくて、、、
思い切ってメールを出しました。

嬉しいことに、すぐに返事が返ってきて、、、
「神楽坂プリュス」で11~12日にやってるとのことでした。

で、12日(日)に飛んでいきました。

神楽坂の咲き織り作品展

目の前に並ぶ作品の実物は、写真で見るよりずっとず~っと素敵でした!
もちろんセンスがいいのですが、作品の完成度もとても高い。

私もボランティアで、障害者の皆さんが織った裂き織りの布で小物やバッグを作っているので、何かヒントをもらえたら嬉しいなどと思っていましたが、、、
う~ん、、、レベルが違いすぎるかも。

でもね、これからも「今まで以上に丁寧な作品作りを心掛けていこう」と心に誓いましたよ。
行って良かったと思っています。

作者のWさんとパートナーの草木染めのIさん。
本当に素敵な方たちでした。

こんな出会いって、とても嬉しいです。

ところで、この「神楽坂ブリュス」にはギャラリーの他にお店もあって、いろいろ面白いものを売っていました。
全国各地の様々なお醤油とか、、、

その中に、「アイスクリームにかけても美味しい!」というお醤油があったので、思わず買ってしまいました。

まだ食べてないけど、一体どんな味かなぁ~?
楽しみです。

知ってますか、、、こんな花?

神代植物公園の大温室では、その時々で、見たこともない不思議な花に出会えることがあります。
だから、「今日はどんな花に会えるかなぁ~?」といつも楽しみ。

変花1

信じられないような花でしょ!?
スターウォーズの「ダース・ベーダー」に似てるとか、、、

正式名は「アリストロキア・サルバドレンシス」といいます。
原産地はエルサルバドル。
花の大きさは4㎝ほど。

ウマノスズクサ科の植物です。
だから、地面に張り付いたように花が咲いています。

まるで目のような2つの白い模様は、虫をおびき寄せるための印だそうです。

変花2

こちらもウマノスズクサ科の別の植物の花。
やっぱり地面の上に咲いています。

宇宙人みたい、、、?

「アリストロキア・トリカウダータ」という名で、メキシコ原産。
熱帯雨林に生育してるらしいです。

見れば見るほど面白い!!

イランイラン

これは「チャボイランイランノキ」と言って、イランイランノキの矮性変種でタイ原産だとか。
矮性って、本来のものより小さくなってるということらしいです。
だから、「チャボ」なのかな?

花びらがヨレヨレで、ちょっとお化けの花みたいですね。

でも、花は濃厚な甘い香りがして、高級な香水の原料になるそうです。

変なラン

この花も宇宙人っぽいですが、ウマノスズクサの仲間ではなくて「ドラクラ属」のランの花です。
コロンビアからエクアドルにかけてのアンデス山脈で、標高1500~2500m辺りの湿度の高い雲霧林で樹上に着生しているとか。

花の様子が吸血コウモリの「ドラキュラ」を思わせることから、「ドラクラ属」との名前が付いたそうですよ。

じ~っと見てると、サルの顔に見えてきたりして、、、

花かな?

さてさて、これは、、、
拳みたいな形の石の上に鮮やかな黄色い蝶が群がっているように見えませんか?

「パキポディウム・エブレネウム」という舌を噛みそうな名前の、乾燥地帯に生えている植物です。
原産はマダガスカル。

黄色い花が咲いているのかと思ったのですが、、、
実はこれは葉っぱが黄色くなったもの。
花の形は全然違います。

この植物は、ナント「キョウチクトウ科」!
なので、花はキョウチクトウの花みたいです。

でも、この黄色い葉っぱ、、、とってもきれいでした。
もしかしたら、枯れかかって黄色く変色していただけなのかもしれません。

実際の花はどうやら白いらしいので、そのうち是非咲いているところを見てみたいです!



咲きだした梅の花

あちこちで梅の花が咲き出したので、神代植物公園に梅を見に行きました。

梅17-1

結構期待して梅園に直行したのに、まだちょっと早過ぎたみたいでした。

何本かは、見頃とは言えないまでも、まずまず咲いている木がありましたけど。

梅17-2

でも、やっと咲き出した木が多かったです。
もちろん、まだ全然咲いていない木も。

もう少ししたら、また来よう!

梅17-3

ロウバイは、さすがに見事に咲いていました。
もう盛りを過ぎた木もたくさんありましたが、もうしばらくは楽しめそう。

青空と梅の花!
似合いますね。

帰りには、お蕎麦じゃなくて、気に入っている可愛いケーキ屋さんでコーヒーとケーキ。
小さな幸せを感じたひと時でした。