FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

のんびり手仕事、、、

手仕事

北軽井沢に来ています。

、、、毎日天気が悪いです。

ここに来たときは、いつでものんびり過ごしているのですが、、、

今回は夫の足がイマイチなので、ゴルフどころか散歩も儘ならず、、、

時々本を読んだりするくらいで、、、

調布から持ってきた「そよかぜ」のための小物作りを、の~んびりチクチクやったりしています。

普段は、ミシンで縫えるところは極力ミシンを使って、効率よく仕上げているのですが、、、

Wさんのブログ『ホッと一息 裂き織り ノエ』を見てたら、なんだか無性にチクチクしたくなっちゃってね。

ここにもミシンを置いてはいるのですが、
雨の音を聞きながら、のんびりチクチク手仕事を、、、、、

なかなかいいものです。


スポンサーサイト



残念ケーキ!

残念ケーキ

2017年7月21日(金)、名古屋場所の13日目。
輝関は、碧山(あおいやま)関に惜しくも「はたき込み」で敗れてしまいました。

とても微妙な相撲で、「物言い」が付いたのですが、結果は残念ながら軍配どおりになりました。

ビデオ映像では、碧山の足の方が先に土俵の外に着いているように見えたんですけどねぇ。
少なくとも「取り直し」で良かったと思います。
解説の北の富士さんが、「輝は白星1つ損したねぇ」とおっしゃったくらいなのですから。

でも、輝は表情一つ変えずに、淡々と花道を下がっていきましたし、インタビューにも「審判が一番正しいですから、、」との答え。
立派でした! 北の富士さんも、舞の海さんも感心していました。

でもねぇ、悔しくないはずはないですよねぇ。
ところが輝は、宿舎に戻ってからも愚痴一つ言わずに、稽古場で黙々とシコを踏み続けていたそうです。

そんな輝のために、高田川親方がケーキを買ってきてプレゼント。
ケーキの上には、「残念!!」の文字。

ハハハハハ、、、、
受け取った輝も、すごく良い笑顔でした。

高田川親方、、、いつもは恐~い師匠だけど、、、
弟子思いの優しい心遣い。 とっても素敵です!!!

いい親方だね~。


※ 写真は、『高田川部屋』ホームページの写真の一部をお借りしました。

お肉とサンバ!

友人たちと久しぶりに『トゥッカーノ渋谷』に行きました。
ブラジル料理のお店です。

サンバ1

この日は、サンバのショーもありました。

美人のお姉さん2人が、素敵な衣装で踊りまくります。

私たちのテーブルは舞台脇!
特等席でした。

シュラスコ

料理は、シュラスコといって、串焼きにしたいろいろなお肉をイケメンの陽気なお兄さん達が次々に持ってきて、その場で切り分けてくれるのです。
油断してるとついつい食べ過ぎてしまうので、注意しないといけません。

当然野菜も食べたいですが、サラダビュッフェ食べ放題が付いているので安心です。
野菜の品数が多くて、新鮮で美味しくて、、、お皿に山盛りに取ってきたサラダでもペロッと食べられてしまいます。

とはいえ、私の一番のおススメは、「焼きパイナップル」!
甘酸っぱくて、、、大好きです。

サンバ2

さて、サンバを踊るお姉さんたち!
にこやかに元気よく、楽しそうに激しく踊って、、、

サンバ3

そのうち、お客さん達を舞台に連れ出して、一緒に踊りまくります。
お客さんたちもその気になって、ノリノリで激しく踊っていました。

観客も手拍子を打ちながら、お肉を食べるのも忘れて盛り上がりました。

デザートも充実。
アイスクリームもコーヒーも美味しくて、、、お代わり続出。

楽しくて、美味しい至福のひと時で、、、
お腹いっぱい!

しょっちゅうはとても無理だけど、そのうちまた行きたいな。

今月も ドキドキ、ハラハラ、、、

もう毎日信じられないくらいドキドキ、ハラハラで、、、疲れます。

1週間前に始まった大相撲!
稀勢の里、照ノ富士、遠藤などの人気力士が休場してしまいましたが、
それを補って余りある若手の台頭で、毎日熱戦が続き、盛り上がっていますね。

私も毎日、応援している高田川部屋の力士たちの取組み結果に一喜一憂。

出だし2連敗で心配した十両の竜電さんも、その後6連勝と盛り返して、、、
昨日は、誉富士を相手に力の入った素晴らしい相撲だったので、解説してた元琴欧州の鳴門親方に褒められてました。
褒められると、自分のことのように嬉しいです。

そして、何と言っても、結びの一番で日馬富士と対戦した輝関!
今まで三役にも当たったことがないのに、いきなりの記念すべき初めての横綱戦。
結果は負けてしまいましたが、とても善戦してて素晴らしい内容でした。
こちらは、元霧島の陸奥(みちのく)親方にすごく褒められていましたね。

