FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

藤の花 2017

藤の花が咲き出しました!
で、、、日曜日に大喜びで見に行きました。

フジ17-1

すぐ近くの公園でも、、、

フジ17-2

中央高速の脇の「こぐま公園」でも、、、

フジ17-3

神代植物公園の櫓仕立ての藤の木も、、、

ワーイ、咲いてる! 咲いてる!

フジ17-4

白花美短(しろかびたん)は、咲き出したばかり、、、

フジ17-5

紫花美短(むらさきかびたん)も、あと一息かな。

フジ17-6

口紅藤(くちべにふじ)も、まだ見頃とは言えません。
この藤の花は、1つ1つに小さなおちょぼ口みたいな紅い点が付いていて、とても愛らしいのです。

私のお気に入り。

フジ17-7

新錦(しんにしき)という藤です。
ノダフジの一種。

フジ17-8

ジャ~ン!

まだ少し早い種類が多い中で、、、今や盛りと咲き誇っていたのは、ジャコウフジ!!!

周りを濃密な甘い香りに染めながら、、、
虫たちを強烈に惹きつけて、、、

アブがブンブン飛び回っています。

フジ17-9

オフホワイトの密集した花が、圧倒的な存在感です。

ねっ、すごいでしょ!?

でもね、、、藤棚の花は全く咲いていませんでした。
絶対、また来なくちゃね。


スポンサーサイト

那須温泉で一休み!

那須連山

またまた温泉に静養休暇に行ってきました。

いつも箱根か熱海ばかりではつまらないので、今回は那須温泉にしました。
当然のことながら、新宿バスタからホテルまでドアツードアの楽チン高速バスの旅です。
乗り換えもなし。
居眠りしてても到着します。

昼頃新宿を出発して、東池袋→王子と、、、普段はほとんど訪れることのない都内見学も楽しめました。

一応トイレ付きのバスなんだけど、途中で佐野SAで10分間のトイレ休憩。
高速を下りてからは、千本松牧場とか友愛の森という道の駅だとか、観光地にも停まって、、、

目指すホテルでは、なんと車寄せにまで乗り入れてくれました。
これなら、土砂降りの雨でも困りませんね。

バスもガラガラだったし、途中の観光地も閑古鳥が鳴いている状態だったのに、ホテルに着いたらすごく賑わっていてビックリしました。老若男女、赤ちゃん連れもいっぱいでした。
一体このお客さん達はどこから来たのかしら?
栃木訛りの人が多かったから、案外近場の人たちに人気なのかもしれません。

お食事はバイキングを選びましたが、品数も内容もとにかく豊富で至れり尽くせり。
どの年代でも、どんな家族構成でも、、、皆大満足間違いなしの行き届いたサービス!
とても感心しました。

肝心の温泉もとても良かったのですが、、、
夕方から信じられないほどの強風が吹き荒れて、、、
露天風呂はとても無理。
大浴場の湯船に浸かっていても、恐怖を感じるくらいの風の音でした。
普段こんなに風が強いことはない! とホテルのスタッフさん達も驚いているご様子。

強風の音を聞きながら眠りについて、、、
朝起きたら、風は収まって青空が見えていました。

ホテル10階から目の前に広がる「那須連山」!
素晴らしい眺めでした。
なんだか最近、こんな情景ばかり見ている気がする、、、
富士山、浅間三山、那須連山、、、と目の前に聳える山は違うけど。

ツバメの巣2017

十分休養できて、元気百倍!

昼前の高速バスに乗って東京に向かいます。

途中立ち寄った佐野SAでは、軒先にツバメの巣がいくつもありました。

巣の下には、紙のガードが取り付けられています。
ツバメたちの子育てを応援しながらも、下を通る人たちがツバメのフンを浴びないようにという優しい配慮が印象的でした。

温泉で元気になって、午後2時半には予定どおり新宿に到着しました!

もうじき、、、藤の花

大好きな、大好きな藤の花!

もうすっかり準備ができてます。

藤の蕾2017-1

こぐま公園の藤棚でも、、、

藤の蕾2017-2

神代植物公園の藤棚でも、、、

ほらね、あと一息でしょう!?

