FC2ブログ

ミッキーの京王線沿線ぶらぶら日記

ひま人主婦のミッキーが、大好きな京王線沿線を足の向くまま気の向くまま、ぶらぶら歩いて見つけたこと。

「象鳴き坂」と「姫街道」 3

ブDSC03803

さらに進んでいくと、石畳の山道が終わり、街中に出た。
住宅街の広い道を下って、西気賀駅に向かう。

ブDSC03808

道がわからずかなり遠回りしてしまったが、なんとか「西気賀駅」に到着。

「西気賀駅」は無人駅だが、文化庁の登録有形文化財である。天竜浜名湖線の駅にはそういう駅が多い。

待合所も含めて、木がふんだんに使われていて、なんだかとても懐かしい。

ここの駅舎では、洋食レストラン『八雲』が営業している。
ちょうどお昼時だったので、私たちは評判のビーフシチューとシーフードコロッケを分け合って食べた。
どちらも、とても美味しかった。

天竜浜名湖線の駅には、昔の駅員事務所を利用した食べ物屋が入っているところが多い。
都築駅のパン屋や、この西気賀駅の洋食屋。他にもそば屋のある駅も見かけた。
便利だし、面白いなぁ~と思った。

お腹もいっぱいになったし、元気いっぱい目的地の気賀駅目指していざ出発!

ブDSC03817

姫街道のさっきの地点まで戻り、先に進んでいったのは良いのだが、、、

あらまぁ、道がわからない。
姫街道の標識があったからこの道でいいはずなのに、その先をどう行ったらいいのやら?

住宅街をウロウロしていたら、住人の方が親切に声を掛けてくれた。
「姫街道を気賀駅まで行きたいのですが、、、」
そう言っても、地元の人たちはさっぱりわからないようだった。

全然よくわからなかったけど、お礼を言って、気賀はこちらの方と指し示された方向にとりあえず向かう。

しばらく行くと、姫街道の景勝地として知られる「小引佐(こいなさ)」の集落を示す看板があった。
よかった、この道で正しかったんだ! と、ほっとする。

書かれたとおり、景色が素晴らしい!
この日一番の眺めだったかもしれない。

この景色を見られて、本当に良かった。

ブDSC03820

自信を取り戻して、先に進む。
舗装された住宅街の広い道。車も通らず、人にも出会わない。
象鳴き坂の悪路を思うと、嘘のような歩きやすさだ。

どんどん進んでいくと、『ダイダラボッチの足跡』といわれる池があった。

「ダイダラボッチ」って?
琵琶湖を掘った土で富士山を作ったという伝説の巨人である。
そして、この池はその巨人の足跡に水が溜まってできたらしい。

でもなぁ、、、足跡と言われても、この池の形はほぼ正方形で、ちっとも足跡らしくない。
せめて長方形か、ひょうたん形であって欲しいな。
でも、藤の花がとてもきれいに咲いていたのが心に残った。

ところで、この巨人ダイダラボッチが尉ケ峰(じょうがみね)433mに腰かけて弁当を食べた。
そしたら、ご飯の中に小石が入っていたので、それをポイっと浜名湖に捨てた。
そうしてできたのが、礫島(つぶてじま)なんだって!
礫島は、浜名湖にある唯一つの島だそうな。

そんな巨人伝説は日本全国に伝えられている。
そういえば、海苔の浜乙女のCMにも、デエタラボッチという巨人が出ていましたね。「昔、デエタラボッチが田植えを真似て海苔を作った、、、、、」ってね。

さらに先に進んでいく。

途中、私たちが通りかかっただけで、犬に激しく吠えられたりもしたが、相変わらず人には会わない。
道端に、たくさんのアヤメが美しく咲いているところがあって、目を楽しませてくれた。

ところが、、、、、なんと、道に迷ってしまった!
分岐のところで、多分間違った方の道を選んでしまったのだと思う。

結局、気賀駅まで行くのを断念して、西気賀駅に戻ることにした。
残念だったが、仕方がない。

でも、まあ、象鳴き坂は制覇したしね。

西気賀駅からまた天竜浜名湖線に乗りこんで終点の掛川駅まで行き、新幹線で東京に帰った。
鉄道を愛するKさんは、天竜浜名湖線を新所原から掛川まで乗れたことを喜んでいた。

そして私はといえば、すっかり自信がついてルンルンだ。
本格的な山登りは無理だけど、どこかまた良いところがあれば是非誘って欲しいと思っている。

スポンサーサイト

コメント

まあー健脚ですねー びっくりしました。ところで、ダイダラボッチ伝説、うちの町にもあるのですよ。ダイタという名前ですが、これは昔、ダイダラボッチが踏んでできた跡だそうです。 あらまあ、全国にあるのねー!

  • 2019/05/13(月) 20:31:20 |
  • URL |
  • のり #-
  • [ 編集 ]

のりさん、お返事が遅くてごめんなさい!
代田の地名が「ダイタラボッチ」から来てる、、、なんてビックリです。
長く生きてても知らないことばかりだとつくづく思います。
それだけ、これからも楽しみがいっぱい!
そう思えば、嬉しくなりますよねー。

  • 2019/05/22(水) 23:02:42 |
  • URL |
  • Mikkie #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ensenburabura.blog61.fc2.com/tb.php/977-8ab0bae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)