それにしても、すごく強くなったと感じます。
初めて会ったときは幕内に上がったばかりのときで、まだまだ初々しく控え目な印象だったのに、、、
最近では貫禄さえ感じます。
誠実で真面目な人柄は、嬉しいことに今も全く変わりません。

ところで、私が密かに、一生懸命応援しているチャンコの名人 櫻さん!
相撲は弱くて、いつも負けてばかりなのですが、今場所はとっても頑張って、、、今、3勝1敗です。
あと1勝! 是非是非勝ち越して欲しいです。

太熊さん、前大将さん、勝武士さん、湘南の海さん、白鷹山さん、暁さん、安芸ノ花さん、安芸乃山さん、大雷童さん、須磨の海さん、剛力山さん、恵比寿丸さん、大乗さん、大野城さん、前乃冨士さん、、

みんな、みんな、頑張って!!!

それにしても、こんなに一生懸命応援している自分に驚いて、笑ってしまいます。



下町河散歩(4)

河散歩18

さらに小名木川を進んでいくと、『クローバー橋』にやって来ました。
「四つ葉のクローバー」から連想された名前ですね。

水色のきれいな橋でした。
今度、この橋の上を渡ってみたいなぁ。

河散歩19

この橋の下で左に曲がって、船は横十間川に入っていきました。

静かな流れの美しい水路です。

河散歩20

この横十間川では、カルガモの親子に出会いました。

3羽の子ガモを連れたお母さん。
子ども達は、かなり大きく育っていました。
船頭さんの話だと、生まれたばかりのときは7羽ほどいたそうです。
成長するにつれて、1羽、、、また1羽といなくなって、、、
その犯人は?、、、、、カラス!
襲っているところを目撃したこともあるとのこと。

悲しいけれど、自然界の厳しい現実ですね。

河散歩21

少し進んだところで、別の親子にも会いました!
こちらは、生まれて間もないようで、小さな可愛い子ガモ達が7羽。
一生懸命お母さんの後を追いかけて、、、とっても微笑ましい光景でした。

この横十間川では、他にも珍しい青サギを見ました。残念ながら、慌てて撮った写真はピンボケで、お目に掛けることができません。
それから、真っ黒な海鵜(うみう)も見ました。私たちが通りかかると、羽を広げてポーズを取って大サービス!
でも残念ながら、カメラが間に合わなくて写真がありません。

白サギもいましたし、カモメも飛んでいました。

「今日は、オールスターの登場ですね」って、船頭さんがおっしゃっていました。
ラッキーだったのかな?

河散歩22

さて、橋をいくつも潜り抜けて、、、

河散歩23

左岸のビル越しにスカイツリーを眺めながら進んで、、、

突き当りの北十間川を左に曲がると、、、、

河散歩25

正面に、スカイツリーが聳えていました。

なんか、、、感激!

河散歩24

目の前には、見事な「逆さスカイツリー」が!

水の流れに少しユラユラしていましたが、大満足の絶景でした。

河散歩26

そして、『おしなり公園船着場』に到着。

本当に楽しい船旅でした。
この次は、是非神田川クルーズに行きたいです。

河散歩27

上陸したら、まさにスカイツリーの足元です。
見上げるスカイツリーの迫力に圧倒されました。

さて、この後は、、、ソラマチで遊びます。

なかなか面白い店がいっぱい。 どこも、人、人、人で、、、すごい賑わい!
この日は土曜日だったので、家族連れが多かったですね。

Nさんと私は、7階の『天空』というプラネタリウムに入りました。
開始時間を待つ間に、『世界のビール博物館』でサラダとウインナーとムール貝のビール蒸しをつまみにビールで乾杯!!!
私は、お兄さんが勧めてくれた「パイク」というアメリカのビールにしました。
美味しくて、最高でした。

ほろ酔い気分で見たハワイの星空は、途中ウトウトしながらでしたが、これまた最高!

星空の後はソフトクリームを食べて、、、、、2人とも最高に機嫌良く家に帰りました。
楽しい、楽しい1日でした。


下町河散歩(3)

小名木川をさらに進んでいくと、、、

遂に、『扇橋閘門(おうぎばしこうもん)』に辿り着きました。
今日のクルーズの目玉、「パナマ運河式水門」です。

河散歩13

ちょうど前扉が上がっていて、信号も青。
あまり待つこともなく、水門に入ります。

直前に、船頭のお兄さんがデッキにいる私たちにビニール傘を貸してくれました。
晴れてるのに、何のため?