ジャコウフジの蕾2017

毎年一番先に咲く、櫓仕立てのジャコウフジ。
今にも花が開きそう。

風に揺れる藤の花、、、
どうしようもなく心惹かれます。

嬉しい季節の始まりです!

一気に春!

ついこの前まで寒かったのに、、、突然春がやって来ました!

亀

池のカメ達も、の~んびり日向ぼっこ。

ハナミズキ2017

固いツボミばかりだったハナミズキの花も、いつの間にか咲き出しました。

チューリップ2017

チューリップの花も満開です。

今年もツクシが、、、

土筆2017

千葉の白井に住む息子から、今年もツクシがたくさん届きました。
小さな段ボール箱にぎっしり。

孫のAちゃん(小5)とNちゃん(2歳)が頑張って取ってくれたんだって。
すごく嬉しいです。

早速、せっせと袴を取って、たっぷりのお湯で下茹でしました。
たくさんあって1回では茹できれず、2回に分けて。

まず、炊き込みご飯を作りました。
う~ん、美味しい!
春の味だね。

残ったツクシは、3分の2を油揚げと一緒に煮ました。
同じマンションに住む妹にも少しお裾分け。
美味しくできたので、喜んでもらえそうです。

最後のツクシは、インターネットで皆に好評な「卵とじ」にしてみようと思っています。

こんなに楽しめる美味しいツクシ!
たくさん送ってくれて、ありがとう!!!

古道具屋の掘出し物!

2017桜花

東京は、桜の花が散り始めていますね。
我が家の近くでも、かなり散ってしまった木が増えてきました。
そんな中、窓の下のサクラ並木は今満開。
ここ数日、「なんてきれいなんだろう!」と感激しながら見下しています。

3月の下北沢でのクレイアート展に来てくれた友人のYさん。
一緒に下北沢を散策しました。

クレイアート展の会場近くの古道具屋さん。
もちろん気がついていましたが、私には魅力的に見えませんでした。
でも、Yさんはすごく興味を示して、入りたいと言います。

仕方なく付き合って、中に入ってみたのですが、、、う~ん、ガラクタ屋さんとしか言いようがない!
まぁ、「へええ、こんなものを売ってるのか~!?」などと、見るのは面白いけれど、、、
私にとっては、買いたいものなんか1つもありません。

だけど、Yさんはとても熱心に見て回った挙句に、、、
小さな引出し箪笥に目をつけました。

「ねぇ、どう思う?」
言われてよく見ると、ものすごく洒落た素敵な箪笥でした。
小さな引出しが2列にたくさん付いていて、飾り金具が四隅だけでなく、両脇にもズラリと付いています。
極め付きは、2か所の引出しの前面についたまん丸な金具!
満月をイメージしているのでしょうか?
しかも、その丸い金具にはとても小さな鍵穴が少し斜めに付いているではありませんか!?
雰囲気のある昔風の鍵穴で、激しく郷愁を掻き立てます。

おまけに、取っ手はぶら下がるタイプの華奢なもの。
いやぁ、すご~く凝った造りで、ものすご~く素敵な箪笥でした!!!
引出しを試しに開け閉めしてみたら、とても軽ろやかで、スムーズに動きます。

実はYさんは数年前にご主人を亡くしていて、写真や位牌、小物を置く小さな箪笥を探していて、京都にまで行ったけど、なかなか思うようなものに出会わなかったと言うのです。
それなら、まさにピッタリかも。

値段はたったの5800円。
きちんと梱包して宅急便で送ってくれると店のご主人は言います。送料は1200円とのこと。
これは、もちろん買いでしょ!?
ということで、Yさんはこの箪笥を買いました。

しばらくして、Yさんから写真付きのメールが届きました。
「和室に置いたら、バッチリ決まりです」
写真を見たら、、、本当に文句の付けようもなくしっくりと収まっていました。
ご主人も、きっと喜んでいることでしょう。

