FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

「象鳴き坂」と「姫街道」 2

ブDSC03789

さて、象鳴き坂の立て札を過ぎても、急な坂道はまだまだ続く。
息を整えながら、ゆっくり着実に登っていった。

私はとても心配だったけれど、特訓の成果なのか、それとも元々上りに強いのか、思った以上に大丈夫だった!
健脚の2人よりかなり先に進み、振り返ってシャッターを押す余裕まであったので、自分でも驚いた。

ブDSC03791

いよいよ引佐(いなさ)峠に到着。 良かったぁ~!
大変だったけど、この峠はたったの200メートルしかない。
でも、その割には急な坂道が長く続いてた。

峠というのに木々が邪魔をして見晴らしは効かず、景色は何も見えない。

ここからは、ひたすら下り。

同行の2人は、すっかり元気になってどんどん下っていく。
対する私は、下りがすごく苦手。 今までの元気はどこへやら、おっかなびっくり慎重に下りていく。
うっかりすると転びそうになるので、とても怖い!

それでも頑張って下っていくと、開けた所に大きな東屋とトイレ棟のある休憩所に着いた。
ここで、しばらく休憩。
トイレが洋式の水洗でとてもきれいだったし、予備のペーパーもしっかり置いてあった。ここ以外の公共トイレは、全てどこも和式だったから、すごく驚いて印象に残っている。

まだお昼前だったが、小腹が空いたので、都筑駅の駅舎にある美味しいと評判のパン屋『メイ・ポップ』で買ってきた焼き立てパンを食べたりした。噂に違わず美味しいパンだった。

この休憩所のある場所は、「姫街道」が奥浜名自然歩道の「佐久米(さくめ)コース」と交差し、自動車道路のオレンジロードとも出会うところでもある。
ツーリングを楽しむ若者たちが、道端にバイクを止めて休憩したりもしていた。

ここで、下から上ってきた2人連れの年配のおじ様達と情報交換。地元静岡の人たちというので、いろいろと教えてもらった。

その2人の「気を付けて!」の言葉に送られて、草むらの中の「姫街道」をさらに下る。

ブDSC03794

しばらく下ると突然眺望が開け、浜名湖を見下す絶景がなんとも素晴らしい!

抜けるような青空に映える、道沿いに咲く藤の花などを愛でながら、元気に下っていくと、、、

ブDSC03801

「姫岩」に着いた。

この辺は街道随一の眺望と言われるところなので、昔ここを通ったお姫様たちも籠から降りて景色を楽しみながら歩き、この岩の上でお茶など飲んで休んだそうだ。

岩は八畳ほどの平らな岩で、「平岩」とも言うらしい。
この岩に座ると良いことがあるとか言われているそうで、姉のRが張り切っていた。

近くに「姫様井戸」が今も残っていると書いてあったので探してみたが、見つからなかった。(「全然近くない」と誰かのコメントを後から読んだけど、、、真偽のほどはわからない)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ensenburabura.blog61.fc2.com/tb.php/976-b561258c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)