上がったばかりの扉からは水滴がボタボタと落ちてくるからでした。
もちろん後扉を通るときも、傘で水滴を防ぎます。
これは、とても楽しい体験でした。

河散歩14

通過する船が皆、扉を潜り抜けて水門の中に入ると、、、
船の後ろで、前扉が閉まり始めます。

扉が完全に下りると、船は狭い空間に閉じ込められた格好になります。
まるで大きなお風呂に入っているようです。

河散歩15

それから徐々に水が抜かれて、水位がどんどん下がっていきます。
その間、扉の信号はもちろん赤信号。

「パナマ運河式水門」は、水位の違う水路の段差を解消してスムーズな運航を可能にするための工夫です。

河散歩16

水位が1.4メートル下がったところで、進行方向にある後扉が開き始めます。
両脇の壁がかなり高くなって、迫ってくるように感じられました。

信号が青に変わりました。 さあ、出発です!

河散歩17

さらに進んで、小名木川橋の下を潜ります。

静かな水の流れと川の両端の緑!
とても気持ちの良い眺めです。

下町河散歩(2)

河散歩8

隅田川を進んでいくと、小名木(おなき)川の入口に。
小名木川は人工の水路です。

隅田川はさらに左側に続いていき、そこにはオレンジ色の柱が印象的な「新大橋」が見えます。

この橋、20年前くらいに大ブームだった「ロングバケーション」というドラマで有名になった橋だとか。
木村拓哉と山口智子の主演で、キムタク演ずる主人公が住むマンションが橋の畔にあったんだそうです。
「かねふく」の看板の隣りにあったけど、その後取り壊されて、写真のごとく超高層マンションが建てられたとのこと。

船頭さんが一生懸命説明してくれるけど、ドラマの名前は知ってても一度も見たことがないから、「フーン、そうなんだぁ」としか思えません。
この日一緒の乗客は全部で7人でしたが、世代が違ったのか、誰も盛り上がりませんでした。

河散歩9

船は小名木川に入り、少し進むと川の端っこに小さな水門がありました。

実は、今日のクルーズの目玉は「パナマ運河式水門」の体験でした。
でも、ここの水門は海からの高波が押し寄せてきた際にサッと閉じて、東京の街を水害から守るための水門で、楽しみにしてた水門とは違いました。

河散歩10

さらに進むと、なんと、、、
私が最近一生懸命応援している「高田川部屋」の裏を通りました!
写真の真ん中に見える茶色の四角い建物で、壁に大きく「高田川部屋」って書いてありました。
千秋楽祝賀会で何度も訪れているところですが、でも、今は名古屋場所のために皆名古屋に行ってるので、誰も残っていませんね。裏から見たのは初めてでした。

ちなみに、一番手前の建物は「尾車部屋」。
2つの部屋は3軒隣りのご近所さんです!

河散歩11

船はのんびり進みます。

水路の十字路で、ちょっと曲がってくれました。
小さな船は小回りが効くので、便利です。

ワーイ! またまた遠くにスカイツリーが見えました。
わざわざ見せてくれたんですね。

河散歩12

東京都の清掃船に出会いました。写真の左端の緑の船。

もちろん機械で水を吸い込んで浄化しているのだけれど、船の上ではおじさんが2人、長い網を持って水面に浮かぶゴミをすくっていましたよ。

下町河散歩(1)

友人のNさんと一緒に「がれおん」の下町探検クルーズに参加して、下町の河散歩に行ってきました。
テレビでたまたま見かけて以来、ずっと乗りたいと思っていたのです。

河散歩1

出発は、なんと日本橋の船着き場!
橋のたもとにある「滝の広場」の奥に、船着き場があります。
もうそれだけでワクワクしちゃいますよねぇ。

こんな可愛いお座敷船に乗って、、、スカイツリーを目指すのです。

河散歩2

船の名前は、、、「下町きんぎょ」。
だからなのか、船には本物の金魚も乗っていました。

河散歩5

進行方向とは反対なんですが、、、まずは、日本橋の下に入ってくれました。
橋の上を歩いたことはあるけれど、下を通るのはもちろん初めて。


河散歩3

アーチの隅っこに、ゴツゴツして黒く変色したところがありました。

船頭のUさんの説明だと、火災を起こした船が橋にぶつかって、そのままそこで激しく燃え続けた跡なんだそうです。
ずいぶん前の出来事だけど、今でも焼けた跡がそのまま残っているのです。

橋の下に潜ってみないと、絶対目にすることはないですね。

河散歩4

橋の両脇に、ライオンの顔が付いています。
これも、船に乗らないと絶対に見ることはできません。

なんだか、それだけでも得した気分になりました。

河散歩6

さて、いよいよ出発して、隅田川の方向に進みます。

この日はとっても良い天気でしたが、高速道路の下を行くので、カンカン照りでも日が当たりません。
結構涼しくて、風がとっても気持ちいい!
なので、デッキに陣取って景色を楽しみました。

河散歩7

隅田川に出ました。
やっぱりとても大きな川です。

大きな船が通ると、小さなお座敷船はかなり揺れました。

進んでいくと、スカイツリーが小さく見えてきました。