掘出し物って、まさにこういうのを言うんでしょうね。

素敵な古い小箪笥!
大事にしてくれる人と巡り合えて、良かったね。

チューリップの原種

チューリップの原種

神代植物公園で見つけた可愛い花!
小さめの赤と白の花がたくさん咲いていました。

チューリップの原種だそうです。
名前は「クルシアナ・クリサンサ」。

近寄って見ると、なるほど~
確かにチューリップの花です。

そういえば、トルコの陶器などに描かれているチューリップの花って、こんなだったなぁ。

春爛漫 サクラ2017

週末は天気が悪いと聞いたので、昨日の午後、お花見散歩に行きました。

桜2017-5

まず、野川。
調布の「御塔坂橋」からの眺め。

やっと見頃になりましたね。

桜2017-6

それから、神代植物園!
園内は、サクラ、サクラ、サクラ、、、

ソメイヨシノとシダレ桜の競演です。

桜2017-3

丘の上のあずまやで一休み。

周りはぐるっと桜の海に囲まれて、、、
レンギョウの黄色とサクラのピンク!

いよいよ本格的な春ですね~。

桜2017-1

満開のサクラの木々の下で、

お洒落で素敵な奥さんも、、、

桜2017-2

東南アジアから来日中(?)のお坊さん達も、、、

サクラ色の洪水を楽しんでいるようでした。

桜2017-4

春を告げる満開のサクラ!

やっぱり大~好き!!!!!

富士山と桜とムンバイの友人

我が家の近くでも、ようやくサクラの花が見頃を迎えました。

サクラ2017-1

近所の電通大のサクラも美しく咲いています。

サクラ2017-2

昨日も今日も、入学式だったようです。
正門広場のサクラも、新入生を歓迎するように満開です。

サクラ2017-3

うちのマンションの中庭の2本のサクラも、今日は満開!
花吹雪もハラハラと風に舞い始めました。

でも、我が家の窓の下のサクラ並木は今一つ。
まだまだ蕾だらけです。

先月末に、インドのムンバイから友人のNさんご夫婦が東京にやって来ました。
富士山と桜を見るための来日です。
富士山は快晴の中で、くっきりと見られたそうですが、、、
桜はなかなか咲いてくれなくて、、、
せっかく遥々インドから来たのに、と気を揉みました。

でも、まあ昨日、一昨日あたりには、結構きれいなサクラの花を見られたようで、ホッとしました。

一昨日は、生け花の友人たちも誘って、神保町のてんぷら屋さんで食事を共にしました。
インドの人は食べられないものが多いので、日本で一緒に食事をするときは気を遣います。
てんぷらの盛り合わせは気に入ったようで、Nさんは「美味しい!」とペロリと食べてくれました。
本当に良かった!

そして今日、Nさん夫婦はムンバイに帰国しました。

出会ってから、いつの間にかずいぶん時が経ちました。
Nさんも、そして私も歳を重ね、、、今ではもう若いとは言えません。
果たしてお互いに元気でまた会えるのか、、、?
そんな思いがチラリと頭の片隅をよぎった、今回の出会いでした。

美術館のカフェで和菓子!

孫のMちゃんが春休みで泊りに来ているので、一緒に『山種美術館』に行きました。

山種美術館では今、開館50周年記念特別展「日本画の教科書」をやっています。
山種コレクション名品選Ⅳということで、横山大観、菱田春草、奥村土牛、東山魁夷、平山郁夫など錚々たる日本画家の絵を約50点展示していました。

期待以上に素晴らしい絵の数々!
Mちゃんも楽しめたようで、良かったです。

美術館和菓子1

見終わった後は、「カフェ椿」に立ち寄って、紅茶と和菓子のセットを頂きました。

展示されている絵のモチーフを題材に作られた5種類のオリジナル和菓子から選べます。
私は横山大観作「心神」の富士山のお菓子。
白雲から突き出た富士の姿です。

美術館和菓子2

Mちゃんが選んだのは、「鳥来たる」とかいう題の付いたお菓子。
春を感じさせる素敵なお菓子で、中の餡がきれいな薄紫色をしていて、とても上品な甘さでした。

展示する絵からイメージした和菓子なんて、とても粋な計らいですよね。

青山の老舗菓匠「菊家」さんの作ったお菓子は、どちらもとても美味しくて、、、富士山と鳥は、2つともMちゃんのお腹に収まりました。

展示は、4月16日(日)までやっています。